自分探しの旅~其の八~

地獄からはやっと脱出できました。
ただ春の嵐が吹き荒れています。また海外旅行をするのを楽しみに頑張ろうという感じです。
と言うことで、ニュージーランドへの旅からもうすぐで2ヶ月が経とうとしているのにまだ書き終えていないので終えておきます。自分探しの旅というタイトルをつけた理由も忘れてしまい、最後はどのように締め括ろうかと悩んでいます。

自分探しの旅~其の七~の続きです。

ニュージーランド7日目の2月8日、最終日です。最終日と言っても飛行機が9時15分で、朝のオークランドをホテルから空港に向かう車窓から眺めながら、あ~帰りたくないと心の中で泣いていました。
オークランドが一番長く滞在したい町だったと思うのですが、ちょっとしか滞在できず、回れず、残念でした。

行きの飛行機は満席でしたが、帰りは空いていて、3人掛けに一人でした。
ニュージーランド航空は私が日本を発つ1日前にトラブルがあってびっくりすると共に、ちょっと怖いな~という感じがあったのですが、全体的には良かったです。

今回の旅では同じように旅している方たちとの出会いもありましたが、その仲でマウントクックからクイーンズタウンに向かう車の中でご一緒だった1組の年配のご夫婦の方とはクイーンズタウンとオークランドのホテルが同じ、また帰りの飛行機もご一緒でお世話になりました。仲が良く、穏やかで、優しくて、とても素敵なご夫婦でした。海外旅行をよくされているようで、旅の話も色々としてくださりました。
私、スペイン語を学びたいと思っているのですが、その奥さんがスペイン語を勉強しており、スペインにも行ったとのこと。
語学を本当に学びたいと思うなら、お金を払う語学スクールでなく、テレビやラジオが良いと。それもテレビよりラジオ。
語学スクールはお金を払っているから行かなければということになって行くが、どこまで身につけられるか?しかしテレビやラジオはお金を払っていないから、いつでも辞められる。それを続けられるということは本当に学びたいという気持ちがあるからだと。だからそれだけ身に付くということでした。
またテレビよりラジオの方が良い。耳でいかに聞き取るかということでした。
なるほど~と思いました。私も4月から頑張ってみようと思っています。
クイーンズタウンの空港で飛行機が遅れていた時、本屋さんで英語の本を購入され、二人とも待ち時間の間、読まれていた姿も心に残っています。素敵でした。

そして私もいくつになっても海外旅行ができるように頑張ろうと。

子ども頃、旅行ごっごという一人遊びをしていました。旅行ごっごというのは大人になってから名付けたのですが。
たくさんのカバンを持って電車に乗り、車掌さんが来て切符を見せ、電車の中で美味しいものを食べ、たくさんのカバンを持って電車を乗り換え・・・
そんな遊びでした。親族がたくさんのカバンを持って遊んでいる私を見て、この子は大きくなってから苦労するわと言ったそうです。
たくさんのカバンを持って旅行ごっごをしている写真が実家にはあります。

今、思うと小さい時から旅行が好きだったんだと思う。
そしてたくさんのカバンを持つというスタイルは今も変わりません。荷物は何かと多いです。1泊2日の江戸の旅にて何故にこんな荷物なの?という感じ。心配性と旅先で快適に過ごしたいというものと。
今回のニュージーランドも荷物はすごかったです。スーツーケースは大きく、帰りは重く、苦労しました。持って行ったけれど、使わなかった、着なかったというものも結構ありました。そして反省して、次回に活かそうと思うのですが、結局、次の旅行でも同じことを繰返すのです。

海外旅行は英語圏であれば、一人で行けます。いや一人で行きます。
そして海外では自分がとてもちっぽけな人間であることがわかり、日本で悩んでいたことについて自分はなんって小さなことで悩んでいたのだろうと思うのです。
今回もそうでした。
今年度はしんどさのために色々なことが見えなくなっていました。でもそういうしんどさも小さなことだったと気付きました。
また海外旅行をしたいから頑張ろうという気持ちにもなれました。
そんなニュージーランドの旅でした。

やっとこれで終わりだ。
次回はちりとてちんのふるさと小浜への旅についてです。
[PR]
by eri-seiran | 2010-03-25 21:41 | | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧