『龍馬伝』における池田屋事件

坂本龍馬が主人公ですから。
龍馬は直接その事件には関わっていないわけですから。
確かに池田屋には走っていましたから。
池田屋での戦いのシーンがなくても新選組の冷徹さと怖さは十分に伝わってきましたから。

でも幕末における大きな事件であり、また今後の倒幕に影響を与える事件なのでもう少しね。望月亀弥太にポイントを置いて龍馬に出会うところまで描いてほしかったかな。

結局、あの隊列でも近藤と土方と総司しかわからなかった。
その後ろに永倉や原田、斎藤たちがいたんでしょうけれど。
あの方だけがいなかったのは確か。それは山南敬助。
史実では山南は参加していませんので。
『組!』では屯所で留守番をしていましたが、史実ではどこにいたかも不明なんです。

あの総司は良い。ちょっとしか映っていないけれど良い。何か歌いながら歩いて。池田屋で喀血はあったのか?総司の喀血説も池田屋であった、いやなかったという説があるけれど、『龍馬伝』の総司はあったそうには見えないな。あったけれど元気なふりをしているのか?
この総司、映画『壬生義士伝』での沖田総司@堺雅人ぽい感じがする。来週も登場するようなので楽しみにしたいと思います。

それから、池田屋事件まで龍馬は新選組の存在を知らなかったのかということに驚いたんですけれど。
もちろん『組!』の時みたいに江戸に居る時から近藤や土方たちと知り合いだったとは思いませんが。山南だけは知っていたかもしれませんが。
実際はどうだったんだろう。
大坂・京に、龍馬も新選組も行ったり来たりしているので、名前とか、どんな集団か、もっと早い時期に知っていてもおかしくないんじゃないかな。
[PR]
Commented by 七織 at 2010-06-08 12:45 x
ご無沙汰しております。
久々にTBさせていただきました。

確かに龍馬が「池田屋事件」まで、新選組の名(存在)を知らないというのは不自然な気がしますよね。
前回も以蔵を追っている現場に立ち会って、近藤と相対していたのに。
あの後、「あいつら、何者だったんだ?」という追求はなかったんでしょうか(苦笑)。

今回の沖田は、堺雅人バージョンに近いフンイキを持ってますよね。
飄々としていて、無邪気に残酷……。
久々に、『壬生義士伝』が観たくなりました。
エリさんはDVDをお持ちでしたっけ?
沖田@堺雅人ファン的には、「黒沖田」全開の特典映像が美味しいです(笑)。
Commented by 冬の夜空 at 2010-06-09 16:03 x
エリ様、こんにちは!
大河ドラマは「龍馬」中心で、史実からはちょっと、ずれて脚色されているのかな?
コメを読んでいて、七織様のおっしゃった「壬生義士伝」
私はこのDVDから「新撰組」に興味を持ち始めました(*^_^*)
確かに黒・沖田@堺雅人さん 一風変わって素敵な残忍さを併せ持つ沖田役でした! とても良かった♪♪
コミックによっては沖田君は爽やか系と黒沖田系があるのですが、史実では誠実で爽やかな青年だったのか?
鬼と呼ばれた、土方さんに似ていたのか・・・掴みどころのないキャラですね。もしご存じでしたら教えて頂けますか?
すみません「山南さん」以外の質問ですが(汗)
Commented by eri-seiran at 2010-06-12 10:05
>七織さん
TB、ありがとうございました。
そしてコメントやお礼が遅くなってすみません。今週はめちゃくちゃハードで宿直などで2回帰れない夜があったり、帰れても食事と寝るだけの日々という感じでした。今日はやっとゆっくりした休日になれそうです。

『組!』と『龍馬伝』における新選組と龍馬の関係は180度違うような感じがしますが、どちらにおいても時代考証をされている方は北辰一刀流絡みで山南を登場させたかったようですし、もう少し龍馬と新選組の関係を作りたかったのでは?
『組!』では江戸に居る時から近藤と土方が龍馬と桂小五郎と知り合いであったことに対して、一部の歴史ファンから批判を浴びましたが、『龍馬伝』ではこの時期に龍馬が新選組を全く知らなかったということに対しては何にもないんでしょうか(苦笑)。

『壬生義士伝』のDVDは持っています。出番は少ないですが、特典と良い、非常に美味しいですよね。また山南@堺とのギャップに堺さんの演技力に改めて感心します。
そして沖田総司@挧原楽人、ほんの少しの出番なんですが、インパクトがありましたよね。なかなか良かったです。
Commented by eri-seiran at 2010-06-12 20:37
>冬の夜空さん
ドラマですから、脚色はされるわけですが、ドラマの流れからも龍馬が新選組を知らないのは不自然な感じでした。そして新選組&『組!』ファンとしてはつっこみを入れたく。

壬生寺で子どもと遊んだり、子どもにも慕われていたようですし、その一方で壬生の大人たちは親切者は山南に松原と言われ、総司の名前は出てこない。この人は両面持っていたような感じがします。そうでなければ、あの動乱の中、生きていけないような気がします。その例が山南だったのではないかと。

また外見的には総司は美男に描かれていることが多いですが、記録ではそのようなものは残っていないんです。丈が高いとか、ひら顔で目が細くとかは・・八木家の為三郎が言ったとか、佐藤彦五郎の息子が言ったとか記録があります。
by eri-seiran | 2010-06-06 21:41 |  ドラマ/映画/舞台 | Comments(4)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧