土佐の旅

昨年より今年は土佐に行こうと決めていました。
15年ほど前、職場の懇親旅行で土佐を訪れ、その時は幕末ゆかりの地としては桂浜くらいしか行けず、今度は一人で来て、幕末ゆかりの地をあちらこちら行くんだいと思っていたのですが、それから15年の年月が経ってしまいました。多分に今年、大河ドラマ『龍馬伝』がなかったら、まだ行けていなかっただろう。だって昨年の途中までは土佐より先に長州に行きたいと思っていましたから。

とにかく歩きました。歩きました。万歩計をつけているんですが、1週間に歩く平均的な歩数の3分2以上、2日間で歩きました。だから今日は筋肉痛です。

旅に出るまでは、2日目は中岡慎太郎の故郷である北川村に行くつもりにしていたのですが、1日目の途中でこれは無理と言うことがわかり、慎太郎の銅像がある室戸岬と共に北川村は次回にすることにしました。高知市を挟んで北川村とは反対側にある龍馬脱藩の道がある梼原町にも行きたいのですが・・・

今回、行けて一番良かったと思えたのは、2日目の朝一番に行った岡田以蔵の墓です。山にひっそりとあり、辿り着くまでの道のりは会津にある近藤の墓までに行く道と同じような状況で、ハイヒールなんかでは無理と言った所です。

そして今回一番驚いたのは、土佐で『新選組!』の坂本龍馬に会えたことです。もちろん『龍馬伝』の坂本龍馬@福山雅治はあちらこちらで会えたのですが、坂本龍馬@江口洋介もいたのです。『高知市立龍馬の生まれたまち記念館』で展示物を見ていている時、右に目をやると、坂本龍馬@江口洋介がいるではありませんか。とは言ってももちろん本物ではありません。ポスターです。
平成16年(2004)の大河ドラマ『新選組!』の時の高知バージョンの観光ポスターです。
さすがに高知にて新選組の面々を載せるわけにはいかないよね。しかししっかりと『新選組!』という文字は書かれていましたよ。こんなポスターがあったんですね。それからここでは『組!』で着ていた坂本龍馬@江口洋介の衣装も展示されていました。

念願の土佐に行け、土佐の志士たちゆかりの地に訪れることができ、幕末の土佐を感じることができ、『組!』にも出会え、そして旅の締めくくりは桂浜で太平洋を見て、自分も頑張ろうと思えた旅でした。

詳しいレポは後日に。
[PR]
by eri-seiran | 2010-11-13 07:33 | | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧