関西の秋巡りー後編ー

関西の秋巡りの後編です。
宇治に行った翌日は京都市内の方に行きました。
ちょうど『あさイチ』で京都の紅葉を取り上げており、それも大覚寺など西側にあるお寺。そして週末まで紅葉はまだ間に合うとのこと。実は私たちも金閣寺や嵐山など西に行こうと思っていたのでした。『あさイチ』さん、ありがとう!



a0044916_21551262.jpg

まずは金閣寺です。
紅葉は終わりに近づいていましたが、修学旅行生など人は多かった。そして池に映る金閣寺が奇麗でした。



a0044916_21553295.jpg

こちらは金閣寺の拝観料を払う手前の紅葉。こちらは見頃で紅葉のじゅうたんが奇麗でした。



a0044916_21555474.jpg

金閣寺から嵐山に向かう途中にある広沢池です。無料で、人も少なく、池の向こうに見える紅葉。贅沢でした。



a0044916_2156105.jpg

嵐山です。こちらも平日に関わらず、紅葉も終わりに近づいているにも関わらず、人が多かった。

お昼は嵐山のレストランで湯豆腐。


a0044916_21564179.jpg

こちらは私が学生時代に住んでいた近くにある大徳寺。
ちょうど1年前に紅葉を見に訪れてきれいだったので再び行きました。
1年前の記事はこちらより



a0044916_21573746.jpg

あぶり餅を食べるのが目的で行きましたが、お店が休みで食べられなかった今宮神社です。



a0044916_2158245.jpg

京の師走を告げる南座のまねき看板。今回は我慢するつもり。そして南座隣の松葉さんで少し早い夕食でしたが、姉が昔に京都にて来てここで食べたにしんそばが美味しかったと言うことで。私も姉もにしんそばを食べました。私もここのにしんそばは好きです。

そばの後のデザートは茶寮都路里にて昨日に引き続き抹茶パフェ。

そしてその後は五条から将軍塚市営展望台にて京の町の夜景を見て終了。



母と姉が薩摩行き最終便で帰るこの日は大阪へ。
JR大阪駅に11時半頃に着き、まずはタコ焼きにて軽く腹ごしらえ。はなだこです。ここのタコ焼きはとても美味しかったです。今度、大阪に行ったらまた食べよう。



a0044916_2235271.jpg

御堂筋のイチョウ並木です。
まず大阪の観光として一番に思い浮かんだのが、アクアライナーです。淀屋橋にて乗船しました。
そしてこの辺りに来ると、どうしても新選組の話をしたくて。蜆橋跡とか、鴻池や八軒屋とか。姉も歴史は好きですし、『組!』も見ていたので、話は通じます。
それからアクアライナーはとても好評でした。良かった。これも新選組のお陰です(笑)。

後、船から降りてから、緒方洪庵に関心があり、NHK土曜時代劇『緒方洪庵事件長』を見ていた姉を適塾に連れて行ったのですが、改装か何かで中には入れず。外からのみとなりました。

大阪に来たら、たこ焼きとお好み焼きが食べたいと言った母。お好み焼きは千日前のはつせで食べました。



母が大阪でお好み焼きを食べたいと言った理由は連続小説ドラマ『てっぱん』の影響でした。そしたらお好み焼きを食べた後はここしかない。NHK大阪放送局です。これは『ちりとてちん』の時にすでに経験済みの私であったからこそ、思いついた観光コースです。
また運良く撮影をしておりました。私はこのドラマはちらっとしか見ていないのですが、主人公のあかりちゃんとお兄ちゃんの鉄平がいました。鉄平が母らに手を振ってくれて母はとても喜んでおりました。『ちりとてちん』の時も若狭ちゃんや兄弟子たちが手を振ってくれたよな。
この観光コースも好評でした。アクアライナーが新選組のお陰なら、こちらは『ちりとてちん』のお陰です。
そして『てっぱん』の撮影の様子が見られた9階にはいまだにこのセットがありました。
a0044916_2282986.jpg

ここに来て良かった。

無事に大阪の観光は終わり、JR大阪駅を経由して大阪空港に向かい、帰って行きました。
私の関西の秋巡りーツアーも無事に終了。疲れたけれど、私も楽しめました。
[PR]
Commented by 蒼星工房 at 2010-12-18 13:41 x
今日との紅葉も信州のと違い、別の趣がありますね。
Commented by eri-seiran at 2010-12-18 20:40
>蒼星工房さん
コメントありがとうございます。
地域によって紅葉も違ったりするんでしょうね。
今回、どこに行ってもきれいだと感動していた母と姉を見て、実家の方ではこのような紅葉は見れないんだということに気付いた次第でした。
by eri-seiran | 2010-12-07 22:10 | | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧