山南の足跡を辿る~枚方宿から八軒家へ~

a0044916_12582261.jpg

山南敬助の足跡を実際に体験してこれまで辿って来ました。

今回は淀川を下って八軒家まで行って常宿であった京屋に一番近いと思われるホテルに一泊するです。

山南は伏見から三十石船に乗って枚方宿を通り、八軒家まで行きましたが、現代において同じ体験は無理。
しかし今回、平成24年の春と秋、枚方と八軒家の間が限定で復活したのです。
この情報を得た私がスルーするはずがない。どんなに忙しくて休みがない日々でもこの日だけは休むと決めて頑張りました。

船は三十石船でなく、何回も何回も乗ったアクアライナーですが。

今、船内ではお弁当のくらわんか鮨とお茶が配られています。
そして只今、出航しました。2時間半かけて15時半に八軒家に着く予定です。
[PR]
Commented by yui at 2012-06-02 18:00 x
こんにちは、時々お邪魔しているのですが、お仕事お忙しそうですね。アクアライナーで枚方~八軒家迄の乗り心地はいかがでしたか? 河川なのでそれほど揺れないのでしょうか? 以前、伏見の三十石船は乗ったりしてるのですが、2時間半の長丁場はどんな感じなのかな~と。新大阪から新幹線で熊本付近まで行けそうですが、ゆったりといかがでしたか?
Commented by eri-seiran at 2012-06-06 21:37
>yuiさん
以前のようにはなかなか記事をアップできなくて、またコメントが遅くなってごめんなさい。

そうですね。2時間半なので、新幹線であれば彼らが希望を持って長い日数かけて歩いた江戸と京都間にもなりますよね。
昔の三十石船であれば、伏見から八軒家まで6時間、八軒家から伏見であればその倍掛かったそうです。
今回の2時間半はボランティアの方による淀川の歴史についての解説や三十石船唄などあったりしてあっと言う間でした。元々乗り物に乗って景色を見ていたら退屈しない人間なので長いという感覚は全くありませんでした。昔は6時間、山南と土方、総司らは船に乗っている間、どんな話をしたんだろうと思いました。

忙しい日々ですが、こんな楽しみを支えに頑張れています。
by eri-seiran | 2012-05-28 12:58 | | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧