私も騙されました

源三郎@大泉さん あれは私も完全に騙されましたよ。

出浦昌相という人物は武田信玄に仕え、その後、織田信長の家臣である森長可に臣従して、その後に真田昌幸の臣下となったとガイドブックに書かれていたので、今はまだ仲間ではないと思っていました。まあ~室賀正武とのやりとりを見ていると普通、そう思うでしょう。それからなんと言ってもびっくりしたのが佐助です。えっ~もう死んじゃうの~ってマジ思いましたよ。
いやいややられました
まあ~これも見事な脚本と役者さんたちの演技力と言ったところでしようか。

今回、『組!』以外の役者さん以外で、『真田丸』に出演すると聞いて嬉しかったのが、寺島進さんです。好きなんですよ。
この役者さんを知ったのが、『組!』以後で、『組!』絡みだったような気がするのですが、どのような経緯だったかはよく覚えていない。堺さんと共演したドラマ『ヒミツの花園』(2007年)の時にはすでに知っていたし、映画『THE 有頂天ホテル』(2006年)かな?
この人はコミカルな役から今回のようなニヒルな役まで演じられますが、私的にはニヒルな役が好きで、だから今回、とても楽しみなのです。
今回、一番好きなシーンは渡り廊下での源次郎@堺雅人と出浦昌相@寺島進のやりとり。
源次郎は色々な術を教えてくれる出浦のことが好きなんだな~というのが良く分かり、40歳を超えている堺雅人が10代の少年らしさを出していたな~と思います。また源次郎が自分のことを慕ってくれることを悪くは思っておらず、そんな天真爛漫な源次郎を見て兄の源三郎との性格の違いを感じ、兄の話を聞いてやるように言ったのであろう出浦。冷たい男のように思わせながらそんな優しさを見せたところがいい。
[PR]
by eri-seiran | 2016-01-25 16:33 | 真田丸 | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧