大坂浪人五人衆

私、これまで関ヶ原の戦いと言うと、義は西軍にあるとわかっていても、東軍派でした。
多分に大河ドラマ『おんな太閤記』や『独眼竜正宗』の影響が大きかったような気がします。
なので、今回、初めて豊臣側から関ヶ原の戦いと大坂の陣を見ており、大坂の陣での豊臣側については大野治長くらいしか知らなかった。

大坂浪人五人衆が良い。

大坂の陣 真田と大坂城五人衆 (英和MOOK)

英和出版社



書店でこんな本を見つけて迷わず買っちゃいました。
第46回の『砲弾』で毛利勝永@岡本健一や後藤又兵衛@哀川翔らが真田幸村@堺雅人に内緒で敵陣に切り込もうとして、そこに幸村も加わって一緒に切り込むシーンはとても爽快でした。
そしてこのシーンを見ていたら、毛利勝長と後藤又兵衛が『組!』の永倉新八と原田左之助が重なるところもあって。
[PR]
by eri-seiran | 2016-12-01 00:15 | 真田丸 | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧