熱い!熱い!トークショー 続編

昨日の記事を改めて読んで、トークショーの全体の流れと中味の少ないこと。トークショーが始まるまでと、自分の所見の長いこと。
あれから2日が経ち、少し落ち着いてきて、幾つか思い出してきたので追記します。

★耕史君が「新選組!」で土方のオファーを受けた時
三谷さんの家に呼ばれて、関ヶ原の戦いから教えられたとのこと。
(幕末ファンにとっては、幕末を語るには関ヶ原の戦いから語りたい)

★山本耕史君と片岡愛之助さんの関係
携帯でメールのやり取りをしているらしい。機種が違うので、絵文字が使えず、顔文字を使っているとのこと。また片岡さんは関西の方なので、正しい標準語を使っているか、自分でもわからず、耕史君に確認したところ、「大丈夫で
すよ」と言ってくれたとのこと。
あまり東京に詳しくない片岡さん、東京に出てくることがあったら、「連絡ください」と、耕史君が言ってくれたらしい。

★ハードな撮影
かなりハードで、明け方まで続くことがあったらしい。片岡さんは平行して舞台もしており、そのまま舞台入りということもあった。司会の方の「大丈夫でしたか?」との質問に、「気持ちが張っていたから、大丈夫でした」とのこと。

★台詞について
照英さんより、「新選組!」の時より、耕史君はどうやって台詞を覚えるのだろうと思うくらい、楽屋でも台本を読んだりせず、ギターを弾いたりなどしていた。片岡さんは車を運転しながら、或いはコーヒーショップなど(堺さんと同じね)で覚えるとのこと。
耕史君は、今回、長い台詞もあり、片岡さんが台詞を言って、続けて自分の台詞を言う時には緊張した。もし自分が間違えたら、再び取り直しになって片岡さんに迷惑を掛けるので・・・しかし殆ど上手くいったらしい。

★「新選組!」で、島田魁が初めて近藤・土方と会うシーン
身長が高くて、島田の頭が天井の梁にぶつかるシーン。自分は真面目に演じているのに、香取君と耕史君が笑ってしまい、何回も取り直しになった。

★吉弥さんがサプライズゲストとして登場したことについて耕史君より
耕史君、去年も源さんこと小林さんがサプライズゲストとしていらっしゃったので、今年もサプライズゲストがあるかな~と思った。あるなら、山崎かな~と思っていたとのこと。ステージの両脇下に、新選組の隊服を着て、トークショーの間、立っている人たちがいた(同好会の方々だったでしょうか?)。そこに同じように隊服を着て、山崎こと吉弥さんがいるのではないかとも考えていたとのこと。まさかカメラマンになって登場するとは思わなかった。

★カメラマンとして登場した吉弥さんより
スタッフの方にカメラマンとして登場してくださいと言われてカメラを渡されたが、フィルムが入っていなかったとのこと。吉弥さん、わざわざフィルムを入れて本当に耕史君と照英さんを撮ったとのこと。

★続編の話題について吉弥さんより
かなり以前から、役者さんたちの間でも続編の話題になっていた。もし続編が放映されることになったら、源さんがおにぎりを持ってきてくれて(涙)、「源さんだ」と思ったら、実際は源さんでなかったというシーンとか、役者さんたちの間で考えていたとのこと。それを聞いた三谷さんが、それなら小林さんは出演しなくてもいいんだねと言ったらしい。吉弥さんが話しているのを聞いて、耕史君、なるほど~と頷いていた。

★照英さんより
同じ監察方の山崎が亡くなって、自分が函館まで土方に付いて行くことになった。
1月3日の21時から、照英さん出演の「里見八犬伝」が民放で放映されるため、耕史君にそのことを突っ込まれていましたが、「新選組!!を観ます」と言い切りました。

他にも相馬役の小橋賢児君は、「新選組!」の撮影風景を横で観て、自分も出たいな~と思っていたとのこと、
大鳥圭介役の吹越満さんはシャイな方である(耕史君より)とか、
吉弥さんより、「新選組!!」を死んだ山崎として見る感覚であるというようなこと、
終わりの時間が近づいてきたということを司会の方が言われたら、会場より「え~」と、どよめきが・・・それを聞いて耕史君、「それではみんなで何処かに入って話しましょうか?」と言って、「とは言っても、これだけの人数が入れるお店がないからね」と(笑)

この辺りが限界でしょうか(苦笑)

昨年は堺・山南敬助からメッセージがあったとのことで、今回も誰からか、ないかな~撮影で京都にいるかもしれない堺さんからのメッセージはないかな~と期待していましたが、残念ながらありませんでした。
しかし本当に耕史君の暖かさ、『新選組!』、及び『新選組!!』に対する熱い思いが伝わってくるトークショーでした。

『新選組!!』がどのように描かれているかと楽しみに思う気持ちと、これで終わるんだ、できれば避けて通りたいという淋しい気持ちが入り混じっています。しかしこれまでも「避けては通れぬ道」がたくさんあって、それでもしっかり見届けてきました。かなりしんどかったけれど・・・
『新選組!!』も、耕史君、試衛館のメンバー、『新選組!』、及び『新選組!!』に関わった役者・スタッフの方々、そして皆様と一緒にしっかりと見届けたいと思っています。
[PR]
by eri-seiran | 2005-12-26 21:20 | エンターテインメント | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧