信じること、そしてあきらめないこと

5月30日、総司忌の日に、大津宿の近くまで観に行った映画は『LIMIT OF LOVE 海猿』です。
昨年の4月からの3ヶ月クルーのドラマ『エンジン』と『恋におちたら~僕の成功の秘密~』が終わり、7月から観たいと思うドラマがないな~と思っていて、殆どドラマというものを観ていなかった時、ドラマ『海猿』が良いと教えてもらいました。確か3回目あたりから観て、完全にはまってしまいました。以前にも記事で触れましたが、弱いのです。男の友情とか、絆とか、何か一つのことに向かって一致団結していく男たちの姿に。だからこそ幕末、そして新選組が好きなんだと思います。
『エンジン』や『恋に落ちたら~僕の成功の秘密~』は、堺雅人さんと山本耕史君を観るのが第一の目的でした。
しかし『海猿』は、ドラマそのものに惚れました。

と言うわけで、映画を観てきたわけです。上映時間の3分の1以上は、泣いていたと思います。嗚咽しそうになりましたよ(汗)こんなに自分が涙するとは思いませんでした。観終わった後、ちょっと疲れきってしまいましたから。
2004年8月22日ほどではありませんでしたが・・・あれは自分の大切な人が本当に亡くなるような不思議な感覚でした。

実は、この映画にも気になる役者さんがいて、その方を観たいな~という気持ちもありました。大鳥圭介ではなく、吹越満さん。『新選組!!土方歳三 最後の一日』で、初めてこの役者さんを知りました。吹越満さん、ただ今、ちょっと気になる役者さんになっております。そのため、『警視庁捜査一課9係』もゆる~りと観ております。
今回の役、良かったですよ。こんなキャラクターを演じさせると上手いな~と、思いました。ただ大鳥圭介、青柳靖、海老原真一もキャラクターが似ている部分があるので、今度はちょっと違うキャラクターの作品を観たいな~と、思いました。
またこの映画に桂小五郎ではなく、石黒賢さんが出演していることは観るまで知りませんでした。出番は少なかったけれど、よかったな~
そしてなんと言っても、ドラマの時からいいな~と思っていた下川隊長(映画では専門官)を演じていた時任三郎さん。この方についてはデビューした頃から知っていました。出演のドラマを幾つか観たこともありますが、久しぶりにドラマで観たのは『Dr.コトー診療所』で、その時に良い役者さんになったな~と思った次第です。

さて、映画の方は本当に良かった。素晴らしかった。この映画には色々なテーマがありましたが、最も教えられたことは、信じること、そしてあきらめないこと。
この映画を観てから、口癖にしています。「信じよう。私はあきらめないよ。」
職場でもプライベートにおいても。

山南敬助のことについても私はあきらめない。山南敬助に対しての自分の想いを信じよう。すみません(苦笑)、しかし本気です。
そしてどうしても観たい舞台のチケット、取れると信じよう。そして最後まであきらめない。
[PR]
Commented by at 2006-06-03 21:12 x
エリさん、お久しぶりです。
『海猿』の話に惹かれてのこのこやってきました(笑)。
私もエリさん同様に男の友情・絆モノに弱いのです。これはやはり自分が女だからなのかなと思うのですが、「仲間のために」というテーマはとても好きですね。
『新選組!』もそうでしたよね。彼らはこの海猿たちのように上手くはいかなかったけれど、パワーを感じるんですよね、熱い男たちの。

時任さんは昨年夏のドラマ『海猿』で初めて意識をして、なんと深みのある、そして渋い方なのだろうと思い、一発で惚れてしまったのですが、この方の「仲間のために」という思いも映画ではジンジン伝わってきて感動しました。
理屈ではない、熱い思いを感じる映画でした。

エリさんが舞台のチケットを取れることを、私も願っていますよ~!
Commented by eri-seiran at 2006-06-04 14:00
>悠さん
こんにちは。自分が映画を観るまでは、この映画に関する他の方の記事を避けていましたので、観終わった後、解禁となり、悠さんの記事も読ませて頂きました。悠さん、奥が深い。
私も一番泣けたのは、船が沈んで、えっ~嘘~どうなるの?と、思っていた時、仲間たちが救助への出動命令を嘆願するところでした。この人たち、諦めていない。諦めてはいけないんだ。

私の周りの『組!』ファンの方で、このドラマにはまった人も少なくないようです。このドラマを良いと教えてくれたのも、出遅れて『組!』ファンになった後輩でした。同じようなはまり方をしたりするんですよね~

時任三郎さん演じる下川は本当に良いですよね~私の理想の上司NO.1ですよ。ドラマの方で、仲村トオルさん演じる池澤が亡くなった時、いつも冷静な下川隊長が自分の感情を露に出したところも人間味があっていいな~と、思いました。

チケットの応援ありがとうございます。絶対に諦めません。必ず取るという精神でいこうと思っています。
by eri-seiran | 2006-06-03 16:30 | エンターテインメント | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧