エリック・ストルツについてフォローしておきたい

先日の記事『胸キュンバトン』において、エリック・ストルツについて「かなりマイナーですので」と書いたことを後悔。マイナーは事実だけれども、かなりが余計だよな~とか、反省しております。
だってあんなに好きだったのに。2004年を迎えるまでは・・・約20年の山南敬助への想いが爆発するまでは・・・

この方、インディペンデント系の映画などへの出演が多く、日本では公開されない映画も多いのです。メジャーな映画としては、『パルプ・フィクション』(1994年)、『若草物語』(1994年)、『レジェント・オブ・ヒーロー ロブ・ロイ』(1995年)あたりかしら。これらは日本でも公開されていると思うのですが・・・後、『スリープ・ウィズ・ミー』(1994年)も大好き。この映画については、出演と製作の両方を兼務しております。この方が出演している映画のDVDなどは、買ったり、テレビで放映されたものをダビングしたりして、結構、持っております。一度、どうしても観たい作品があったのですが、日本では公開されず、DVDなども売られていなかったので、アメリカのインターネットショップでビデオを買いましたよ。日本語字幕はもちろんついておりませんので、内容があまり理解できませんでした(苦笑)しかし素敵なエリックに会えて満足。

a0044916_20194267.gifそして一番好きな『メンフィス・ベル』(1990年) 第2次世界大戦時の実話を基にして作られた映画であり、青春群像劇であります。青春群像劇に弱いのよね~私。
これが『メンフィス・ベル』でのエリックです。役柄は大学卒業時の年齢位になっておりますが、エリック本人は29歳くらいです。とても素敵なんですけれど、ビジュアルとしては、1990年代半ば頃のセミロングのエリックが私的にはラブ。
この映画で、仲間から、ダニーボーイって呼ばれているのですが、映画のシーンで、仲間の一人を演じていたミュージシャンでもあるハリー・コニック・Jrが基地でのパーティーで、ピアノを弾きながら『ダニーボーイ』を歌うシーンがあって、これが最高なんです。エリック演じるダニーボーイが照れちゃって。可愛いんだ~

以前、外国人役者で新選組のキャスティングをしたら誰がいいだろうという話しをしたことがあったのですが、若い頃のエリックなら、藤堂平助でいけるな~と、私的には思ったり。

そして最近のエリックですが、アメリカの映画やテレビなどそれなりに出演しております。去年のテレビドラマ『The Triangle』でのエリックの映像を観ることが出来、役柄からなのか、44歳位には見えました。あ~素のエリックが観たいな~
とにかく、ちょっとエリック・ストルツについてフォローしておきたかったものですから(笑)

本当に2004年を迎えるまでは、日本の若手の役者を全く知らない状態で、堺雅人さん初め、藤原君など、誰?状態でした。ごめんなさい。『新選組!』のキャスティングを聞いて、試衛館派のメンバーで、名前と顔が一致したのは、香取君と勘太郎君のみ。耕史君も怪しい状態でした(汗)
変わるものですね~最近では、アメリカやイギリスの若手の役者がわからなくなりましたから。以前は、映画雑誌『PREMIERE』を定期購読して、情報を得ていましたが、定期購読を辞めたから。
それに代わり、よく買うようになったのが、日本の演劇界に関する雑誌。今日は、本屋さんに行って、『TVnavi 9月号』と『Top Stage vol.37』を購入して、ルンルンで帰ってきましたから。信じられませんよ。
でも、やっぱり44歳のエリック ストルツも好きだからね。今夜は、夕食を取りながら、久しぶりに『メンフィス・ベル』を観ようかしら。
[PR]
by eri-seiran | 2006-07-27 20:26 | エンターテインメント | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧