『噂の男』によって、解決したこと

昨日、DVDのハードディスクを確認したら、予約録画して、まだ観られていないものが沢山入っている状態。その中に、8月11日の朝の6時半から予約していたものがあり、こんな朝早くからなんだ?と思い、確認したところ、WOWOWのステージ最新情報番組である『プルミエール』でした。そうでした。これに『噂の男』が紹介されていると七織ノ記の七織さんに教えて頂き、予約録画したことをすっかり忘れていました。10日から11日の昼にかけて仕事で家を空けており、11日の夕には『Dr.コトー診療所2006』に堺雅人さんが出演するというニュースが入ってきて、そしてその夜には花火大会、次の日の朝早くから実家に帰ったり、また仕事だったりと、とにかく家でゆっくりテレビを観ることがなくて、すっかり忘れていましたよ(苦笑)

いや~面白かった。5人へのインタビューは、『Top Stage Vol.37』に載っていたものと同じ服装。インタビューの内容も一部同じものがありました。しかし文字や写真だけでは伝わりにくいものが十分に伝わってきてましたよ。5人共、本当に楽しそう。堺さんも受けまくって、大笑いしておりました。「笑いすぎだよ堺さん」と、突込みを入れたくなるほど。
堺さんがストーリーを熱く解説している姿はとても素敵。真面目な顔をして話す姿と大笑いする時の姿のギャップがいい。また動く山内圭哉さんを観て、『新選組!』で橋本左内を演じた方と同一人物ということが一層信じられなくなりました。そして一番受けたのが橋本さとしさん、いや~楽しい方ですね。私も他のみなさんと同じように大受けさせて頂きました。

『L00k at STAR!vol.21』での堺雅人×橋本じゅん×八嶋智人の対談や『Top Stage Vol.37』での対談を読んで、これまでちょっと心にあったわだかまりが少し解決したような気がしたのですが、この『プルミエール』を観て、自分の中でやっと解決したな~と思えるようになりました。そのわだかまりとは、堺雅人さんと八嶋智人さんについてです。つまりそれは、山南敬助@堺雅人と武田観柳斎@八嶋智人ということです。
武田観柳斎に「山南総長だ。間違いない。くっそー!」と言われたこと。そして山南敬助と武田観柳斎の良いとは言えない微妙な関係。それがずっと心の中で引っかかっていたのです。自分の中で解決するのに、2年も掛かってしまいました(苦笑)
武田観柳斎@八嶋智人の最期を観た時に、この人にも色々とあり、一生懸命だったんだよね~と思えましたよ。
それにドラマだってわかっているんです。しかしわかっていてもそう思えないのが、『新選組!』というドラマなんです。
三谷さんの『冷や汗の向こう側』の記事でありましたが、長く同じ役を演じていると、役者さんらが自分と役の境目がなくなっているということが書かれてありました。その例として、飲み会で、武田観柳斎@八嶋と土方歳三@山本耕史が一触即発状態になったのを総司や平助が別室にいた近藤や源さんを呼びに行ったという話し。これは笑えますよね~?
土方歳三@耕史と山南敬助@堺の場合、ドラマで土方と山南の関係がこじれてくると、楽屋でもお互いに避けるようになってきたというようなことを仰っていましたが、そうなんですね~
ただこの二人の場合、ドラマの32回で土方の山南に対する本当の気持が見えたし、この辛い8月前後に二人の楽しい対談やトークショーなどもあったから、引きずることはなかったわけですが、武田@八嶋と山南@堺の場合、その後の二人を一緒に見ることが無かったものですから、この2年間、引きずってきたわけですよ。

『噂の男』を鑑賞された方の感想などは自分が鑑賞するまでは避けていますので、二人のそれぞれの役はわかっていても、どんな関係になるのか、どんな絡みがあるのかはわかりませんが、『新選組!』の山南と武田の関係より悪いということはないだろう~と勝手に思っています。それに1年間かけて観たドラマと舞台とは私自身の捉え方も違うだろう。

とにかく『プルミエール』を観て、この2年間、心にあったわだかまりがなくなり、また『噂の男』がますます楽しみになってきました。
そして2年前の今頃は、たかがドラマなのに、山南敬助@堺の切腹を前にして、とても辛い日々を過ごしておりましたが、この夏は全く反対。『噂の男』を支えに、楽しい日々を過ごしています。
[PR]
Commented by 七織 at 2006-08-17 16:37 x
エリさん、こんにちは! 一足お先に観劇してしまった七織です(苦笑)。
『噂の男』特集、面白かったですね!
5人の和気あいあいとした稽古風景を見せ付けられた後に舞台を観ると、その落差にちょっと衝撃ですよ!! なんだか、5人とも凄いことになっています……(汗)。
八嶋さんの舞台を観るのは初めてだったのですが、さすがに舞台出身の役者さん、存在感がありました。もちろん、5人とも凄みがあって、やはり映像などでは味わえない迫力がありました! 
噂どおり、かなり毒を孕んだ内容なので、エリさんも覚悟して観てくださいね!(笑)
Commented by eri-seiran at 2006-08-18 01:12
>七織さん
この情報、本当にありがとうございました。間に合うと分かり、慌てて予約録画したのに、観るのをすっかり忘れていたというとんでもない奴です。6時半という時間でなければ、スルーして舞台を観終わってから観たかもしれません(汗)6時半と朝早い時間でよかった(笑)
そんなに落差があるんですか?きゃ~どうしょう。私も観られる日がいよいよ近付いて参りました。覚悟して臨みます。
by eri-seiran | 2006-08-17 12:31 | エンターテインメント | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧