2007年11・12月 堺雅人さん舞台に出演決定

先日、堺雅人さんの舞台『噂の男』大阪公演を観た時、あ~堺さんの新たなる舞台をまた観たいよ。ドラマも映画も良いけれど、あ~舞台は良い。そう思いました。
また山南敬助ラリー@大阪編をしながら、山南のことをもっと調べたい、謎を追求したい。まだ死ねねぇ~よと、思いました。

そして本日の朝、とにかく来年の12月までは何がなんでも生きようと思いました。
堺雅人さんが来年の11・12月、舞台にご出演。それも三谷幸喜さんの作品ですよ。
『新選組!』&『新選組!!』以来です。
詳しいことはこちらより
これは、七織ノ記の七織さんから情報を教えて頂きました。昨日、製作発表の記者会見があったらしい。
そこで今朝、めったに見ないめざましテレビという番組を見ましたよ。多分、芸能情報で取り上げられるだろう。しかし芸能情報は何時位にあるのか分からないし・・・あ~見れた。見れました。
先日、この噂はちらっと聞いたりしてはいたのですが、噂だけではなかったのね。
大阪公演を終えて東京に帰り、明日からは福岡公演。
堺さん、お忙しい中、お疲れの中、記者会見に出演。
堺さんの発言は聞けなかったものの、しっかり映っていましたよ。
記者会見には、三谷さん、ユースケ・サンタマリアさん、常盤貴子さん、堺正章さん、戸田恵子さん、そして堺雅人さんが出席。
スタジオでこの記者会見の様子についてあれこれ仰っていましたが、堺という苗字の方がお二人もいるのに、「堺(正章)さん・・・・」と言っていたのがとても気になりました。途中で軽部アナウンサーの「堺雅人さんも出演」にはフォローを感じた。
そして全体に三谷芝居としては新鮮な顔ぶれと仰っていましたが、そうでもない。
私が分かっているだけでも、『新選組!』で考えた場合、源さん、徳川慶喜、宮川音五郎(勇の兄)、お登勢、加納、そして山南敬助。『12人の優しい日本人』で考えた場合も浅野和之さんと堀内敬子さんがいらっしゃる。
私的には、堺雅人さんと小林隆さんの共演が非常に嬉しい。

あ~1年以上も先の話しですが、楽しみ。
今からこんなに喜んで、チケットが取れなかったら、大変な落ち込みだろうな~
[PR]
Commented by 七織 at 2006-09-14 14:04 x
エリさん、こんにちは!
舞台期間の最中に、別の舞台の制作発表なんて嬉しいですね。先は長いですけど…(苦笑)。
記者会見の様子、堺さんがチラッと映っただけでも嬉しかったです。確かに、メインどころの3人以外は、三谷作品ではお馴染みのメンバー。脇をこれだけ固めたら怖いものなしですよね(笑)。個人的には、東京サンシャインボーイズのメンバー(小林・阿南・小原)が三谷作品で顔を揃えるのが嬉しいです! 来年末まで、大きな励みができました(笑)。
Commented by eri-seiran at 2006-09-14 22:54
>七織さん
本当に舞台期間中に1年先の舞台の製作発表ってすごいですよね~
記者会見でのコメント聞きたかったな~見た限りでは静でありましたが、これから自分の居場所を作っていくんでしょうね~
三谷さんが考える堺さん演じるキャラクターも非常に楽しみです。
これまでに他の仕事も入ってくるでしょうから、来年の末まで堺さんの作品にいくつか出会えるでしょう。あ~でもやっぱり長い(苦笑)。
しかしこれを支えに私も頑張ります。
Commented by ゆか at 2006-09-15 00:41 x
こんばんは。エリさん。私も絶対観たいと今から楽しみにしています! それとご存知かもしれませんが関西に拠点をおく「さくらさくらカンパニー」という劇団が先月、N.Y国際芸術祭にて「さくらのごとく」という山南さんが主役の作品で審査員特別賞を授与されたそうです!
大河!以前から公演されている代表作らしくこちらも気になる最近です!
Commented by eri-seiran at 2006-09-15 06:52
>ゆかさん
おはようございます。観たいですよね~きっとチケット取りが大変でしょうが、お互いに頑張って観に行きましょうね。

またもやすごい情報ありがとうございます。ごめんなさい。知りませんでした。ただこのさくらさくらカンパニーのことと、「さくらのごとく」は、『新選組!』が終わってから、また京都で上演された後に知り、観たかったというショックでしばらく立ち直れませんでした(苦笑)。
登場人物が、山南敬助・土方歳三・沖田総司・明里ということだけで、もうどんな内容なのか、気になりますよね~
審査員特別賞を授与された機会に、再び日本でも上演してほしいものです。
Commented by ゆか at 2006-09-15 23:35 x
そうですよね。是非日本でも上演してほしいですよね! 私も知るのが遅く、「さくらのごとく」は未観賞なので次回上演が実現のおりには京に上がらねばと思っています!(関東人なのです。)
しかし、山南敬助の名が海を渡るなんてなんだか不思議ですね(笑)
Commented by eri-seiran at 2006-09-16 22:34
>ゆかさん
山南敬助が主人公の舞台が、海外で賞を取ってくれるなんって夢のようです。切腹とか、武士道とか、その辺りが外国の方の心を捉えたのではないでしょうか。
上演をしてくれないか、密かに期待しています。
この舞台については、色々とインターネットで調べたりしましたので、後日、記事にさせて頂きますね。
by eri-seiran | 2006-09-14 09:06 | エンターテインメント | Comments(6)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧