金木犀の香り漂う時季

a0044916_1957152.jpg
になりました。
仕事における昨日からの長い拘束から開放され、今日、初めて車に乗り、エンジンをかけると、車のナビが
「今日は10月14日、鉄道の日です。」と言う。
車を走らせ、流れてくるミュージックはSTEVIE WONDER の『I Just Called to Say I Love You 』
そして窓から入ってくる風。
至極の幸せを感じる一時でした。

そして金木犀の香り漂う時季と言えば、この方のお誕生日。
車のナビが「鉄道の日」と言っても私の中では、『今日は10月14日、堺雅人さんのお誕生日です。』
そうです。今日はHappy birthday Dear Masato Sakai なんですよ。
33歳になられたとのこと。
33歳と言えば、山南敬助の享年ですよ。
と言う事は、堺さんが31歳の時に28歳から33歳の山南敬助を演じたことになるんだ。
どうでもいいことですが(苦笑)
今思うと、2年前は山南敬助を演じてくれた堺雅人さんが好きという気持ちがどこかにあったような気がします。今は違う。そんなことは関係無しにこの役者が好きです。一昨年、去年よりもかなりゾッコンだと思う。
『Dr.コトー診療所2006』での36歳の鳴海医師もたまりません(笑)。ドキドキしながら観ていましたよ。
ただこの役者に出会わせてくれて、ファンになったきっかけは、山南敬助ということには変わりはない。
その山南敬助の享年と同じ年になった堺さんにとって、ステキなステキな1年になりますように。
[PR]
Commented by red_95_virgo at 2006-10-14 23:51
今日が10月14日という事をころりと忘れて外出、エリさんの記事を読んで、
「ああっそうだった!」
と自分の迂闊さに気づきました(笑)。なんとか日付が変わらぬうちにと大あわてでトラックバック、お許し下さい。

『新選組!』以前も以後も、いろいろな役に挑戦されている堺さんですが、そして必ずしも山南さんでこの人を知ったというわけでもないのに、気づけばいつも山南敬助に戻ってしまいます。
堺さん自身は、おそらく既に山南さんからは随分遠く離れているようにも思うのですが……私は、役者堺雅人というよりも、年を経るごとに、「『新選組!』の山南敬助」にぞっこんになってるような気がしてなりません(笑)。
Commented by eri-seiran at 2006-10-15 18:03
>レッドさん
TB、ありがとうございます。
去年の10月14日、レッドさんが堺さんのお誕生日を記事にされ、それを読ませて頂き、その4日後に自分がブログを開設し、その時から決めていました。約1年後の10月14日は堺さんの誕生日のことを記事にすることを(笑)。
しかし山南の享年と同じ年になられたんだというのは、迂闊にも14日になって改めて気付いた次第です。
土方ファンのレッドさんが、『新選組!』の山南にゾッコンというのは、山南ファンとしては嬉しいですよ。

堺さん本人はきっと山南の享年と同じ年になったとは、あまり、いや殆ど意識されていないでしょうが(耕史君は35歳になった時に意識するでしょうね?)、私としては改めて気付いたにも関わらず、かなり意識しています。堺雅人演じる山南敬助に出会わなかったら、レッドさんとも同じ時代を生きていながらも出会えなかっただろうし、こうしてブログも始めてはいなかっただろうし・・・山南敬助と堺雅人は私の人生に大きな影響を与えてくれたんだよな~と。
そんな山南敬助の享年と同じ年になった堺雅人という役者のこの1年をじっくり観察しようと思っています(笑)。
by eri-seiran | 2006-10-14 20:03 | エンターテインメント | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧