エンターテイメントにおける雑記

久しぶりにゆっくりした休日。
昨夜、そして今朝から、予約録画しておいたままになっていたものを何本か観ました。
山本耕史君の『スタジオパークからこんにちは』『僕の歩く道』等など。
耕史君のスタジオパークを観て思ったのですが、これまでの時とちょっと違う空気があるな~と。それは私的な感じ方だと思います。
そしてその理由は司会者が代わっているからだな~と。この4月より渡邊あゆみアナウンサーより有働由美子アナウンサーへ。有働由美子アナウンサーも以前から好きですし、出身地が同じということで親しみを感じております。
ただ司会者が有働アナウンサーに代わってから、ゲスト出演した岩本輝雄さんの時にはなにも思わなかった。
そこには『新選組!』が関連しているということがわかりました。
スタジオパークをよく観ていた2004年。それは、『新選組!』の役者さんたちなどがゲスト出演していたから。その時の司会者が渡邊(黒田)あゆみアナウンサーでした。今、調べてみたら、2004年4月からスタジオパークの司会を担当するようになったんですね。
もちろん『新選組!』の関係者をすべて観ているわけではないのですが、あのスタジオにも『新選組!』の熱い熱い思いがあったんだな~と改めて思いました。黒田アナウンサーの爆走をフォローする吾妻アナウンサーとのやり取りも好きでした。そして繋がりがあった。例えば、「先日、共演中の○○さんにゲスト出演して頂いた時、~と仰っていましたが・・・」など話しをしたり、ビデオレターがあったりという繋がりもそうなんですが、『新選組!』という一本の線で繋がっていた。2005年の暮れに『新選組!!』に出演する役者さんたちや堺雅人さんのゲスト出演の時もそうだったと思う。それは渡邊(黒田)あゆみアナウンサーが2004年の『新選組!』やそれに出演していた堺雅人さんを知っていたからであろう。
もう『新選組!』は終わったし、新しい司会者によって新しいものを作っていくのは当たり前のこと。ただあの2004年のスタジオパークがちょっと懐かしく思い出された次第です。
今回のゲスト耕史君のために多くの方がいらっしゃっていましたね。
平日なのにすごい!と、びっくりしました。

スタジオパークなど色々と露出度の高い耕史君。それに比べて、『Dr.コトー診療所2006』の第4回ではほんのちらりだった堺雅人さん。と言うか、ほんのちらりのシーンを観ていなかった。だから今回は出番がなかったと思っていました。しかしエンディングで名前が出てきたので、あれ?と思っていたら、このちらりのシーンがあったことを教えてもらったというわけです。
多分、後半になると絡んできて、出番も増えるんだろうな~と期待しているところですが、ちょっと欲求不満。
そんな時、こちらで動く堺雅人さんを観られることを知りました。
『第19回東京国際映画祭』における壁男のティーチ・インの様子です。
この時、感想として「本当に寒かった」ということを連発したという堺さん。それも聞けるし、質問に対して、丁寧に堺さんらしく言葉を選んで応えており。
この方へのインタビュなど大好きです。
これを観ていると、映画『壁男』を観たいモチベーションが更に上がりましたよ。待ちきれないので、先に原作を読んでみよかな~と思ったりしております。
[PR]
by eri-seiran | 2006-11-04 12:23 | エンターテインメント | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧