雨に濡れた車のフロントガラスに桜の花びら

桜の季節が終わりに近づき、職場の桜も殆ど散ってしまいました。
散っていく風景も綺麗ではありますが、悲しくもあり。

春風に吹きさそわれて山桜ちりてそ人におしまるゝかな
吹風にしほまんよりも山桜ちりてあとなき花そいさまし


と、散りゆく桜を見ながらふと考えてしまうわけなんですけれどね。
伊東甲子太郎が詠んだ山南敬助への弔歌です。
これについては色々と思うところもあるのですが、考えすぎると深みにはまるし、これについて書き出すと止まらなくなるし、今の自分にはちょっと余裕がないので。
a0044916_8504275.jpg

この時期になると、自分の車はいつもこのような状況になります。
以前も記事にて書きましたが、職場の敷地内に桜の木がたくさんあり、特に駐車場は桜の木で囲まれております。
雨の中、散ると花びらが車について離れられなくなるのです。
この赤の車に買い替えて2回目の春ですが、ちょっときれい?
すみません、車自体は長いこと洗車をしていないので、きれいじゃないんですけれど(汗)。
そしてもう桜の季節も終わろうとしているのに、車は冬のまま。実は、まだスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに替えていないのです。3月の初めにディーラーさんからそろそろ替えましょうかと電話を頂き、日程が合わず、そしたら3月11日の山南忌の日、突然、冬に逆戻り。そのためにディーラーさんももう少しスタッドレスでいきましょうかということになり。そんなこんなで4月に突入。さすがにもう雪は降ることはないわけですが、何かと忙しく。しかしさすがにヤバいと思い、先日に電話をしたら、今週はもう予約が一杯とのこと。ということで、来週になってしまいました。
この冬は殆ど活躍することのなかったスタッドレスタイヤは、来週よりやっと今度の冬まで休めることになりました。お疲れ様。
[PR]
by eri-seiran | 2007-04-19 08:56 | 身辺雑記 | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧