松嶋屋の若手役者お二人による『男女道成寺』

第二十三回四国こんぴら歌舞伎大芝居も本日が千穐楽でした。
役者さん、またボランティアの方々初め、この公演に関わったすべての皆様、お疲れ様でした。
今回の主な役者さんたちは、座頭の坂田藤十郎さん以外、今月の上旬に行われた大阪での第四回浪花花形歌舞伎に出演されていた方々。1ヶ月も経たないうちに同じ役者で、違う芝居を観られるなんって思ってもいませんでした。

さてこんぴら歌舞伎大芝居の演目と配役はこちらより
すべてについて感想など書きたいのですが、ちょっと私には無理なので、一番感動・興奮した『男女道成寺』について。

片岡孝太郎さんにはまったきっかけが去年の12月の京都の南座での『吉例顔見世興行 十八代目中村勘三郎襲名披露』だったわけですが、この時に中村勘三郎さん演じる白拍子花子での『京鹿娘道成寺』を観たので、『男女道成寺』は新参者の私にとってもわかりやすかったです。

白拍子花子:片岡孝太郎
白拍子桜子
実は狂言師左近:片岡愛之助
所化:坂東薪車 他


孝太郎さんは、この役は3回目とのこと。そして愛之助さんは、道成寺物での所化は何度もやったそうですが、この役は初めてとのこと。所化の時に花子の踊りをいつも見られて勉強になったそうです。
そう言えば、12月の時の勘三郎さんが花子の時の所化たちはすごいメンバーでした。翫雀さん、扇雀さん、橋之助さん、勘太郎君に七之助君に、そして孝太郎さんに愛之助さんほか。芝居の途中で、花子が客席に手拭いを投げ、その後、所化たちも手拭いを投げてくれるのですが、実はこの時、所化のどなたかが投げてくれたものが私の所に飛んできてくれたんです。誰だったかはわからない。場所から考えて、孝太郎さんではなかったと思う。今回も花子を演じる孝太郎さんと、左近を演じる愛之助さんが手拭いを投げて下さったのですが、私のところには届かず。所化たちが投げたのも届かず。

花子と桜子の二人の美しい舞。途中で、桜子が狂言師とばれるところは滑稽さがあり、そこで静かな舞から雰囲気が変わるところは面白いな~うまいな~と思いました。また花子の方は花笠踊りや手拭踊り、奇麗だな~美しいな~って、もうゾッコン(笑)。引抜も見事でした。
そして後半になるにつれてテンポが速くなり、次第に二人の本性があらわになってくる。花子は結ってあった髪がほどけ、女の恨み、哀しみを見事に表現しているな~と思いました。その表情に胸がはじけそうになりましたよ。
花子と左近が蛇体の姿になって終わりなんですが、客席から感嘆の声と拍手喝采。
私も『松嶋屋』と掛けたかった(笑)。心の中で叫び、そしてスタンディグ・オベーションしたい気持ちでした。

「男女道成寺」で締めくくり。上方歌舞伎を代表する人気若手役者の名作舞踊が、客席を魅了した

と、こちらに書かれてあるようにまさしくその通りでした。
とにかく新参者の私にとってはすごい!すごい!!
それだけしか言いようがありません。

番付で孝太郎さんがこの芝居について、「二人で息のあった舞台を華やかにお見せできればと思います」と仰っているんです。
息が合っていてきれいでしたよ。4月8日まで浪花花形歌舞伎で、この芝居が始まったのが4月12日。うまいからこそ、少ない練習でも合わせることができるのでしょうね。
この2人での『男女道成寺』をもう一度観たいと、帰りの電車の中で思いました。

この程度のものでスミマセン。歌舞伎を観る機会が増えれば、もう少しまともなレポが書けるようになるとは思うのですが(汗)。
ただこの感動が、今の私の支えになっているのは確かでございます。
[PR]
Commented by ふみ at 2007-04-26 00:42 x
エリさん、無事行ってこられて良かったですね。
古風な小屋でこの豪奢な演目、うらやましい限りです。
「男女道成寺」は、うんと昔に玉三郎さん、菊五郎さんの顔合わせで
観たことあります。華やかですよねえ。
私、道成寺はとても好きなので、昔購入した七代目吉村伊十郎さんの
長唄のカセットテープも、うちで時々聴いてます。
今度歌舞伎でもご一緒したいですね、エリさん。
Commented by eri-seiran at 2007-04-26 07:42
>ふみさん
ええ~無理して行った甲斐がありました。
ゴールデンウィークには旅に出るため、只今、仕事が大変な状況なんですけれど、この感動が支えになっているんです。
あの芝居小屋、実際、目にしたらふみさんもとても感動されると思います。ぜひに。
次回は、観光も兼ねてせめて一泊二日で行きたいな~と、すでに行く気満々。
こちらこそ、歌舞伎鑑賞、ご一緒させてくださいませ。そちらへ行ける目的が増えました(笑)。歌舞伎に関して聞きたいこともたくさんあるので、よろしくお願いしますね。
by eri-seiran | 2007-04-25 22:54 | エンターテインメント | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧