新旧の土方と山南

2月29日の金曜日の朝、山南敬助@高橋長英に胸キュンというタイトルで、これまで山南敬助を演じた5人の役者を挙げましたが、その時の土方歳三を演じた役者は下記の通りになります。タイトル(古い順)、山南敬助、土方歳三を演じた役者名の順となっています。

映画『新選組』 中村梅之助 小林桂樹
TBSドラマ『新選組始末記』 高橋長英 古谷一行
NHKドラマ『壬生の恋歌』 岸部一徳 夏八木勲
大河ドラマ『新選組!』 堺雅人 山本耕史
Vシネマ『実録 新選組』 中野英雄 寺島進
 
新の土方歳三と言えば、言わずと知れた大河ドラマ『新選組!』で山本耕史君が演じた歳三。新の山南敬助も『新選組!』で堺雅人さんが演じた山南。
そして旧の山南敬助と言えば、今の私にとってはTBSドラマ『新選組始末記』で高橋長英さんが演じた山南。

さて、山南敬助@高橋長英に胸キュンの記事をアップした2月29日の朝。翌日の3月1日にテレビで放映される映画『それでもボクはやっていない』はすでに予約録画済みでした。しかし新の土方歳三が出演していることは知っていても、旧の山南敬助が出演していることは知りませんでした。

高橋長英さんは昔から好きな役者さんの一人でしたが、何の作品がきっかけだったのか、覚えていません(汗)。この方の出演作品などをチェックしていたら、『それでもボクはやっていない』に出演していることがわかって、驚いた次第です。
この映画に対するモチベーションはさらに高まり(笑)。大坂城の大手門から山南敬助ゆかりの地である京屋跡まで歩いたその日の夜、予約録画したものを観ました。
CMも入れて約2時間30分は長いな~と思っていましたが、観始めるとあっという間でした。長いこと生きていても、初めて経験することがあり、あまりにも非日常的で戸惑い、そうだったのかと初めて知り、驚くことばかり。映像を見ながら、主人公やその親しい人たちと同じような状態になっていました。テンポがあり、また裁判がどのように行われるのかということがリアルに描かれており、高橋長英さんが何者なのかわかるまで時間がかかりましたが、全く退屈しませんでした。最初は被告人の味方なんだろうと思っていたのですが、途中、もしかしてこの人も傍聴オタク?と思うこともあり。やっぱり味方だった。良かった。
新の土方歳三との絡みはちょっとだけだったけれど、おいしかった(笑)。

また副長以外に『組!』の役者さんたちも結構、出演しているではないですか。
佐藤彦五郎@小日向文世に松本良順@田中哲司に伊藤軍兵衛@光石研。
みんな良い味出していたわ。

関西で再放送されていた『白い巨塔』(2003年版)が昨日、終わったのですが、後半は裁判のシーンであり、改めてきちんと観てしまいました。と言うことで、裁判の描き方については関心があった時期でもあり。特に柳原医局員@伊藤英明が悩み、遂に傍聴席で新実を叫ぶところは堪りません。
そしてなんと、約30年前に放映された『白い巨塔』(1978年版)で柳原医局員を演じているのは高橋長英さんではないですか。
これ、リアルタイムで観たのか、再放送で観たのか、ちょっと定かでないのですが、ただ当時のショッキングなニュースは覚えています。
DVDが出ているようなので、レンタルできるかしら。観たいな。
[PR]
by eri-seiran | 2008-03-05 23:15 | エンターテインメント | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧