旧暦で考えた場合、赤穂浪士討ち入りの日であった14日は大河ドラマ『篤姫』日曜劇場『SCANDAL』ドラマスペシャル『忠臣蔵 音無しの剣』という具合に、観ようと思ったドラマが3本もあったのですが、仕事で帰って来たのが遅く、そして眠たくて、どれも観ずに寝ました。
昨日は舞台『冬の絵空』を大阪まで観に行きました。そんなこんなでバタバタしており、本日、予約録画していたドラマ3本の中から、まず『篤姫』を観ました。

年号が慶応から明治に変わり、その明治元年も終わろうとしていた1868年の12月。
義を通すために戦い続けている男たちがまだいるんですよ。
その中に我らが新選組もいるんです。
そんなことを話しかけながら観た最初の方のシーン。穏やかで優雅ですね。

さて話は変わりまして、今年の赤ちゃんの名前のランキングで、女の子の1位が葵ということをインターネットで知って、大河ドラマ『篤姫』の影響だねとすぐに思いました。『篤姫』と言えば徳川将軍家、徳川家の家紋は三つ葉葵、だから葵と私は思ったのでした。

それから数日後に新聞の記事を見て、大河ドラマ『篤姫』の影響であることは間違いでないけれど、その理由は違うということを知りました。宮崎あおいちゃんね、なるほど、そうか。
宮崎あおいちゃんのあおいと、徳川家の家紋の三つ葉葵の葵を重なり合わせることができるのも縁だな~と思ったり。
そして宮崎あおいちゃんのあおいには全く気付かず、徳川家の家紋というところにいくのも自分らしい。

ちなみに大好きな山南敬助の家紋は丸に右離れ三つ葉立葵だったと云われたりしています。
この記事にはあまり関係ないけれど、書いておきます。
[PR]
Commented by ふみ at 2008-12-19 13:13 x
エリさん、ちょっとお久しぶりです。
もう「冬の絵空」をご覧になったんですね。いかがでしたか?
私はお友達と来月の東京公演に行く予定なので、
忠臣蔵がどう料理されているのか、楽しみにしています。

女の子の名前の「葵」トップは、やはり宮崎あおいちゃんの功績大ですね。
彼女が幼い頃からの作品を見ていますけど、「篤姫」では本当に堂々たるヒロインぶり。
ここまで少女漫画的な大河も前代未聞だし、いろんな意味で破格でしたね。

先日、NHKの番組で唐橋役の高橋由美子さんが、篤姫のロケ地めぐりをなさってて、
エリさんの小松帯刀ツアーの記事など思い出しながら見ました。
しかしどこに行っても「ああ唐橋さん?篤姫さんがお世話になりまして」
と声をかけられてましたね。本当にたくさんの人が熱心に見てたんですねぇ。
Commented by eri-seiran at 2008-12-19 20:00
>ふみさん
こちらこそご無沙汰しております。
『冬の絵空』についても書きたいなとは思ってはいるのですが、師走でバタバタしていたり、他にも書きたいことが色々とあるので、なかなか書けそうにありません。観ながら思ったのは、有名な歴史上の出来事や人物と言うのは色々な角度から描くことができるんだな~と言うことでした。生瀬勝久さん、橋本じゅんさん、声がよく通り、メリハリがあってとてもよかったです。それから粟根まことさん。また浅野内匠頭役の中村まことさんも良かったですよ。『組!』の役者さんばかりですね(笑)。

『篤姫』、前代未聞という点では『組!』と重なりますね。私は少女漫画的なところがちょっとだめだったのですが、それでも幕末と言うこと、堺さんの出演ということで、ツアーをしたり、スタジオパークに行ったり、ちょっと燃えた今年の大河でした。

高橋由美子さんがロケ地めぐりをされたんですか。唐橋さんと声をかけられるのも役者冥利に尽きますよね。
by eri-seiran | 2008-12-16 21:57 | エンターテインメント | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧