最優秀監督賞

144年前の2月23日の朝、山南敬助と沖田総司は大津宿から壬生に帰ったのだろうか。一晩、二人は大津宿に泊まったのだろうか。

そんなことを考えている平成21年(2009)2月23日の雨の朝です。
映画『壬生義士伝』の沖田総司@堺雅人と一晩、二人きりで過ごすのは怖いだろうな。あの映画は山南が脱走・切腹した後の話だったので、描かれなかったけれど、あの沖田総司なら山南敬助はどんな感じで、どの役者さんがいいかな。近藤勇、土方歳三との兼ね合いもありますが。

ここ数日間、仕事のことと2月23日のことしか頭になくて、いくつかのテレビ番組も予約録画したまま、観れていないんですけれど。20日の日本アカデミー賞も忘れそうと思い、予約録画は数日前にしておきましたが、本当に忘れそうでした。2時間前に思い出した次第です。
テレビの前にゆっくりと座って観る余裕が自分にはなく、助演男優賞のところだけ座ってリアルタイムで観たんですけれど、堺さん、緊張しているではないですか。この方でも言葉がなかなか出てこなかったりすることがあるんだと、なんかホッとしました(笑)。
最優秀助演男優賞は頂けませんでしたが、まだまだ機会はいっぱいあるでしょうし、賞なんって関係なからね。見せる方は良い仕事ができたと思えたらそれでいいだろうし、見る側が良い作品だと思えたらそれでいいだろうし。

賞の総なめだった『おくりびと』は観ていませんが、堺さん出演の『クライマーズ・ハイ』の監督である原田眞人監督、『新選組!』の生みの親である三谷幸喜監督には申し訳ありませんが、『おくりびと』の監督である滝田洋二郎監督が最優秀監督賞をもらったのは嬉しかったです私。

大河ドラマ『新選組!』が放映されていた平成16年(2004)の第27回日本アカデミー賞で、滝田洋二郎監督の作品である映画『壬生義士伝』は多くの部門で優秀賞をもらっていました。もちろん監督賞も入っていました。しかし最優秀賞は作品賞と吉村貫一郎を演じた中井貴一さんの主演男優賞と斎藤一を演じた佐藤浩市さんの助演男優賞でした(この時の斎藤一こと佐藤浩市さんの涙にもらい泣きしたんだよな~私)。と言うことで、その時に最優秀監督賞がもらえなかったので、今回、授与されたことは嬉しいんです。

この作品で、沖田総司を演じた堺雅人さん。京都での撮影中に、『新選組!』の山南敬助の話しがあり、光縁寺の山南敬助の墓参りに行ったそうな。
そして私はこの作品で、堺雅人という役者を知り、またこれまでテレビや映画、また舞台など多くの沖田総司が誕生しているけれど、この沖田総司が一番好きです。
映画『壬生義士伝』のDVDの特典映像に入っている撮影風景なんか見ていると良い監督さんだな~という印象を受けます。
それにこんな素敵な沖田総司を誕生させてくれたんだから、感謝!感謝!!です。
だからこそ、滝田洋二郎監督の作品に堺さん、また出演してほしいな~と思っているんですけれど。と言うことで、よろしくお願いします。

沖田総司@堺雅人も斎藤一@佐藤浩市もその場で見ていた滝田洋二郎監督の最優秀監督賞の授与。お二人ともきっと喜んでいただろう。



【追記】
本場のアカデミー賞での外国語映画賞の受賞、おめでとうございます。この部門で日本の映画が受賞するのは初めてだそうで。すごい快挙です。
これで滝田洋二郎監督の名が世界中に知られ、またこれまでの作品として映画『壬生義士伝』にも関心を持って頂けると嬉しいです。
[PR]
Commented by at 2009-02-24 21:28 x
こんばんはです。
『おくりびと』、凄いことになりましたね。
滝田監督といえば『壬生義士伝』しか思い浮かばないのですが、今回の受賞は本当におめでたいことだと思います。
今回の作品に関しては、正直内容もよく知らなかったし、興味もあまりなかったのですが、そうなんですよね、あの、沖田@堺を生み出してくれた監督さんなんですよね。堺さんファンに堕ちた作品のひとつでもあるので、そう考えると『おくりびと』にも興味が出てきたり(笑)。

賞というものは自分が観る作品を選ぶきっかけにもなったりするものですから、堺さんの今年度の助演男優賞総なめ&『おくりびと』のアカデミー賞受賞も、本当におめでたいなぁと思いますね。
Commented by eri-seiran at 2009-02-24 23:55
>悠さん
私も滝田監督なんだな~と思いながらもこの映画についての情報は少なく、しかし日本アカデミー賞で最優秀監督賞を取ったのを観て、とてもうれしかったんです。

堺さんの代表作として、映画『壬生義士伝』は外すことはできませんよね。この作品で堺雅人という役者を知ったり、ファンになった人も少なくないと思いますから。私なんか、『組!』が始まるちょっと前にDVDで観て、この沖田総司を演じている役者はすごい!とびっくりし、またこの役者さんが山南敬助を演じると知ってさらにびっくりしましたから(笑)。

自分の好きな役者さんのキーポイントとなる作品などの監督さんが世界に認められるって嬉しいものですね。
そしてその監督の代表作である映画『壬生義士伝』も改めて注目されのではないでしょうか。
by eri-seiran | 2009-02-23 07:59 | エンターテインメント | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧