『龍馬伝』のキャスト 其の弐

来年の大河ドラマ『龍馬伝』のキャストは主人公の坂本龍馬を福山雅治さんという配役以外は分かっておらず、それを色々と考えるのが最近の楽しみの一つだったりするわけですが、坂本龍馬に関わる重要人物の配役の一部が決まったようです。ソースはこちらとか、こちら

同じ土佐藩の出身で坂本龍馬について自分の視線から語るというこのドラマにおいて重要人物となる岩崎弥太郎には香川照之さん
龍馬が師と仰ぐ勝海舟には武田鉄也さん
龍馬が頼った西郷隆盛には高橋克己さん

ですって。
岩崎弥太郎の香川さんは私的にはかなり嬉しいです。弥太郎の自分のイメージ的にも合うし、演技が上手くて好きな役者さんだし。

そして岩崎弥太郎が香川さんということで、『龍馬伝』に登場するだろうと思われる幕末の志士たちを誰か演じるかということがさらに興味深くなってきました。

坂本龍馬が天保6年の生まれ。坂本龍馬を演じる福山さんが現在40歳とのこと。
龍馬より7歳ほど年上の武市半平太
龍馬より2歳年上の桂小五郎
龍馬より3歳年下の中岡慎太郎に岡田以蔵に後藤象二郎
龍馬より4歳年下の高杉晋作

岩崎弥太郎や西郷隆盛の龍馬との年齢差、そして演じる香川さん、高橋さんの年齢を考えると、これらの幕末の志士たちを演じるのも40歳前後の役者さんという感じかしら。
36歳も35歳もOKよね(笑)。
[PR]
Commented by yui at 2009-04-17 23:15 x
エリさま、こんばんは。
武市半平太については、堺さんが以前、何かのトーク番組(スタパだったような?)演じてみたい役と仰っていたような記憶があるのですが、うろ覚えなんですが。 岡田以蔵で殺陣を十二分に披露して頂けるとか、とにかくも、『龍馬伝』を観続ける決定的な動機付けに期待したいですね。

今日は、二条城に出かけて幕末を感じてきました。江戸に戻ってしまった慶喜と勝海舟の会見の場面は、「組!」でもお気に入りです。平さんの慶喜もブラックで良かったんですけど。野田さんの勝三はカッコ良かったです。
Commented by yui at 2009-04-17 23:19 x
すみません!

↑ 勝三:::勝さん です。
Commented by eri-seiran at 2009-04-18 07:04
>yuiさん
おはようございます。

演じたい役として武市半平太を堺さんが挙げられたのを私も観て印象に残っています。だって武市を挙げる人ってあまりいそうにありませんも。
先ほど記事に書きました速水医師を観て、改めて武市は良いだろうな~観たいな~と思いました。しかし今回は年齢的なものを考えると難しいかな~と。
勝海舟もいいですね。私も『組!』での江戸に戻ってきた慶喜と勝のやりとりのシーンは好きです。勝海舟もいつか堺さんにやってほしい役です。
中岡慎太郎もいいかもしれないと思ったりしています。自分が中岡が好きという理由だけなんですけれどね。
もう幕末はいいわ。戦国に出てほしいなと思っていましたが、こうなってくるとやっぱり出てほしいです。そろそろ副長にも出てほしいんですけれどね。大河ドラマで二人のツーショットが再び観られるなら何でもいいですという気持ちになってきました(笑)。

Commented by 春の月 at 2009-04-20 12:58 x
脇から失礼しますm( _ _ )m

堺さんの武市発言は『組!』の座談会でしたね。
三谷の「他に演じたい人物は?」と聞かれ、
“他の試衛館メンバーで”という雰囲気でしたが、「武市半平太」と空気読めない発言で(笑)
確かに『組!』にも武市は登場しましたけど…(^_^;)
そして、「また切腹かよっ!」突っ込んだものです。

でも、ああいう野望を持つ策士的な役柄も見てみたいですね。
以蔵を見捨てる冷徹な部分とか。

しかし、ここは温存して2年後くらいに戦国物に出て欲しいですね。
石田三成(斬首)か明智光秀(惨殺)が希望なんですが(笑)

Commented by eri-seiran at 2009-04-20 18:48
>春の月さん
確かテレビで放映された座談会の方でしたよね。
私も何で武市なんだ?と『組!』のキャラクターでないの?と突っ込んでしまいました。それだけ関心があるし、演じてみたいんでしょうね。DVDの方では斎藤一だと発言した分が入っていましたね。『組!』のキャラクターということで言い直した分なんでしょうね。

戦国であれば、石田三成や明智光秀、私も賛成です。いいでしょうね。どちらも観たいです。
それにしても武市に斎藤、石田に明智、相通じるものがありますね。
by eri-seiran | 2009-04-17 22:08 | エンターテインメント | Comments(5)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧