第三十五回俳優祭 其の壱

約2年前にテレビで第34回『俳優祭』を観て、記事でこんなことを書いていました。

生で観たら、めちゃくちゃ興奮して、とても楽しいだろう。
一度でいいからいつか行ってみたいな。


と言うことで、実行してきました。
第35回『俳優祭』の昼の部に参加して、興奮し、楽しんできました。

歌舞伎ファンの先輩で、俳優祭は経験済みの七織さんから、動きやすい服装が良いこと、劇場に入ったら金券を購入すること、プログラムで模擬店の場所をチェックしてどのように回るか予め考えておくこと、戦だから覚悟していることなど電話で事前に教えてもらいました。
ワクワクドキドキ(笑)。
その七織さんと歌舞伎座の正面で待ち合わせ。
a0044916_22355025.jpg

まずは舞踊。立役による『狸八島』と女形による『おまつり』でした。
『狸八島』では立役者の人たちは鬘をつけず、白塗りをせず。いつもの公演では観られない舞踊。
屋号の掛け声もいつもより多く、威勢がありました。
女形による『おまつり』は白塗りをして鬘をつけて揃いの浴衣を着て、みんな綺麗だったわ。そんな中でも孝太郎姉さん、綺麗でした。惚れ直しました(笑)。
小柄で丸みがあって柔らかい体。ニコニコして、表情がとても素敵で豊かでした。可愛らしかった。
私が好きな理由を改めて確認した舞踊でした。

そんでもってニヤニヤしていたら、客席が動き出し始めました。舞踊が終わり、戦の始まり。出遅れましたよ。
まずは一番近い俳優祭Tシャツのお店へ。そこは平助こと勘太郎君と七之助君が店長。予想通りすごい人でした。一日前に婚約発表したばかりですしね。Tシャツは買う予定になかったので、勘太郎君を見た後は2階の歌舞伎座オリジナル大判どら焼売場へ。店長は仁左衛門さん孝太郎姉さん親子。すごい人でした。周りにもお店があるものの、ここだけがすごい。わからないけれど、とにかく並びました。自分、こういうのは苦手で、普通は並ばず、諦めるタイプなのですが、ここはそういうわけにはいかない。もう押し倒されるのではないかと思うほどでしたが、諦めない。そして諦めずに頑張ったお陰で仁左衛門さんから大判どら焼を買って、握手して頂きました。仁左衛門さん、どら焼を渡したお客さんに自分から握手してくださいました。とても暖かくて優しくて。お父さんにも惚れ直しました(笑)。人気があるのも改めてわかりました。
お父さんの隣では孝太郎姉さんが先ほどの格好で売っているではないですか。この人込みではそこには行けない。孝太郎姉さんと握手したいよ。しかしお父さんと握手したんだから、贅沢というものか。
大判どら焼は千円。私は金券を二千円分購入していたのですが、その半分を使ってしまいました。仁左衛門さん孝太郎姉さんが店長でなかったら、買って食べたいというものではなかったのですが(苦笑)。

残りについては、まず大判どら焼の近くで売っていた歌六さんのところのさくらアイスモナカを購入。食べ物であってもなくてもさくらがつくものに弱い私(笑)。しかしこれ、美味しかったです。そして1階に降りて、秀太郎さん・愛之助さんのドリンクコーナーへ。ここでドリンクを買うつもりでいたのですが、アルコールしかなかったので断念しました。だって寝不足など体調が今ひとつだったので。
色々とチェックしながら2階に上がり、再び孝太郎姉さんに逢いたいと思ったら、大判どら焼はすべて売り切れたようで、孝太郎姉さんもお父さんも居なくて店は閉まっていました。
とにかく何か買って食べなければということで、女形としては孝太郎姉さんの次に好きな芝雀さんのところでサンドイッチ、お隣のドリンクコーナーの左團次さんの所で亀鶴さんからウーロン茶を買いました。これで金券は無くなりました。絶対に外せないところは回り、一応お腹も膨らんだということで後はゆっくりと見て回りました。行く余裕はないだろうと思っていた地下食堂へ。歌舞伎座に足を運ぶようになって約2年ですが、地下食堂は初めて。そして地下食堂には捨助こと獅童さんのから揚げ&フライドポテトのお店がありました。山南ファンとしては捨助こと獅童さんから買わないといけない義務感があったのですが、自分の金券は無くなったし、から揚げ&フライドポテトは500円だけれど、金券を買うとしたら千円分買わなければいけないし。と言うことでごめんなさいして、席に戻り、次の演劇の開幕を待ちながら、先ほど仁左衛門差から買ったどら焼を半分頂きました。大きかった。仁左衛門さんから買ったどら焼はとても美味しかったです。

初めてのことで回り方、買い方など色々と反省もありますが、仁左衛門さん孝太郎姉さんのお店で買えたし、握手も出来たし、たくさんの役者さんたちを近くで見られたし、初めての参加にしては合格点でしょう。とても楽しかったです。
[PR]
Commented by 七織 at 2009-05-01 23:27 x
俳優祭、おつかれさまでした!
エリさんのおかげで無事参加することができ、感謝しております。
私にとっては久々の俳優祭でしたが、相変わらず楽しくて、やはり自分は歌舞伎とそれを取り巻く全てのものが好きなんだということを再認識しました。

私も俳優祭レポ、すぐにでも書きたかったのですが、いろいろあって遅れております。内容はエリさんとほぼ同様なんですが……(笑)。
また、このような機会があったら参加したいですね!!
Commented by eri-seiran at 2009-05-02 16:41
>七織さん
お疲れ様でした。こちらこそ、色々とお世話になり、感謝しております。一人であればどうなっていたことやら。
俳優祭、本当に楽しいですね。こんなに楽しいものだとは思いませんでした。無理して行った甲斐がありました。
そして私も何故に孝太郎さんが好きなのか、何故に歌舞伎にはまったのか、再認識しました。お父さんにも惚れ直しました(笑)。同じ歌舞伎・松嶋屋ファン、これからも一緒に応援し、歌舞伎を楽しみましょうね。

仕事がちょっと大変な状態であり、しかしこれは記事にしておきたいと思い、演劇の方もやっとアップすることができました。書きながら色々と思い出し、一人でニヤニヤしていました(笑)。
七織さんのレポ、楽しみにしております。
by eri-seiran | 2009-04-30 22:36 | 歌舞伎 | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧