秋田の美味しい物

旅と言えば、地元の美味しい物を頂くことも食いしん坊の私にはとても楽しみであります。
今回の秋田の旅は友だちと一緒と言うこともあり、自分は予習をしていませんでした。
東北だから酒が美味しいだろうなとか、秋田だからお米が美味しいだろうなとか。秋田に行ったことがある人から稲庭うどんという細いうどんがあるということを教えてもらったくらい。
しかし現地に入ると驚くくらい美味しい食べ物がいっぱいありました。予想以外に美味しくてびっくりしたものをちょっと挙げておきます。

いぶりがっこ
友だち二人が「がっこ」「がっこ」と叫んでいたので、「学校がどうしたんだ」と思っていたら秋田では漬物のことをがっこと言うそうです。本当に予習不足でごめんなさい。
大根や人参を桜や楢の木で数日間にわたって燻し、その後に米糖に漬け込むそうです。
自分へのお土産用に買って来ましたが、酒のツマミとなりすぐになくなってしまいました。

★お味噌汁
どこで食べても美味しい。
多分にお味噌が美味しいんだろうと思いました。と言うことでお味噌を買って帰って来ました。
しかしまだ以前から使っているお味噌が残っているので秋田のお味噌を使ってのお味噌汁が作れていません。
以前の私は味噌汁の具はすべて食べますが、汁は飲みきれなくて半分ほど残す人間でした。しかし1年ほど前から最後まで飲めるようになったのです。これはすまし汁も同じ。どんなスープにしても同じ。
でもお味噌汁が一番おいしい。大好き。

★マイタケ
歯ごたえがあって香りがよかった。
乾燥して安くで売っていたのでお買い上げ。先ほどのお味噌でお味噌汁を作れば美味しいマイタケのお味噌汁ができるはずなんです。

★枝豆
1泊目の鶴の湯温泉の夕食で出た枝豆が美味しくて叫んでしまいました。これは私ばかりでなく、二人の友達も。こんなに美味しい枝豆がこの世にあるなんって。
これは秋田の湯上り娘と言うらしい。
夏はお風呂上りにビールとこの枝豆といぶりがっこがあったら良い。

★生もろこし
もろこしがお土産さんで売っているのは気づいていたのですが、他のお菓子などに比べて目立っていなかった。
宿から空港に向かうタクシー(この旅行のパックで送迎がついていたのです)の運転手さんがもろこしが美味しいと教えてくれてとうもろこしが美味しいのかと思っていたら、もろこしのことでした(苦笑)。それも生もろこし。
空港に向かう途中、生ころしのお店 唐土庵に寄ってくれました。
そして試食をして女3人とも叫んでしまいました。
なんと美味しいんだろう。なんと上品な甘さなんだろう。
良かった。親切な運転手さんで。
甘い物はできたら控えているのにそんなに買ってどうするだと思ったのですが、あまりの美味しさに思わず買ってしまいました。そしてもう今では殆どありません(汗)。
これは最後の最後にかなりのヒットでした。
インターネットで注文できるそうなので、また買おうと思っています。

他にも比内地鶏、稲庭うどん、酒、きりたんぽ、そばなどなど美味しかった。美味しすぎる。
東北は良い。大好きです。
また行きたいな。
[PR]
by eri-seiran | 2009-08-29 15:03 | | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧