自分探しの旅~其の壱~

海外旅行に初めて行ったのが20代後半でした。
それまで日本で行ったことがない所もたくさんあるのに海外なんって、まずは日本よという考え方でしたが、友人に誘われて初の海外旅行でオーストラリアに行ったら、考えが変わりました。スケールが違う。日本は年老いてからも行ける。まずは海外よ!海外!それ以後、バリ島、シンガポール、アメリカ(ロサンゼルスとサンフランシスコ)、再びオーストラリア(友人がシドニーにいたことと、パラリンピックを見るため)、カナダ(友人がカルガリーにいたのでカルガリーとバンクーバー)、イギリス(友人を訪ねてロンドン)へ行きました。
そして今後、生きている間に行きたい所として、北欧(デンマーク・スウェーデン・フィンランド・ノルウェー)、スペイン、ニューカレドニアがベスト3で、フランス、イタリア、韓国、香港、タイ、ケニア、トルコ、アメリカの東、カナダの東、再びオーストラリアの西(パース)などがありました。これは2009年夏の時点です。

しかし今回行った所はニュージーランドで、私が行きたい国のベストテンに入っていなかったんです。行きたくない国ではなかったのですが、自分が行きたい国を挙げていくと、ベストテンに入らず。
理由としてはオーストラリアに2回行ったので、そこに近い国だからいいかという感じ。しかしこれは、ニューカレドニア、またオーストラリアも3回目でありながらパースに行きたいと考えているから、あまり理由にならない。大きな理由としてはニュージーランドについてあまり知らなかったということかもしれないです。
それならば、何故にニュージーランドに行くことになったかと言うと、昨年の4月からこの3月の1年間の間に1週間ほどの長期の休みが取れることになり、本当は秋にデンマークなど北欧に行く予定にしていたのですが、色々とあってキャンセルとなり、その後、仕事が忙しくて行けず、行けるような時が2月の前半しかなく、この時季に北欧とか、ヨーロッパは寒いからやめておいた方が良いと言われ、この時期で暖かいハワイとかニュージーランドを旅行会社に薦められたのです。心が荒んでいたので、そんな状態の時は寒い国に行くより、暖かい国の方がいいかな?と思い、オーストラリアも暖かいのですが、せっかくだし初めての国にしようと思い、ハワイは行きたい所ではなかったので、ニュージーランドにしました。

ニュージーランドについてはオーストラリアの隣の島、英語圏、大きなふたつの島から成る、首都はウェリントン(なかなか出てこない時もあるが)ということくらいしか知りませんでした。
今回行くに当たって色々と調べて何が一番驚いたかと言うと、ニュージーランドの人口が約432万人。初めは首都の人口だろうと思っていました。この人口はほぼ静岡県の人口だそうだ。国土の面積は日本の4分の3だそうで、そこに一つの県の人たちが住んでいるということはとても豊かな国だと思う。そんでもって羊は4千万頭だそうで、また後の記事で紹介しますが、クライストチャーチからクイーンズタウン、クイーンズタウンからミルフォード・サウンドへの移動は車で、羊はこれでもか!これでもか!というほど車窓から見ましたよ。

今回は一人旅ですが、旅行会社のパックで食事・観光なしで、空港とホテルの送迎あり。ホテルのチェックインは旅行会社の方がしてくれる。オプションでミルフォード・サウンド観光を付けました。ニュージーランドでの滞在先はクライストチャーチ・クイーンズタウン・オークランド。2月1日から8日までの8日間の旅ということになっていますが、日本を出立するのは1日目の夕方であり、ニュージーランドを出立するのは8日目の朝早くなので、ニュージーランドに滞在したのは丸6日間という感じです。

1月31日に仕事を必至で片付け、クタクタで帰ってから必至でパッキングをほぼ済ませて休憩していると、私が成田発のニュージーランド航空で行くと知っている知人からメールが来ました。
ニュージーランドに行くのは今日でした?2月1日でした?飛行機のタイヤから煙が出て空港も閉鎖されていますと。この人は何を慌てているのだろうと思いながらも明日の飛行機ですと返信をした後にインターネットで調べて見ると、成田発オークランド行きのニュージーランド航空の飛行機が離陸時に急ブレーキをかけてタイヤから煙が出たとのこと。私が翌日に乗る予定の便でした(汗)。知人が慌てたはずだ。心配してくれてありがとう!
関西人の私にとっては関西空港発が便利だったのですが、関西空港では月と火がニュージーランド行きがなし。しかし仕事の関係でどうしても2月1日(月)発の飛行機で行きたかったので、成田発にしたんです。

2月1日、伊丹空港14時10分発の飛行機で成田空港へ。成田空港は初めてで、ここからすでにスケールが違う、インターナショナルだ!広い!広い!!飛行機が滑走路に着陸してからゲートまでの移動に時間の掛かること、掛かること。
成田空港に着くと、国内線から国際線に移動すると、ニュージーランド航空カウンターはすごい列でした。昨日のトラブルで飛行機が飛ばなかったので、昨日に出発できなかった人たちもいてかなり混雑しているようでした。やっと自分の番が回ってくる(1時間近く掛かった)と、今日は満席(昨日の方々のキャンセル待ち)で明日の飛行機に変更してくれるとビジネスクラスに乗れると案内されました。そりゃ~庶民としてはビジネスクラスに一度は乗ってみたいですよ。しかし限られた休みと予定(空港にお迎えが来ている)が決まっている人間にとっては断るしかない。
久し振りの日本脱出で、初めての成田空港だったので、ドキドキものだったのですが、無事に出国審査もパスして、ニュージーランド航空90便に無事に乗れ、成田空港を出立したら、後はもうどうでもなれという感じでした。

11時間の飛行時間。楽しみは食事と映画ですが、映画はこれと言って見たいものがなく。
食事は白身魚をメインにしたものを選択。食事はこんなものかという感じでしたが、ニュージーランドの白ワインが美味しかったです。ボトルでほしかったな。
前回、イギリスに行った時は席が真中ということもあってか、殆んど眠れず、沖田総司を主人公にした小説を殆んど読み切ってしまいましたが、今回は通路側で、お手洗いに行きたい時に行けて、後はガイドブックで行く所やレストランなどをチェックし、そして3時間ほどは眠れたと思います。
眠った後は再び楽しみの食事。朝食は卵をメインにしたものを選択。
予定では2日の10時にクライストチャーチ着でしたが、ちょっと遅れたと思います。
ニュージーランドはオーストラリアと同じように食べ物を持って入国する時には申告しなければならないので、面倒くさいので持って入国しないようにしようと思っていました。しかし飲み薬なども申告しなければならないとのこと。しかし入国カードには薬を申告する所がない。アテンダントに尋ねたところ、薬は食べ物に入るんですって。それならば食べ物も持って入国しても同じだったんだということに気付きました。薬はパスできない。現地で買うのは不安があるし、頭痛薬は日本でも常に持ち歩いているし、胃腸薬や風邪薬は持って行っておかないと不安があるし。普通、海外旅行となると、薬って持って行きますよね。
入国カードに食べ物に持っている所にチェックしているので、何を持っているのか?と尋ねられ、薬と答えると、どんな薬かと尋ねられたので頭痛薬とか胃腸薬とか答えたら、再び尋ねられ、しかし何を尋ねているのかがよくわからなかったので、鞄に入っている薬を見せたら、それでOKとなり、無事にニュージーランドに入国でき、空港に迎えに来てくれていた旅行会社の方と会え、ホテルへ。 

                                         続く
[PR]
by eri-seiran | 2010-02-11 10:00 | | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧