自分探しの旅~其の四~

自分探しの旅~其の参~の続きです。

2月4日(木)ニュージーランド3日目です。
朝、5時台に起き、6時台に旅行会社の方がホテルに迎えに来てくれることになっていました。クライストチャーチとお別れして、車でクイーンズタウンへ移動。
某旅行会社において一人でも参加可能のニュージーランドのトラベルパックの中で今回のものにしたのは、車での町から町の移動があり、その途中に観光もできるということで決めました。ゆっくりと車窓からニュージーランドの景色を眺めるのもいいな~と思い。
サザンアルプス山脈を眺めながら、その最高峰であるマウントクック、そして新たな町・クイーンズタウンを目指して。
私、多くの人が乗っていて、バスで移動すると思い込んでいて、ワゴン車で迎えに来てくれて、乗っている人は私以外に二人連れの二組であり、これからバスに乗るところまで連れて行ってくれるんだと思っていたのですが、この車で移動するらしいということに車中で気付きました。運転手兼ガイドは日本人の方。
本日の移動距離は約600キロ。東海道新幹線の東京駅と新大阪駅間、また旧東海道の日本橋と京都の三条大橋間が約500キロとのこと。これを普通の車で観光をしながら、高速道路はクライストチャーチで少しだけ、それ以外は一般道路ということだからすごい。
走っている途中でガイドの方がこの信号機が今日見る最後の信号機ですと言われました。そうなんです。信号機がないんです。そして一般道路なんですけれど、時速制限100キロがざらにあり、80キロもあり、だから日本で言えば、高速道路を走っているようなものなのです。しかし一車線が殆んどでした。だから遅い車の方が注意を受けたりすることもあるそうです。

ジェラルディン
クライストチャーチを出発して2時間ほど経ち、9時頃、初めての休憩場所。ジェラルディンと言う町のカフェがあってお土産屋さんもあるパーキングエリアみたいなところで休憩。ここで朝食となり、サンドウィッチとカフェラッテにしました。
そしてニュージーランドの大きな地図を買いました。クライストチャーチからクイーンズタウンまで車でどの道を通ってどのように移動するのかを確認したかったから。自分の持っているガイドブックでは細かい道まで記されていなかったから。
ジェラルディンという町はこんな感じです。
a0044916_1145457.jpg

日本でも見かけるガソリンスタンドにハンバーガーショップ。

デカポ湖
再び車で1時間以上移動して、デカポ湖へ。多分に10時半頃だったのでは。
a0044916_1162829.jpg

デカポ湖です。
氷河が溶けて流れ込んだ湖水。天気も良くて、空の青さが湖に加わり、そして山も青く、綺麗でした。
湖畔に佇む善き羊飼いの教会です。
a0044916_1172135.jpg

日本から結婚式を挙げるために来られるカップルも多いとか。

私、事前によく調べていなくて、羊飼いの教会という文字だけ見ていたようで、ここの教会では羊が見られると思っていました(苦笑)。羊はいませんでした。

マウントクックまでさらに車で1時間以上移動。途中、景色が良い所で車を停めてくださり、写真撮影。
a0044916_1184411.jpg

湖の向こうに見えるのがサザンアルプス山脈で、雪をかぶった白い山がマウントクックです。

マウトクック国立公園
12時頃にマウントクック国立公園にあるハーミテージホテルに着きました。
a0044916_1195288.jpg

今日はランチが付いていました。このホテルのレストランのバイキング。日本人の多いこと。一緒に来られた方々と同じテーブルで頂きました。バイキングだから食べる、食べる、食べました。
ランチの後のスケジュールはそれぞれに違います。
一組はこのハーミテージホテルにて一泊するそうです。もう一組は遊覧飛行を楽しんでからクライストチャーチの再び帰るそうです。ちなみにここマウントクックはクライストチャーチとクイーンズタウンの距離の真中辺りにあります。
そして私はここではフリーで、14時に車に乗ってクイーンズタウンに向かいます。私が乗ってきた車はクライストチャーチに帰る人たちを乗せてクライストチャーチへ。私はクイーンズタウンからやって来た車へ。
私は早々とランチを終え、お先に失礼しますと言って、まずはトイレへ。
ガイドさんからこのトイレについて車中で注意を受けていました。手を洗う所は鞄を置きたくなりますが、置かないようにしてください。濡れますよ。見たらわかります。
これが手を洗う所です。
a0044916_11101957.jpg

鞄を置きたくなるわ。
水が前に流れてこないのかと思うのですが、見た目にはわからないように流れてほしい反対方向が低くなっていると思うのですが、自然に反対方向に流れていきました。

その後は集合時間の14時まで約1時間ほどあったので、ハイキングコースを途中まで歩くことにしました。25分ほど歩いてUターンして戻って来ました。景色はこんな感じです。
a0044916_11113725.jpg

奥に見える雪を被った山が標高3754mのマウントクックです。
そして歩いた道はこんな感じです。
a0044916_11121116.jpg

a0044916_11122449.jpg


クイーンズタウンからマウントクック国立公園に向かう途中、天気が良くても国立公園に着くと天気が悪いことも良くあり、天気が良いのと悪いのでは悪い確率が高いそうで、国立公園に2~3日宿泊してもきれいにマウントクックも見れないことも多いそうで、今日は本当に天気が良く、ラッキーだったようです。旅行の神様、ありがとう!

14時にロビーに行くとクライストチャーチから乗って来た時の運転手兼ガイドさんと、これから私が乗る車の運転手兼ガイドさんがいらっしゃいました。そしてクイーンズタウンに向かうのは私以外に年配のご夫婦2組。昨夜はこのホテルに泊まられたようです。私もオプションでこのホテルに1泊できることもできたのですが、値段が高かったのでやめました。それからここで一緒になった年配のご夫婦の一組とは後で色々とお世話になることに。

日程表や写真を見てみると、ここから1時間ほど走ってオマラマという所で休憩をしたようですが、殆んど覚えていない。ここでトイレに行ったのか、飲み物を飲んだのかとか。休憩をした建物は写真からここだったようです。
a0044916_11163061.jpg


リンディス峠
オマラマから走ること1時間半ほど。絶景ポイントです。
a0044916_11164995.jpg


クロムウェル
リンディス峠から走ること1時間ほど。クロムウェルはフルーツの街だそうで、様々なフルーツや自家製ジャムが売っているフルーツショップで休憩でした。
私は大好きなバナナ(ニュージーランドに来てから食べていなかったので飢えていた)、オレンジ、アップル、またドライフールツを買いました。ドライフルーツは今でも冷蔵庫の中に入っていて、毎日、少しずつ頂いています。
大きな並木道の一本道。
a0044916_11181869.jpg

この道を通ってきたのです。

クイーンズタウン
クロムウェルから走ること1時間ほどで本日の目的的地に着きました。
ホテルはコプソーン・ホテル&リゾート・クイーンズタウン・レイクフロントです。町の中心地から15分ほどということだったのでこのホテルになった時にはそのくらいだったら大丈夫と思っていたのですが、すごい坂があるではないですか。町の中心地に行く時にはいいのですが、帰りが大変そう。ガイドの方も帰りが大変ですよと言っていました。
チェックインしてから、夕食はどこで食べるかと悩み、ガイドブックを見て食べたいとチェックしていたお店に行くことにしてホテルを出た所、途中でガイドブックを持って来るのを忘れていることに気づきました(苦笑)。ガイドさんからもらったクイーンズタウンの簡単な地図はあったので迷子になることはなかったのですが。レストランはこの辺りだったと思う所をウロウロと歩き回りましたが、見つからず。もう一つ、ここで食べたいなと思っていた所は見つかったのですが、高そうだし、なんか一人では入りにくい感じ。それで諦めてというか、これも実行したかったので、そちらに変更。地元のスーパーに入って購入してホテルで食べる。海外旅行に行って実行したいひとつに地元のスーパー見学。どんなものが売っていて、安いか、高いかをチェックすること。
しかしチェックする余裕はあまりなく、夕食に何を買うか、迷いました。結局、野菜サラダとジャガイモ1個の中にマッシュポテトが入ったもの、そしてパン、ワインを買いました。他にもミネラルウォーター。ニュージーランドは水道から普通に飲んでも大丈夫とのことで、クライストチャーチで少し飲んでみたのですが、自分、胃腸にあまり自信がないのでミネラルウォーターにしていました。
ワインにミネラルウォーターという重いものを持って坂を登るのはきつかったです。その時に撮影したものです。
a0044916_11185112.jpg

20時45分くらい。

そして夕食はこんな感じです。
a0044916_1119781.jpg

マッシュポテトでお腹一杯になり、サラダも量が多く、パンはなくても良かったようです。ワインは一人で飲み切れるもの、安いものにしたから、さすがにこれまでと同じような美味しいさは感じられなかったです。マッシュポテトがおいしかった。
[PR]
by eri-seiran | 2010-02-19 11:24 | | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧