カテゴリ:エンターテインメント( 143 )

朝から寝不足と号泣です。

日曜日の25時10分から衛星ハイビジョンで再放送されている連続小説ドラマちりとてちんは予約録画をしております。毎週、自動的に予約録画されるように設定してありますが、放映時間に変更がないかなど確認してから日曜日の夜は寝るようにしております。そして次の放映があるまでに1週間分(6回分)を見ております。見れない日もあるのですが、だいだい1日に1~2回。多い時で3回。しかし前回は水曜日までに見終り、次の放映を楽しみに待っていたのです。つまり昨日の25時10分です。
だっていよいよ『蛙の子は蛙』の週なんですもの。そうです。私がしっかりと見るようになってはまった週。草原にいさん@桂吉弥と四草@加藤虎ノ介の登場。朝から号泣した週です。

昨夜は予約録画を確認して0時過ぎに就寝。しかし4時過ぎに目が覚めちゃった。もう予約録画は終わっている。そう思ったら寝ていられなくて、起きて一気に6回分(1時間30分)見ちゃいました。
九官鳥の平兵衛が崇徳院を喋り出し、慌て、そして師匠や落語への思いが溢れ出して泣く四草@加藤虎ノ介に号泣でした。

睡眠不足で仕事までもう少し眠れるのに、気持ちが高ぶって眠れない。しかも号泣して疲れております。
それに6回分、一気に見ちゃったので次回の放映まで待ちきれないです。次回も一気に見て号泣は間違いなしだわ。

改めて見て本当に素晴らしい作品だと再確認しております。


*公式サイトを覗いたら、次回は25時30分からの放映だそうです。
[PR]
by eri-seiran | 2010-05-10 09:09 | エンターテインメント | Comments(2)

てれび番組

4月になって予約録画をしてまで必ず見ている番組がいくつかあり、以下の通りです。

連続テレビ小説ちりとてちん(再放送)
連続テレビ小説ゲゲゲの女房
八日目の蝉
チェイス~国税査察官
大河ドラマ龍馬伝

『ちりとてちん』は念願の再放送です。
私は第6週の『蛙の子は帰る』からきちんと見るようになってはまったのでしたが、今、最初からきちんと見て第5週までいかにいい加減に見ていたのかということと、なんって素晴らしいドラマなんだと再確認しております。

『ゲゲゲの女房』は、連続小説ドラマとしては『ちりとてちん』以来、予約録画して見ています。『ちりとてちん』もそうですが、ちょっとだけ昔の物語って登場する人たちの温かさが伝わってきていいな。

『八日目の蝉』は第1回を見た時に主人公を演じる壇れいさんの演技と薫ちゃんを演じたあの赤ちゃんの演技にやられていましました。

『チェイス~国税査察官』は龍馬におりょうさんが出ているということで、『組!』ファンとしてはパスするわけにはいかない。そしたらお富さんも出ていた。それからARATAさんも好きな役者さんです。

『龍馬伝』は見ていますよ。見ています。今日の分はまだだけれど。

こうして挙げるとすべてNHKなのですが、今日、日曜劇場『新参者』に夏川結衣さんと寺島進さんが出演するということで、今日は見てみようと思ったら、14時から第1回の再放送をやっていたので第2回の前に見ました。なかなかおもしろいじゃないですか。これも毎週、予約録画して見ることにしたので、予約録画をする番組が増えました。第1回では源さんが出ていたし。次回は河合君が出るようですし。『ゲゲゲの女房』おける『組!』チームではないですか。
『ゲゲゲの女房』と言えば、茂さんも出ているではないですか。
それから本日の修平役の人、何かで見たことあるな~と思っていたら、昨夜の『チェイスー』でのリャオではないですか。
夏川結衣さん、可愛らしい健気な女を演じていたな。

それからスペシャル番組として18日に放送され、予約録画していたBshiでのハイビジョン特集『中村芝翫~歌舞伎ひとすじ八十年~』を今日、見ました。ひとつのことを八十年やってきたということ、そこに妥協は許さない、そしてトップに立つものとしてまとめていくこと、伝えていくこと、すごいな~と思いました。それから歌舞伎の勉強にもなりました。そうなのか!ということが結構ありました。それからそれから孝太郎姉さんも結構映っていましたよ。そこかい!
見ていたら、やっぱり予定がわからなくても3月の時点で4月の歌舞伎座のチケットを取って行けばよかった、行きたかったと後悔でした。
それから数日前、何気なくチャンネルを変えていたら、どこかで聞いた声。孝太郎姉さんと仁左衛門さんでした。これもBShiで待ってました!歌舞伎座クライマックス『伊勢音頭恋寝刃』でした。慌てて録画しましたが、始まって約10分程は経っていたようですが。

と言うわけで、最近、見ているてれび番組はこんな感じです。
[PR]
by eri-seiran | 2010-04-25 22:33 | エンターテインメント | Comments(0)

祝・『ちりとてちん』再放送決定!

連続テレビ小説『ちりとてちん』放映後、大河ドラマ『新選組!』ファンの方にお逢いすると、確率的に半数以上が『ちりとてちん』ファンだったりします。
相通じるものがあると思う。いやあります。出演者同士がとても仲が良かったり、一人ひとりのキャラクターがとても大事に描かれていたり等など。

今回の山南忌での懇親会にてテーブルがご一緒だったヨモさんと話をしている中でお互いに『ちりとてちん』ファンということで盛り上がりました。
そのヨモさんから教えて頂きました。

『ちりとてちん』の再放送!

山南敬助によるこの縁に改めて感謝。
NHK衛星ハイビジョンで、毎週日曜深夜(日付上は月曜)に毎週6本ずつ(1週分ずつ)でまとめての放送だそうです。
初回放送の放送は4月4日(日)深夜1:10~2:40(日付上は月曜)。

詳しいことはNHKのドラマトピックスより
再放送を記念して復活した『ちりとてちん』のサイトより

『組!』ファンの中には途中から見てからファンになったという方も少なくないようですが、『ちりとてちん』が私はそうでした。
全く見ていなかったわけではないのですが、見れたら見るという感じで、それも朝の用事をしながら。
きちんと見始めたのが、そろそろ山崎こと桂吉弥さんが出るからという時でした。第6週から第7週の2週間、バラバラになっていた4兄弟が再会し、寝床で落語会を開く。もう涙なしでは見られなかったです。
ということで、最初の方はちゃんと見ていないし、だから完全保存版は持っていない。
そんなわけでいつかいつか再放送をしてくれるのを待っていたんです。それならばDVDを買えよということなんですけれどね(苦笑)。これについてもずいぶん悩んだんですよ。
最近、最初からきちんと改めて見たいな~と思い、レンタルしようかな~と思っていたところでした。

インターネットでの再放送の発表が3月4日。
私が『ちりとてちん』のふるさとである小浜を訪れたのが3月1~2日。
私が小浜を訪れていた時にはすでに決まっていたんでしょうね。私は呼ばれて行ったんだ。
今でも『ちりとてちん』をとても大切にしていると感じられた小浜。再放送が決定して今は盛り上がっているのではないだろうか。
私はとてもとても盛り上がっています。いまだに仕事は大変な状況ですが、これで3月は乗り越えられそうです。
[PR]
by eri-seiran | 2010-03-19 09:35 | エンターテインメント | Comments(2)

『龍馬伝』のキャスト 其の五

平成21年(2009)12月23日の夕方、私は江戸に向けて出立できるのだろうかとかなり不安でしたが、多分に大丈夫だと思う。

NHK大河ドラマ・ストーリー龍馬伝 前編は発売日にゲットしたものの、ペラペラしか見ていませんが。
日曜劇場 JIN-仁―の最終回も見れていませんが。
最終回の視聴率25%突破ですか。続編要望も出てるんですか。
良かったもんな。私の中では今年のドラマの中でベスト1位だと思う。

さて最終回は江戸から帰って来てからに見るとして、仁が終わったら、『龍馬伝』です。
その『龍馬伝』にて楽しみにしていた中岡慎太郎を演じる役者の発表があったそうで。
と言うわけで、明日からの江戸行きのパッキング途中でしたが、中断です。

上川隆也さんですって。
うん、良いと思う。
上川隆也さんと言うと、1997年の大型時代劇スペシャルの『竜馬がゆく』で竜馬を演じているんだよな。この『竜馬がゆく』は好きで、とても印象に残っていますが。

小説『竜馬がゆく』もなかなか読めませんが、明日からの江戸に向かう新幹線の中で読もうと思って、カバンに入れました。
では再びパッキングに戻ります。
[PR]
by eri-seiran | 2009-12-22 21:58 | エンターテインメント | Comments(2)

ドラマ『JIN-仁―』

TBS日曜劇場ドラマ『JIN-仁―』は現代に生きる主人公が私の大好きな幕末にタイムスリップして、幕末のヒーローたちも登場するということで、見始めたドラマですが、良い。とても良い。私の中で今年のドラマ部門第1位かもしれない。とは言っても5位くらいまでしか決められない数しかドラマは見てないが。でも良い。ダントツだ。毎回、ウルウル状態です。思っていたほど幕末のヒーローたちは出てこないけれど、そんなことどうでもいい。また仁が江戸でこんな状態の時、京で山南たちが何をしていようかそんなことどうでもいい(苦笑)。

このドラマの良さは登場する人物一人ひとりが丁寧に描かれていること。またそれぞれの心情を上手に表現している。痛いほどよく伝わってきて涙です。例えば第8話の恭太郎とか、昨日の第9話の野風とか。もう切なくて。
橘恭太郎、キャラクターの中で一番好きかもしれない。山南ぼっい。

一人ひとりが丁寧に描かれていること、それぞれの心情の描き方のうまさなど、大河ドラマ『新選組!』と同じだ。
だからその人物が好きになり、演じている役者さんが苦手だったとしても好感が持てるようになったり、知らない役者さんであったら調べたりするわけで。
『組!』の時は苦手だった役者さんと言うより、苦手だった隊士に好感が持てるようになりました。例えば伊東甲子太郎先生とか、武田観柳斎とか。

そして一人ひとりが大事に描かれているから、歴史って名を残した人たちだけが作ったんではないんだよ。その時代を生きたすべての人たちによって作られたんだよということを実感できるドラマなんです。
自分も歴史を作っている一人なんだと改めて思いました。
山南敬助&新選組が作った歴史を引き継ぎ、私も作っているんです。
そこかい!

またこのドラマにて救われた台詞があります。

神様は乗り越えられる試練しか与えない

この言葉を支えに、自分は乗り越えられると信じて、頑張っている今日この頃です。
[PR]
by eri-seiran | 2009-12-07 21:00 | エンターテインメント | Comments(2)

『龍馬伝』のキャスト 其の四

2日前の3日(火)の夜に当ブログのアクセス状況をチェックしてみたら、記事をアップしてから数日経っているのに、話題性のある記事をアップしたわけでもないのに、その日と前日、いつもの倍以上のアクセスがある。このような時は大河ドラマ『龍馬伝』の新たなキャスト発表など『龍馬伝』において何か新たな動きがあった時であり、私は皆様方のアクセスによって『龍馬伝』の情報を知ることができている状況であり、お礼申し上げます。そしてせっかく来てくださっているのに自分は新しい情報に触れておりませんで、すみません。情報はこちらより

これはスルーするわけにはいかないので遅れ馳せながら触れておきます。
新たなキャストの発表が2日にあったそうです。
『ちりとてちん』から若狭こと貫地谷しほりちゃんに続いて草々こと青木崇高君が土佐の後藤象二郎ですって。自分、後藤象二郎について勉強不足で、だからイメージもなく、だからあの人がいいな~とかいうものもなかったんです。
後藤象二郎は天保9年(1838)生まれだということで山南敬助より5歳年下ね。そんなこと、このドラマでは関係ないけれど(苦笑)。土佐藩の人ね。土佐勤皇党の弾圧した人ね。龍馬を語る上ではキーパーソンよね。楽しみだわ。

そして我らが『組!』からお二人登場。殿内義雄こと生瀬勝久さんが長州の吉田松陰、伊東甲子太郎こと谷原章介さんが桂小五郎ですって。二人とも長州ですよ、長州(苦笑)。
吉田松陰、殿内同様にまた早くにさよならか。谷原さんの桂小五郎はいいかも。
こうなったら長州組は『組!』のメンバーでどうか。そしたら演じる前から長州組の結束力は強くなりますよ。

その長州の高杉晋作とか、好きな中岡慎太郎とか、重要人物の発表がまだでして、まだまだ期待しております。
四草こと加藤虎ノ介さんの登場はないのだろうか。

また『龍馬伝』のサイトもオープンしており、特別展『龍馬伝』の場所や日程も決まって発表になっているではないですか。
こんな時から決まっているんだ。『組!』の時もそうだったのかな?
京都展は京都文化博物館ですって。『組!』の時もここでした。6月19日から7月19日まで。『組!』の時もこのくらいの時期でした。2回も行ったけ。
今回は2回も行かないかもしれませんが、1回は必ず行きますよ。
[PR]
by eri-seiran | 2009-11-05 11:58 | エンターテインメント | Comments(0)

ゆっくりした朝に

先週の金曜日に名古屋で迎えた朝以来、久しぶりにゆっくりした朝です。
今日はお昼前から仕事です。

今日の朝はめずらしく芸能情報をチェックしておりました。
だって昨日に平助こと勘太郎君が結婚式を挙げたということを昨日の夜に知りまして。
勘太郎君、おめでとうぎざいます。
そうか、月末にすると歌舞伎関係者も出席できますものね。主な出席者の名前には仁左衛門さんの場前も。
そして総司こと藤原竜也君もインタビューに嬉しそうに答えているではありませんか。捨助こと中村獅童君も出席。こちらは『組!』関係と言うよりは歌舞伎関係ですね。

と言うことで朝から普段は見ない番組を見ていたのですが、チャンネルをそのままにしていたら映画『沈まぬ太陽』について紹介され、見入っていたところ、あの悲惨な斜面を登っているのは佐山達哉@堺雅人ではないか?えっ!何故にあなたがいるの?見間違い?いや~やっぱりそうでした。
映画『沈まぬ太陽』でも日本航空123便の御巣鷹山への墜落事故のシーンがあり、そのために去年公開された映画『クライマーズ・ハイ』でもこの事故については描かれているという説明のためでした。
さて映画『沈まぬ太陽』はちょっと興味を持ちました。今週末はゆっくりできそうなので見に行こうかと。

それから『沈まぬ太陽』と言えば、原作者は山崎豊子さん。その山崎豊子さん原作の『不毛地帯』がドラマ化されているとのことで。
見ようと思い、初回は予約録画したのですが、見る余裕がなくて見れていません。しかし今日の第3回は予約録画して見ます。だって加藤虎ノ介君がご登場とのこと。虎ノ介君が第3回に登場するということは早くに情報を得ていて、だからこそ、このドラマは最初から見ておこうと思ったのですが、初回も見ていない私、また何故に初回を見ようと思った一番の理由も忘れていた私は第3回もスルーしてしまうところでした。昨夜、たまたまテレビにてこのドラマの宣伝を見て、加藤虎ノ介君の姿も見て思い出した次第です。危ない、危ない。
そして虎ノ介君の事務所のサイトによると、11月18日スタートのCSプレミアムチャンネル「フジテレビNEXT」開局記念ドラマ「ニュース速報は流れた」に第6話から登場予定だとか。
また11月は東京の世田谷にあるシアター711にて『コルトガバメンツ』という舞台ですって。この人の舞台は観てみたいな。でも11月は東京に行く予定は全くないもんな。残念です。
[PR]
by eri-seiran | 2009-10-29 09:39 | エンターテインメント | Comments(2)

旅人@虎ノ介

この熱さは『新選組!』ファンと似ているんだよな。
『ちりとてちん』の再放送や続編を願ってファンより大阪と東京のNHKに千羽蜩が届けられたそうです。こちらより
『新選組!』も続編を願って署名運動があったなよな。
私も『ちりとてちん』の再放送を強く願う。
最初の方では観ていないところが結構あるんだよね(汗)。だから観たいんだよね。
DVDを借りればいいのですが。
やはり再放送を願う。

さて『新選組!』の中で一番愛すべき男が山南敬助@堺雅人ならば、『ちりとてちん』の中で一番愛すべき男は徒然亭四草@加藤虎ノ介です。
その虎ノ介君、NHKのこんなステキにっぽんがにご出演です。
事務所のサイトより

放映日時は次の通りですって。

NHK BSハイビジョン 9月15日(火)21:30 16日(水)12:30 21日(月)7:00
NHK BS2 9月18日(金)18:00 20日(日)5:30
NHK総合 9月22日(火)10:05


ドキュメント番組ですって。
旅人ですって。
虎ノ介君に逢える。
楽しみです。
[PR]
by eri-seiran | 2009-09-05 15:11 | エンターテインメント | Comments(0)

『龍馬伝』のキャスト 其の参

残業の日々でクタクタで栄養ドリンクを久しぶりに飲んだりして、22時過ぎに帰ってきて、記事を書いているような状況じゃないんですけれど。
来年の大河ドラマ『龍馬伝』のキャストの待ちに待った第二弾が発表されたそうです。

情報はこちらより
わ~い。早く観たい。自分のイメージと合った、またとてもいいかもと思ったのは、

大森南朋さんの武市半平太

それから

寺島しのぶさんの坂本乙女

大森南朋さんの武市半平太はすごく観たいです。なるほどなと思いました。
後、武市半平太の妻の富には奥貫薫さん。好きな女優さんだし、これもいいなと思う。
先日、記事で触れた近藤長次郎には大森泉さん。
『ちりとてちん』チームから喜代美ちゃんが登場で、千葉佐那役ですって。
そして気になっていた以蔵には佐藤健さん。すみません、どのような役者さんなのか分かっていません。ただとても若い役者さんなんですね。龍馬と以蔵の年齢差は3歳なのですが、福山さんと佐藤さんの年齢差は17歳だそうでその辺りはあまり気にしなくてよいのか。

全体的には観るモチベーションがさらに上がって来た配役と言ったところでしょうか。
なんだって『刑事一代』を観て、『官僚たちの夏』を観て、西郷隆盛@高橋克己がとても楽しみだったりします。
そして次の発表では中岡慎太郎とか、高杉晋作とか。
『組!』からも登場してもいいよね。登場してほしいです。
[PR]
by eri-seiran | 2009-07-14 23:40 | エンターテインメント | Comments(0)

ユニバーサル・スタジオ

ガツガツ洋画を観て、日本人の役者さんよりもアメリカやイギリスの役者さんの方が名前と顔が一致するという時期がありました。
そして初めて一人で海外旅行をしたのが、アメリカのロサンゼルスとサンフランシスコでした。
それがちょうど10年前だったんだ。
a0044916_10572562.jpg

これは10年前に行った時にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで撮影した時のもの。
残念ながら、Thanks giving day のためにお休みで中には入れませんでした。
こちらは10年後にユニバーサル・スタジオ・ジャパンで撮影したもの。
a0044916_10581798.jpg

昨日はめちゃくちゃ楽しかったです。
オープン10時からクローズ20時半まで居ました。
特にジュラシック・パーク・ザ・ライドとスパイダーマン・ザ・ライドが楽しかったです。そして何と言ってもマジカル・スターライト・パレード。
a0044916_10583430.jpg

このパレードにいくら費用がかかっているんだろうと余計なことも最初は考えてしまったのですが、もうそんなことはどうでもよくなりました。
自分が忘れていたものを思い起こしてくれて、夢や希望を感じられ、だからリフレッシュできました。楽しかったです。

そして自分へのお土産は映画『アンタッチャブル』のパンフレット。
a0044916_10592420.jpg

この映画を観てアンディ・ガルシアのファンになり、そしてロサンゼルスに行って、アンディのHollywood Walk of Fameを見つけた時にはとてもとても感動したのを今でも覚えています。
久しぶりにアンタッチャブルを観たくなってきちゃった。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-19 11:04 | エンターテインメント | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧