<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

新聞の広告で、『歴史読本』2009年1月号(新人物往来社)が紹介されていて、特集が日本の暦であり、旧暦の見方、楽しみ方ということで、面白そうだな~と思い、書店にてゲットしてきました。

歴史読本には大河ドラマコーナーもありました。歴史読本は久しぶりにゲットしたというか、これまで1~2度くらいしかゲットしたことがないのですが、大河ドラマコーナーがあることをすっかり忘れていました。1月号には2ページ分の4分の3に今度の日曜日放映分の『篤姫』第48回から最終回までのあらすじといくつかのシーンの写真が小さくカラーで載っていました。第48回ではあの方とのツーショットの写真もあり。残りの4分の1にはクランクアップの記事。夫の家定公こと堺雅人さんのサプライズ登場に、泣き崩れてしゃがみこんで両手で顔を覆っている天璋院ことあおいちゃん。堺さんも同じようにしゃがみ込み、優しい表情で声をかけている写真もあり。
新聞の広告を見なければ、また日本の暦の特集でなければ買わなかったであろう歴史読本1月号。ちょっと得した気分になりました。

さて日本の暦についてですが、読んでいて、旧暦(太陰太陽歴)ってとても大切だよな~と改めて思いました。例えば自然とか、色々な視点からそうだと思えるのですが、歴史の出来事についても言えます。自分が大切にしたきた部分です。
本にも書かれていたのですが、赤穂浪士の討ち入りは12月14日。しかし現代の新暦(太陽暦)で考えると、1月30日になるそうです。討ち入りの日は雪だったと。12月中旬、江戸にて雪か・・・となりますが、1月30日と考えると、雪の降る時季だと納得できる。
関ヶ原の戦いは9月15日だそうです。これは10月21日になるそうで、9月15日だと戦うにはまだ暑そうという感じですが、10月21日だと戦っている時だと暑いかもしれないけれど、生活するうえでは暑さはない時季だ。

山南敬助の死は元治2年(1865)2月23日、これは3月20日になります。
2月23日だと寒いですが、3月20日だとだいぶ暖かくなってきているはず。そこまで春が来ていたのです。
でも桜が咲くには早いんですよ、伊東先生。

そこで山南敬助に関する主な出来事の年月日、新暦で考えた場合の月日を挙げてみたくなりました。

万延2年(1861)1月14日 (2月23日)
新年の稽古のために近藤勇らと共に佐藤彦五郎宅を訪れる。

文久元年(1861)8月27日 (10月1日)
近藤勇の4代目襲名披露の野試合に参加。

文久2年(1862)1月19日 (2月17日)
近藤と総司と共に小野路村を訪れる。

文久3年(1863)1月17日 (3月6日)
総司と共に浪士組参加の挨拶のために小野路村の小島鹿之助宅を訪れる。

文久3年(1863)2月8日 (3月26日)
浪士組として江戸を出立。

文久3年(1863)2月23日 (4月10日)
京に着。

文久3年(1863)8月18日 (9月30日)
禁門の政変のために出動する。

文久3年(1863)9月18日 (10月30日)
芹沢鴨の暗殺。

文久4年(1864)1月27日 (3月5日)
小島鹿之助に年賀状を書く。

文久4年(1864)2月2日 (3月9日)
日野の富沢政恕が壬生の屯所を訪ねたが、山南は病に臥していて逢えず。

元治元年(1864)6月5日 (7月9日)
池田屋事件が起こる。(山南は参加していないけれど)

元治元年(1864)7月19日 (8月20日) 
禁門の変が起こる。(山南は参加していないけれど)

元治2年(1865)2月23日 (3月20日)
死去。享年33。

*( )の月日が新暦で考えた場合です。
*改元のあった年は改元のあった月日まで使われていた年号にしています。
*参考文献:菊地明・伊東成郎・山村竜也編『新選組日誌 コンパクト版 上』(新人物往来社)、釣洋一『江戸幕末和洋暦換算辞典』(新人物往来社)


近藤勇の襲名披露の野試合は8月27日と言えば、暑かっただろうという感じがしますが、10月1日なら、涼しくなっていただろう。
浪士組参加の挨拶に訪れたのは、今で考えると冬から春への時季。京に向けて江戸を出立したのは春。将軍のために働ける、京に行けるという喜びと共に、春という気候が気持ちをさらに高めただろう。そして京に着けば桜。
芹沢鴨の暗殺は秋もだいぶ深まった時季。
池田屋事変は夏。
山南が亡くなったのはそこまで春が来ていた時季。

このようにして考えると、出来事への思いも新たに色々と出てくるのです。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-28 18:56 |  出来事 | Comments(2)

三浦啓之助と共に脱走した芦屋昇

24日に記事にしたBS2での新選組ナイト。12月11日と18日の放映時間に変更があったようです。どちらも24時から~24時44分まで。通常の39分が5分延長して44分までになったそうです。内容が濃くてまとめきれないのかしら。

ところでこのサイトにて語ってほしい隊士のアンケートがやっていて、自分も送ったと書きました。
挙っている18名の隊士から3名を選んで送ることになっており、近藤勇・土方歳三・沖田総司の3人は取り上げられる予定ということで18名には入っていません。
その18名なんですが、3人を除いた試衛館派は6人全員。山南敬助は取り上げられる予定には入っていないけれど、18名の中でトップだから許そう(笑)。
御陵衛士は試衛館派に入れた斎藤一と藤堂平助を除いて、伊東甲子太郎ら4人。他に谷三兄弟の長男である三十郎、勘定方の河合に親切者のまっちゃん、我らが監察方の山崎に、同じく諸士取調兼観察で奥州出身で北辰一刀流だったと云われている吉村貫一郎、さらに文学師範であり、近藤勇の江戸や広島行きに同行した尾形俊太郎に武田観柳斎。
という具合に簡単にどういう方かとわかるのですが、一人だけこの人は誰?初めて見る名前だという方がありました。それは、

芦屋昇

と言う方。
新選組大事典 コンパクト版にて調べてみましたが、約60字ほどしか書かれていない。

生没年:不詳
出身:肥後
入隊時期:慶応元年(1865)5月頃入隊
役職:諸士取調役兼監察
慶応2年か3年に三浦啓之助とともに脱走。

とのことです。
そして他の書物で調べたところ、近藤の広島行きにも同行しているようです。

さて一緒に脱走した三浦啓之助とは、佐久間象山の次男。義母が勝海舟の妹ということで、勝海舟は血はつながっていないものの伯父になる。本名は佐久間恪二郎。佐久間象山が暗殺された後、新選組に入隊。
三浦啓之助についてはどうもあまり素行が良くなかったらしい。そんな三浦は芦屋昇と脱走。この脱走について新選組は黙認しているようである。
脱走について緩くなった時期的なものか。素行が良くなかったから出て行ってほしかったのか。佐久間象山の息子、勝海舟の甥だから見逃したのか。

話しがずれましたが、とにかく情報の少ない芦屋昇の名前が挙がっており、となると、この方について知りたい、語ってほしいと思ったりしています。
何故に芹澤鴨や新見錦、また島田魁ではなく、この方の名前が挙がっているのだろうか。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-27 11:03 | 新選組 | Comments(0)

『壬生義士伝』と『あるがままの君でいて』

この日曜日、月曜日は堺雅人祭りでした。
まず日曜日の23日はNHKの衛星ハイビジョンで映画『壬生義士伝』が放映されました。堺雅人さんを初めて知ったのがこれ。そして堺雅人さん関連で初めて購入したDVDがこれ。
と言うことで、DVDを持っているにも関わらず、録画しました。ハードディスクに入れていたら、手軽に好きなシーンが見られるから。
この映画を初めて見たのが、『組!』が始まるちょっと前。この沖田総司を演じている役者は何者だ!と思い、チェックしたら、『組!』で山南敬助を演じる人だとわかり、そして山南敬助は期待してもいいかも知れないとその時に初めて思ったのでした。

昨夜はドラマの内容もキャラクターもコロッと変わり、TVドラマ『あるがままの君でいて』でした。
家族を愛し、理解ある、優しい夫、父親役。
子役にやられ、久しぶりにドラマを見て泣けました。
エンディングのクレジットで、鳥羽水族館にて子役者さんらと同じように素で楽しんでいる堺さん。この方はいつもそうだ。素直に楽しみ、喜び、疑問に思い、驚き・・・そんな堺さんを見ながら、この人はやはり純だな~と。

テレビの前に座って見れる状態になったのは、まっちゃこと松原忠司を演じた甲本雅裕さんが堺さんに奥さんの病気について説明しているシーン。「まっちゃん」と叫びながら手を振る(笑)。この二人、『組!』以来の共演かしら?

それから病院名が多摩総合病院と書かれていたので、病院での撮影は多摩かと思いきや、静岡県沼津市にある病院ですって。
そしたら息子の洋介君とのあのシーンはどこなんだろう。
あの川にバックに走っていた電車は。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-25 08:43 | 『組!』の愛しき役者たち | Comments(0)

新選組ナイト

当ブログを通じて知り合い、山南敬助について熱心に調べている方から教えてもらいました。
12月に新選組ナイトがあるんですって。

12月11日(木)
12月18日(木)

両日とも24時~24時39分  通常より5分延長の44分までに変更になったそうです。 
BS2にて


BS熱中夜話って観たことがないんですけれど、MCは菜葉隊士の小松こと大木びびるさんに、お琴さんこと田丸麻紀さんではないですか。

アンケート。番組で語ってほしい隊士3人について送ってみました。もちろん一人は山南敬助。後の二人は試衛館の中で一番若かった方にしました。ちょうどこの二人に関心が高くて。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-24 15:01 | 新選組 | Comments(0)

海外に行きたい病

に、自分、時たまなります。そうなっても簡単に行けるものではないから症状が落ち着くのを待つしかない。只今、その状態です。ここ数日間、インターネットで色々と調べています。

最後に行ったのは4年前の平成16年(2004)9月。行き先はイギリス。山南敬助@堺雅人が亡くなった後で、傷心旅行でした。と言うのは、ちょっと違いまして、大河ドラマ『新選組!』が始まる前の平成15年の終わり頃から、平成16年の夏には、以前から遊びにおいでと言ってくれている友だちが住んでいるイギリスに行こうかな~となんとなく思っていて、平成16年の春くらいに夏に行こうと正式に決めました。まだ山南敬助@堺雅人の死がいつになるかはっきり分からない頃。数ヶ月が経ち、職場で夏休みをどこで取るか、決めなければならない(7月から9月にかけて交代で取る)、またそろそろ飛行機のチケットもとらなければならない時期になりました。そしてその頃には山南敬助@堺雅人の最期も8月22日とわかっていました。そんな時、上司から「8月の23日から夏休みを取らないか?」と言われました。理由は言わなかったものの、断りました。山南敬助@堺雅人が亡くなった翌日ではないか。そんな状況の中で旅行を楽しめるはずがない。
今から考えても、8月23日からにしなくて良かった。翌日、目は腫れていたから、いや翌日も泣いていたから。悲しみのどん底に落とされている状態だったから。
と言うわけで、結局は9月の中旬になりました。イギリスには、沖田総司が主人公の小説とStive wonder の音楽を持って行きました。
確かまっちゃんこと松原忠司@甲本雅裕の最期の回がリアルタイムで観られなかった。

行きたいと思う国のひとつにスペインがあります。佐々木蔵之介さんの『スペイン 遥かなる海ガリシア~リアスの森へ~』を観たら、行きたいという気持ちは他の国をダントツに抜いた。だってあの食べっぷりを観ていたら、私も食べたい、食べたい、行きたい、行きたいと思いますよ。
しかしお金も時間もない。
あ~でも行きたい。行きたいです。スペインは無理ですが、近場で良いから、行きたい。日本を脱出したいです。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-22 20:25 | 身辺雑記 | Comments(0)

山南の剣術

山南敬助が学んだ剣術に、小野派一刀流と北辰一刀流と天然理心流が挙げられます。
天然理心流は多摩での新年の稽古などに近藤勇らと参加している記録が残っていることから間違いないだろう。
小野派一刀流は中山幾之進と言う方が剣術試合を申し込んだ相手に名前を書いてもらっており、そこに、

飯田町堀留大久保九郎兵衛門人
         一刀流 山南敬輔
 

                  『新選組銘々伝 第四巻』(新人物往来社)より抜粋
                
と書かれている。大久保九郎兵衛が教えた剣術は小野派一刀流と言うことから、これも間違いないだろう。山南敬助という同姓同名の人がいたということも考えにくいと思う。
そして北辰一刀流。これは明治になってから、永倉新八が、

・・・北辰一刀流千葉周作門人免許新撰組副長山南敬輔

                 『新選組銘々伝 第四巻』(新人物往来社)より抜粋
               
と書き遺した。と言うわけで、山南敬助が学んだ剣術として、これらの剣術が挙げられるわけですが、学んだ順序としては天然理心流が後と言うことは明白。しかし北辰一刀流と小野派一刀流のどちらを先に学んだかということを証明できるもの、或いは北辰一刀流を学んだことを証明できる当時の記録は私が把握しているところではない。

北辰一刀流を学んだか、そうでないか、小野派一刀流とどちらが先だったのか、そのことによって山南敬助という人物についての考察も随分と変わってくると思うんですけれどね。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-21 21:33 |  山南敬助 | Comments(0)

また来年ね。

昨日は朝早くに起きて、江戸を出立して、家に約30分ほど滞在して、仕事に行きました。仕事から家に帰って来たのは21時過ぎ。長い1日でした。

24時間も江戸に滞在できず、ハードスケジュールでしたが、エンジョイできました。
歌舞伎というものはなんって楽しんだろうと改めて思った今回の歌舞伎鑑賞。銀座三越の地下でお弁当を選び、歌舞伎座に入ったら番付を購入して読み、そして舞台鑑賞。休憩時間にはお弁当を頂き、舞台写真を見て選び、お店を見て回り、アイスクリームを買って食べたり。楽しかった(笑)。

今回、歌舞伎座に行くにあたり、いつ以来だろうと考えたら、今年の2月以来で、そんな感じが全くしなかったのでびっくりしました。2月は一幕見だった。

そして多分にこれが今年最後の歌舞伎座であり、東京でした。今年、東京に行った回数は6回。すごいわ。怖いわ(苦笑)。
来月は南座。1月は大阪松竹座です。関西に住む身としては助かります。
東京に歌舞伎座はまた来年ね。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-19 23:08 | 歌舞伎 | Comments(0)

忙しい。

慶応3年(1867)11月15日から18日だけを考えただけでも京都は凄まじかったはず。
15日に坂本龍馬と中岡慎太郎が近江屋で刺客に襲われ、坂本龍馬が死去。当時は新選組が犯人とされたようです。
17日には中岡慎太郎が死去。
そして18日には油小路の変で、伊東甲子太郎や藤堂平助など御陵衛士が新選組に暗殺される。

と言うわけで、この時期には書きたいことが色々とあるけれど、私も忙しく、大変でした。
夏頃からプレッシャーになっていた仕事がついにクライマックスを迎えるという前に、所用で薩摩に行き、小松帯刀ツアーなどもして楽しんだんですけれど、帰って来たら、薩摩とこちらの温度の差に体がついていけなかったのか、風邪を引き、その上、片頭痛が2日間続けて起こり、ボロボロでした。それでもクライマックスはやってくるのです。確実にやってきました。ここに辿り着くまで色々とありましたが、無事に終えることができました。もう嬉しくて、嬉しくて。

頑張った自分へのご褒美です。
明日、江戸の歌舞伎座にて吉例顔見世大歌舞伎の夜の部を鑑賞します。翌日はお昼前から仕事なので、24時間も経たないうちに江戸を出立するという慌ただしいスケジュールですが、それでも嬉しくて、嬉しくて。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-16 20:37 | 身辺雑記 | Comments(0)

小松帯刀ツアー

幕末の志士たちの中で、薩摩藩の志士たちについては関心が低く、無知でして、小松帯刀(清廉)についてもよく知りませんでした。今回、勉強させて頂きました。
そのひとつに小松家は平家の子孫だったんだということ。知らなかった。

平清盛→重盛→維盛→高清→清重

平重盛の曾孫にあたる清重(清盛の清と重盛の重)が現在の鹿児島の大隅半島にある禰寝(ねじめ)に移り、禰寝と名乗ったことに始まったとのこと。それから300年近く経った文禄4年(1595)、17代目の重張の時に禰寝院から領地替えされて移ってきた時に私有地となったのが吉利(よしとし)です。吉利は現在の日置市にあります。今回、こちらの方を回りました。それから150年近く経った24代目の清香が享保19年(1734)に小松に改姓したとのこと。平重盛が小松の内府と呼ばれていたことから、小松になったようです。そしてそれから約120年後に29代目の小松帯刀が誕生したというわけです。現在が36代目。歴史ってすごいですよね。

まず今回、最初に訪れたのは小松帯刀などの墓がある小松家墓地。これは園林寺(おんりんじ)跡にありました。この墓がすごくりっぱなんです。大きいんです。それが帯刀だけでなく、お近さん、代々の小松家の人たちに夫人も。
薩摩はもともと墓を大事にし、つねにきれいにして見事なんですが、このりっぱさには驚きました。
帯刀の墓と仲良く並んでいるかのようにお近さんの墓がありました。
そしてもうひとつ驚いたのは琴子さんのお墓も同じ敷地内にあったこと。大きさは全然違うものの、離れているものの、ありました。琴子さんは明治7年に亡くなり、明治9年に大阪からこの墓地に改葬したそうです。

この後、吉利小学校の敷地内にあるお仮屋跡に行きました。
a0044916_2145617.jpg

ここがお仮屋跡です。
墓地で地元の人にぜひ行きなさいと言われ、行ったのですが、お仮屋とは何?ここで何をしていたの?と言う感じだったのですが、お仮屋とは領主館とのことで、公務を行うところだったそうです。

その後、清浄寺へ。ここには学に篤く、書の才能があったと云われている第28代小松清猷が12歳の頃の書がありました。また帯刀死後、お近さんが菩提を弔うために参詣していたお寺にお近さんが惚れたという阿弥陀如来像があって、お近さんはそれを譲り受けて、日夜、帯刀の菩提を弔ったそうです。そしてお近さん亡き後、お琴さんが産んで、お近さんが育てた30代小松清直が明治30年にこれを寄与されたそうです。

そしてここからがまたすごい話し。篤姫には3人のお兄さんがいました。ドラマでも描かれていましたが、2番目の兄である久敬は永吉島津家に養子に行ったそうです。その孫ががこの清浄寺に嫁いできているんですって。と言うことは、小松家と深い関わりがある清浄寺には篤姫の血筋が流れているということ。
歴史においてはすごい力が働くということを感じる時がありまして、この話を聞いた時にやっぱりあるんだよな~と改めて思いました。
a0044916_21453671.jpg

清浄寺にある小松帯刀の像です。これは大河ドラマ『篤姫』の放映を機会に建てられたそうです。これまで小松帯刀は薩摩でも注目度は低く、地元のこの辺りでも小松帯刀に詳しい方がすごい人だと述べてきてもみなさん関心が低かったようです。しかし大河ドラマに登場すると、一気に知名度が上がるというわけで、大河ドラマと言うか、テレビはすごいなということを学びました。小松ほどではないものの、山南敬助もそうだった。
そしてとてもとても楽しく、歴史を感じられた小松帯刀ツアーでした。そこには地元の人たちが温かかったというものがあり、だからこそ楽しく歴史を感じられるわけで。
こんな楽しいツアーを計画して連れて行ってくれた同志らに感謝!感謝!!です
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-11 22:02 | 歴史 | Comments(4)

狂い咲きの桜

a0044916_18511484.jpg

小松帯刀ゆかりの地巡りはとても興味深く、収穫が多く、また人の温かさ、歴史の面白さを感じました。レポは後日に。

写真の桜は小松帯刀の墓がある園林寺(おんりんじ)に咲いていたものです。今日は寒かったのですが、暖かい日が続いたりして間違って咲いたようです。そういうこともあるんです。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-10 18:51 | 身辺雑記 | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧