<   2009年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

六角獄舎

壬生界隈の新選組ゆかりの地で、これまで訪れていなかった所が一ヶ所ありまして、今回、訪れることにしました。それは六角獄舎跡です。正式名は三条新地牢屋敷。京都にある牢獄で、幕末には過激な尊王攘夷の志士たちが収容されていたそうな。
有名な方では、新選組が捕らえた古高俊太郎とか、また平野国臣とか。

元治元年(1864)の7月の禁門の変にて発した戦火は西へと広がり、この六角獄舎にも火が迫って来たそうで、そのために収容されている人たちの逃亡を恐れて、西町奉行所の判断により平野や古高など志士たち三十数名を処刑したそうである。
しかし六角獄舎は被災することはなく、無事だった。そしてこの処刑に新選組も加担したという説がある。

何故に今まで自分が訪れたことがなかったかと言うと、元治元年の7月、山南敬助は病に伏せていて、この出来事には関わっていないだろうということなどが一番の理由のような気がします。

平成21年(2009)2月23日の夕、壬生寺や八木邸、前川邸、光縁寺などがある界隈を散策し、その後、東は大宮通りを渡り、北は四条通りを渡り、後院通りを北に少し上がり、この辺りで東へ入ってしばらく歩けばあるはずと思ったけれど、ない、ない、ない。新選組のガイドブックとにらめっこしながら、この辺りだと思う所を東へ行けど、西へ行けど、北へ行けど、南に行けど、ない、ない、ない。そしてそんなことをしているうちに自分が何処にいるのかが分からなくなり、後院通りか四条通りに出るにはどちらを向いて歩けば良いのかわからなくなり、迷子になっちゃいました(苦笑)。なんとか後院通りに出ることができ、結局、断念。

翌日の朝、もう一度トライ。
今度は四条通りから小さな道に入り、北に上がる。
昨日は新選組のガイドブック一冊だったけれど、今日は2冊持って。しかしです。1冊はとても簡単に書いてあるし、もう1冊の方はその地図通りに歩いているけれど、ない。このもう1冊の方、山南敬助の享年を35と書いてあるところから信憑性に欠けるんです(苦笑)。
この辺りにあるはずと言う所を歩けど歩けど、ない、ない、ない。
地図ではこの通りのはずだけれど、もう少し西へ行ってなかったならば諦めようと思い、西へ行ったらありました、ありましたよ。やっと辿り着けました。
昨日もこの近くまで来ていたんだけれどな。
ここが六角獄舎跡になります。
a0044916_7304383.jpg

八木邸や前川邸から10分~15分くらいでしょうか。
新選組が平野や古高の処刑に加担したというのも定かではないし、山南はこの時期、表舞台には立っていないので、山南敬助ゆかりの地とは言いにくいけれど、近いことを考えると、山南はここに来たことはあるのではないだろうかと思った次第です。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-26 07:34 |  ゆかりの地 | Comments(2)

2月23日の壬生界隈

時々、自分の生活・仕事エリアから脱出したい病になりまして、ただ今、そんな状態でありまして、江戸行きは3月の末ですし、だからいつでも行ける所でしたが、一度、泊まろうと思っていた宿に泊まりに行きました。リフレッシュも兼ねて。
しかしです。かえって気分が滅入ったような。2月23日に壬生界隈に泊まったら、いけないな~自分(苦笑)。
ということにも気付いたりしましたが、美味しいものも食べましたし、新たな発見もありましたし、結果的にはそれなりに楽しんで参りました。

泊まったのは山南敬助が眠る所に一番近い宿。近いというか、お隣であるアークホテル京都に。
そうなんです。山南ファンとしては、一度、ここに泊まりたかったんです。
これまで色々なビジネスホテルに泊まってきましたが、この値段でこの広さと備えてあるものには満足。そして山南が眠る所の隣だということを考えると、山南ファンとしては大満足でした。
朝、嵐電(京福電鉄)の電車の音が心地よく、山南は毎日、この音を聞いているんだな~と物思いに耽ったり。この辺りに住みたいな~と真剣に考えたり。

さて昨日の16時くらいにチェックインをして、それから壬生界隈を歩きました。いつもなら、東は大宮通、西は坊城通、北は四条通、南は仏光寺通くらいまでの行動範囲ですが、今回は時間がたっぷりあったので、範囲を広げて、山南忌でのランチ場所の開拓も含めて、散策しました。
ランチ場所の開拓にはちょっと至りませんでしたが、坊城通より西の千本通の辺りでは、嵐電の線路は高い所にあるんだということを発見。そしてそこに水仙が咲いていたんです。
a0044916_1632949.jpg

大河ドラマ『新選組!』での山南敬助@堺雅人と明里@鈴木砂羽のキーワードと言えば、菜の花や水仙だったり、富士山だったり、団子だったりするわけですが、私は花としては菜の花より水仙の方が好きなんです。
ところで昨日の2月23日、スタジオパークのゲストが鈴木砂羽だったそうです。また昨日は富士山の日でもあったそうで。ちょっとした偶然に感動しています。

さて平成21年(2009)2月23日の壬生界隈はとても穏やかで、ゆっくりと時が流れている感じでした。いつもと変わりなく。
元治2年(1865)2月23日もそうだったのだろうか。
脱走が史実ならば、情報が流れて壬生に住む人たちそのことは知っていただろう。しかし脱走が史実と違って、切腹は史実としたら、壬生に住む人たちは新選組の大幹部である山南敬助がその日の夕に切腹すると知っていたのだろうか。噂は流れていたのだろうか。それとも何も知らず、いつもと変わらない日だったのだろうか。

坊城通に面した旧前川邸の前を通る時、とてもとてもキドキしちゃいました。
144年前の2月23日、切腹を前にして山南敬助がここにいたかと思うと。
やっぱり体にはあまり良くないです(苦笑)。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-24 16:33 |  ゆかりの地 | Comments(0)

145回忌の日に

2月23日は、旧暦で考えた場合、山南敬助の命日であり、今年は145回忌になります。
そして山南敬助や近藤勇、土方歳三ら試衛館のメンバーが江戸から京にやってきたのも、山南が亡くなる2年前の2月23日。

文久3年(1863)2月23日、大津宿から壬生入りした山南敬助ら試衛館のメンバー
元治2年(1865)2月23日、大津宿から沖田総司と一緒に壬生に帰って来たと云われている山南敬助

元治2年の2月23日はその2年前と同じように大津宿にいたのか、山南と総司。
そんな2月23日なんですけれど、実は、昨日の2月22日から24日まで2泊3日でちょっとお出かけするつもりだったんです私。宿も取っていたんです。
でも先週の半ばに急な仕事が入ってきて、これは無理だということになり、宿をキャンセルして一度は諦めたんです。でもキャンセルしてから1日後に頑張ったらなんとかなりそうということがわかり、23日からの1泊2日にしようということになり、再び同じ所で宿を取りました。

一度、ここに泊まろうと思っていたんですけれど、東京と違っていつでも泊まれるということで、なかなか実現に至りませんでした。
だから145回忌という日に実行してきます。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-23 11:38 |  出来事 | Comments(2)

最優秀監督賞

144年前の2月23日の朝、山南敬助と沖田総司は大津宿から壬生に帰ったのだろうか。一晩、二人は大津宿に泊まったのだろうか。

そんなことを考えている平成21年(2009)2月23日の雨の朝です。
映画『壬生義士伝』の沖田総司@堺雅人と一晩、二人きりで過ごすのは怖いだろうな。あの映画は山南が脱走・切腹した後の話だったので、描かれなかったけれど、あの沖田総司なら山南敬助はどんな感じで、どの役者さんがいいかな。近藤勇、土方歳三との兼ね合いもありますが。

ここ数日間、仕事のことと2月23日のことしか頭になくて、いくつかのテレビ番組も予約録画したまま、観れていないんですけれど。20日の日本アカデミー賞も忘れそうと思い、予約録画は数日前にしておきましたが、本当に忘れそうでした。2時間前に思い出した次第です。
テレビの前にゆっくりと座って観る余裕が自分にはなく、助演男優賞のところだけ座ってリアルタイムで観たんですけれど、堺さん、緊張しているではないですか。この方でも言葉がなかなか出てこなかったりすることがあるんだと、なんかホッとしました(笑)。
最優秀助演男優賞は頂けませんでしたが、まだまだ機会はいっぱいあるでしょうし、賞なんって関係なからね。見せる方は良い仕事ができたと思えたらそれでいいだろうし、見る側が良い作品だと思えたらそれでいいだろうし。

賞の総なめだった『おくりびと』は観ていませんが、堺さん出演の『クライマーズ・ハイ』の監督である原田眞人監督、『新選組!』の生みの親である三谷幸喜監督には申し訳ありませんが、『おくりびと』の監督である滝田洋二郎監督が最優秀監督賞をもらったのは嬉しかったです私。

大河ドラマ『新選組!』が放映されていた平成16年(2004)の第27回日本アカデミー賞で、滝田洋二郎監督の作品である映画『壬生義士伝』は多くの部門で優秀賞をもらっていました。もちろん監督賞も入っていました。しかし最優秀賞は作品賞と吉村貫一郎を演じた中井貴一さんの主演男優賞と斎藤一を演じた佐藤浩市さんの助演男優賞でした(この時の斎藤一こと佐藤浩市さんの涙にもらい泣きしたんだよな~私)。と言うことで、その時に最優秀監督賞がもらえなかったので、今回、授与されたことは嬉しいんです。

この作品で、沖田総司を演じた堺雅人さん。京都での撮影中に、『新選組!』の山南敬助の話しがあり、光縁寺の山南敬助の墓参りに行ったそうな。
そして私はこの作品で、堺雅人という役者を知り、またこれまでテレビや映画、また舞台など多くの沖田総司が誕生しているけれど、この沖田総司が一番好きです。
映画『壬生義士伝』のDVDの特典映像に入っている撮影風景なんか見ていると良い監督さんだな~という印象を受けます。
それにこんな素敵な沖田総司を誕生させてくれたんだから、感謝!感謝!!です。
だからこそ、滝田洋二郎監督の作品に堺さん、また出演してほしいな~と思っているんですけれど。と言うことで、よろしくお願いします。

沖田総司@堺雅人も斎藤一@佐藤浩市もその場で見ていた滝田洋二郎監督の最優秀監督賞の授与。お二人ともきっと喜んでいただろう。



【追記】
本場のアカデミー賞での外国語映画賞の受賞、おめでとうございます。この部門で日本の映画が受賞するのは初めてだそうで。すごい快挙です。
これで滝田洋二郎監督の名が世界中に知られ、またこれまでの作品として映画『壬生義士伝』にも関心を持って頂けると嬉しいです。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-23 07:59 | エンターテインメント | Comments(2)

すべての原因は山南と近藤にあり

三宅乱丈氏の秘密の新選組(太田出版)の第四巻がやっと発売になると思ったら、完結編ですって。第三巻で元治元年(1864)の秋、近藤勇が江戸に帰ったところで終わったので、これは戊辰戦争までいかないな~どこで完結なの?山南敬助が脱走するまでにこの漫画は終わってしまうのかと思ったら、第四巻の早いうちに山南の脱走・切腹があり、慶応4年(1868)までの約4年間が描かれているじゃないですか。早い!第一巻は池田屋事変が起きる少し前あたりから描かれ、第3巻は近藤が江戸に帰るところまで。と言うことは、約4ヶ月ほどのことを第一巻から三巻までで描いていたのに、その後の約4年間については一巻で描いたわけね。めちゃくちゃ早いんですけれど。これも諸事情ためなのでしょうか。

山南敬助の脱走・切腹も、平助が御陵衛士に加わるのも、流山で近藤が官軍に出頭して土方が出頭しなかったのも・・・すべてホールモーンのせいだった。
絶対に有り得ないフィクションなんですけれど、結果は史実の通りと言うところがすごいと思うし、そこがなかなか面白い。
女になるという薬を山南が初めて飲んで、女になった山南を見て、近藤が女の似合う男もいるものだな~と思わなかったら、近藤が薬で遊ぶこともなく、大幹部もまともで、土方と山南も仲良くできたかもしれないのに。山南も脱走・切腹しなくてすんだかもしれないのに。
すべての原因は女が似合った山南と、そんな山南を見て遊んでしまった近藤にあり。

山南の切腹に油小路での平助の死、それから源さんに近藤の死・・・と悲しい出来事ばかりの第四巻なんですが、ラストの洋装姿の土方が素敵で、気持ち良く終えられたという感じです。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-20 19:59 |  コミック/アニメ/ゲーム | Comments(0)

思々斎塾と適塾と山南のゆかりの地

前回の記事から6日ぶりだ。
仕事が凄まじく、そんでもって体調が今ひとつ。
舞台『幕末ロックミュージカル 新選組Hero’s』も観に行けず。ごめんなさい。

そんな状況の中で、前回、記事で触れた土曜時代劇『浪花の華~緒方洪庵事件帳~』を観ました。そしてこれを観る前にレッドさんから土曜スタジオパークに主人公の緒方章(後の緒方洪庵)を演じている窪田正孝君と、その相手役の栗山千明さんが出ると教えてもらい、このドラマについて勉強するために予約録画して観ました。
二人ともなんっていい子なんだ。窪田君、20歳ですか。緊張していると言いながらも、しっかりした受け答え。栗山千明さんの趣味などの質問に対しての答えがユニークで好きです。二人とも好感が持てましたよ。
そしてドラマの第6回も緒方章@窪田の純粋で情に熱く、温かいドラマだな~と感じました。

このドラマを観て気になったのがいくつかあったのですが、そのひとつが緒方章が修行中である思々斎塾は大坂のどこにあったのだろうかということ。
と言うことで、調べました。
現在の大阪市西区中堀で、江戸堀中公園に石碑があるそうです。これは緒方洪庵が後に開いた適塾より西へ約1キロほど。山南敬助ゆかりの地を絡めて考えると、東より順番に大坂城、大坂にての常宿であった京屋、経済的な支援を受けた鴻池、山南が不逞浪士と戦ったと云われている岩木升屋、そして適塾、思々斎塾という順になります。大坂城の大手門から思々斎塾の史跡がある江戸堀中公園までの東西は約3キロ。南北の位置は約500メートルの範囲内にそれぞれが位置するようです。
山南敬助の大坂ゆかりの地のレポはこちらより、適塾を訪れた時のレポはこちらより

このような狭い範囲に、時はちょっと異なるけれど、後に歴史に名を残す人たちが必死で生きていたんだわ。

それからもう一つ気になったのが饅頭屋『高麗屋』です。架空の龍天王寺の門前にあるという設定らしいですが、名前からして、岩木升屋があった高麗橋辺りにあったということにしたい。

暖かくなったら、この界隈を再び歩きたいな。やっぱり桜の季節でしょうか。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-17 08:40 |  ゆかりの地 | Comments(6)

映画『ニセ札』に土曜時代劇ですって

いいな~と思えるドラマになかなか出合えない平成21年(2009)の冬でございます。
去年の冬はなんと言ってもNHK連続小説ドラマ『ちりとてちん』だったな。

そんなこんなで四草こと加藤虎ノ介君に逢いたいな~と思い、私にとっては消化不良だったドラマの次は?とチェックしたら、4月に公開の映画『二セ札』にご出演ではないですか。出演者についてはこちらより
どうも刑事役らしい。去年の6月に丹波でロケをやっているではないですか。こちらより
そんでもって草々こと青木崇高君もご出演ではないですか。草々と四草の絡みはあるのだろうか。

そしてその前にNHK土曜時代劇『浪花の華~緒方洪庵事件帳~』の第8話(2月28日放映)、第9話(3月7日放映)に登場するらしい。情報はこちらより
このドラマ、緒方洪庵の名前に惹かれて、観ようかと思っていたのですが、初回が観られず、結局、観ないままここまできました。
しかしこれは予約録画をして観なければ。

NHKの時代劇にゲスト出演は、来年の大河ドラマ『龍馬伝』の伏線ということにならないだろうか。なってくれたら嬉しいな。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-11 21:45 | エンターテインメント | Comments(2)

仙北があれば仙南あり

今年の大河ドラマの主人公である直江兼続については無知なので、勉強しようと思いまして、只今、童門冬二氏の『全一冊 小説 直江兼続 北の王国』(集英社)を読んでいるところです。内容的には読みやすいんですけれど、読む時間があまりなく、また600ページ以上あり、なかなか進みません。
このように書くと、大河ドラマで主人公が直江兼続だから勉強するためにこの本を買ったように思われるでしょうが、実は平成21年(2009)の大河ドラマが直江兼続だと発表になるより以前に直江兼続という武将に興味を持ち、この本が良いと薦めがあって、購入したのです。時間がある時に読もうと思っていたのですが、他の本が優先となってしまい、気になりつつも家の本棚で数年、寝ていたんです(汗)。

生まれ育った所は違ったとしても、東北には優れた武将が誕生するのかと思いながら読んでいます。そしてそんな東北生まれの山南敬助です(笑)。
自分、そんな山南に関することで調べていたことがあったんですれど、なかなか決定的なものがなく、その後、ほったらかし状態になっていたことがあります。
仙台において、仙南という言い方はいつ頃からあったのかということ。
何故にこれについて調べているかと言いますと、こちらより
仙南に関する記事はこちら、他にはこちら、それからこちらとか

そしてこの直江兼続の小説を読んでいたら、山南敬助の故郷であると云われている仙台藩の初代藩主である伊達政宗について書かれているところに

騎虎の勢いの政宗は、さらに仙北(宮城県北部)の大崎・葛西という・・・
                       『全一冊 小説 直江兼継 北の王国』より抜粋

とあるではないですか。ここで仙北に出合うとは。
歴史小説家の童門冬二さんが仙北という書き方をしているといことはその時代から仙北と呼ばれていた地域があったのだろうと思うのです。そしてこの時代から仙北という地域があれば、仙南という地域もあっただろう。
小説『新撰組 山南敬助』を書かれた童門冬二さんと言うことで何か縁を感じたり。

だからと言って、山南は偽名で、自分が住んでいたところが仙南であり、その仙南からにんべんをとって山南としたということはならないんですけれどね。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-09 17:57 |  山南敬助 | Comments(0)

幕末ロックミュージカル 新選組Hero’s 

山南敬助が亡くなって、144年が経つわけですが、その間に映像、小説、コミック、そして舞台などにおいて様々な山南敬助が誕生しています。
平成16年大河ドラマ『新選組!』の山南敬助@堺雅人以後、注目度も上がり、また自分も様々な山南敬助に出逢おうと積極的なので、こんなに多くの方が山南敬助を描いたり、演じてくれているんだということを改めて知る今日この頃でございます。

平成21年(2009)2月14日というバレンタインデーの日に新たな山南敬助が誕生するそうです。
女性ばかりの劇団ミュージカルカンパニーOZmateによる幕末ロックミュージカル 新選組Hero’sにて。

実はこれについては、その山南敬助を演じる方から教えて頂きました。山南を演じるにあたり、当ブログやホームページ山南敬助 赤心記を参考にして下さったようで、当サイトが幾分か参考になった山南敬助が誕生するということは、私もとても嬉しく、また楽しみにしているんです。
あらすじを読んでいると、史実の新選組と劇団でのフィクションの出来事を重なり合わせた内容になっているようで、どのような展開で進んで行くんだろうとか、どんな音楽なんだろうとか、そしてどんな山南敬助なんだろうかと、とても興味深いです。

その幕末ロックミュージカル 新選組Hero’sの公演日時は、
2月14日(土)19時
2月15日(日)13時
2月15日(日)16時30分
の計3回です。
場所は兵庫県伊丹市の伊丹アイホール(JR伊丹駅のすぐ近くだそうです)にて。
詳しいことについては再びこちらより

毎年、バレンタインデーって興味無いんですけれど、今年のバレンタインデーはなんか運命的なものを感じております(笑)。チョコレートなんか持って逢いに行きたいわけですが、自分、新たな山南敬助が誕生する14日も、そして翌日の15日も悔しいことに仕事なんです。行ける時間に仕事が終わるかどうか、とても厳しい状況にあるんです(涙)。そんなわけで観に行けるかどうか、まだわからないのですが、新たな山南敬助の誕生を楽しみに、そして舞台の成功を祈りたいと思います。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-08 07:53 |  ドラマ/映画/舞台 | Comments(4)

アフタートーク

国立劇場での3月花形歌舞伎公演『新皿屋舗月雨暈』のチケットの発売が本日よりです。
私、山南忌の翌日である3月16日~17日に東京に行って、舞台を観ますと記事にて発表したものの、昨日まで悩んでいました。
と言うのは、3月9日(月)、23日(月)、26日(木)に、アフタートークが開催されると、歴史のことから孝太郎さんのことまで色々な情報を教えてもらっているKさんからメールを頂きました。私、知らなかったわ(汗)。ありごとうございます。
ゲストは片岡孝太郎さんに尾上松録さん。
と言うことで、これが全く行けないならば諦めるのですが、9日、23日は行こうと思ったら行ける。でも仕事のことやら色々と考えると一番行きやすのはやっぱり16~17日。そんなこんなで悩みました。

でもせっかくだし、アフタートークなんって、そんなチャンスはめったにないし、ここは無理してでも行くべき、歌舞伎座は諦めても行くべきと判断し、23日に舞台を鑑賞し、アフタートークに参加することにしました。
23日の朝にこちらを発ち、24日の午前中に帰るという、東京には24時間も滞在できないハードスケジュールになるかもしれないんですけれど。
でもそれは悲しいから、24時間以上、滞在できるようにこれから努力します。

仕事が休みの日以外は、冬眠したいと思う今日この頃ですが、3月の山南忌に東京行きを支えに頑張ります。春は近いかな。

追伸:この日のチケットでなくても、3月花形歌舞伎のチケット、及び半券があれば、アフタートークには参加できるそうです。
[PR]
by eri-seiran | 2009-02-06 06:57 | 歌舞伎 | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧