<   2009年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

語り継がれる『女殺油地獄』

本当ならば、今頃はまだのぞみに乗っている予定でした。
江戸を17時発の切符を購入していたので。
ギリギリまで江戸で楽しむ予定でした。
しかし変更してもらい、9時半過ぎには江戸を出立し、お昼過ぎには家に辿り着きました。
早く帰って来た理由は行く前から体調が今ひとつで、明日からの仕事に備えて帰ってゆっくりしようと。暑いからいつものように山南敬助&新選組ゆかりの地めぐりをする気も今回はなかったし。しかし一番の理由は、昨日の六月大歌舞伎の千穐楽の昼の部で、『女殺油地獄』を観終わって、放心状態で何をする気にもなれないからだと思う。

今日の朝の8時過ぎ、宿から東京駅に向かう途中、歌舞伎座の前を通ると、垂れ幕を取り外す作業をされていたようでした。すでに昨日に写真で撮って記事に載せた千穐楽の垂れ幕は取り外されていました。
終ったんだと言うことを実感。

歌舞伎にはまって、正確には孝太郎姉さんにはまって約2年半。一杯いっぱい観てきましたが、孝太郎姉さんに見惚れることは毎回のことですが、そのお芝居全体や役者さんの演技にとてもとても感動して鳥肌が立ったとか、涙が出そうになったとか、いうことはありませんでした。

しかし昨日は違いました。
仁左衛門さんが演じる河内屋与兵衛はこれでラストという昨日の『女殺油地獄』は最後の殺しのシーンでは仁左衛門さんの演技、気迫、息子の孝太郎さんとの絶妙なやり取りは素晴らしく、与兵衛が花道を去っていくところでは涙が出そうでした。と言うか、目がウルウルでした。
素晴らしかったです。感動でした。
特に一番感動したシーンはお吉@孝太郎が客席に背を向けて客席の方に海老反りになって、与兵衛@仁左衛門が前からお吉を殺そうとする型のところ。お吉を演じている孝太郎さんは体が柔らかいのでとてもきれいに反り、そして与兵衛を演じる仁左衛門さんは与兵衛の狂気を表情でとても上手く出していました。このシーンではいつもすごいと思うのですが、昨日は今までで観た中で一番近い席だったたこともあるのでしょうが、すごい迫力でした。鳥肌が立ちました。また自分の前に居る息子に自分の与平衛をしっかりと見とけよというものが伝わってきました。

私が感動し、興奮したようにみなさん同じだったようで、与兵衛@仁左衛門が花道を去って行く時には客席から割れんばかりの拍手。素晴らしい芝居をありがとういう拍手はなかなか鳴り止まず、そしてそれはいつのまにかカーテンコールになっていました。
昼の部の終わりを告げるアナウンスが流れていたようですが、拍手で聞こえない。立つ人はいない。
でもね、この演目で、そして片岡仁左衛門さんということを考えると、登場しないということはわかっていました。
しかし一度、カーテンが開いちゃったのよ。
そこにお吉@孝太郎は先ほどと同じように倒れて死んでいた。孝太郎さんも放心状態だっただろうな。
下手から上手の方にカーテンを閉めるようにというようなことを灯りで合図しているのが見え、カーテンはすぐに閉まりました。

出てください。
出ないよ。

と言うようなやり取りがあったんだろうな。
出ないよ。だって与兵衛がここに戻ってきたらダメだもん。

こんなこともあったわけですが、とにかく、語り継がれる『女殺油地獄』を私が観たのは間違いない。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-28 18:39 | 歌舞伎 | Comments(2)

六月大歌舞伎千穐楽

a0044916_10395226.jpg

です。
ドキドキしてきちゃいました。

いざ劇場の中へ!
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-27 10:39 | 身辺雑記 | Comments(0)

築地にて珈琲

a0044916_6374657.jpg

昨日はホテルで俳優祭の放映を観ようと思っていたのですが、前日が3時間睡眠だったので、さすがに観ることもなく寝てしまいました。
もちろん予約録画して来たので、家に帰ってからゆっくりと。

ということで、早くに目が覚め、朝早くから築地を散策。そして珈琲を頂いています。幸せな一時であります。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-27 06:37 | 身辺雑記 | Comments(0)

19日後

a0044916_12405594.jpg

最後にこの地に立ってから19日が経ったようです。
銀座は暑く、歌舞伎座は熱いです。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-26 12:40 | 身辺雑記 | Comments(0)

忘れ物

昨日、仕事から家に帰ったのは23時過ぎ。それからパッキングなどしていたら、寝たのは2時で起きたのは5時。

バタバタ状態で出て来ました。
だからいつも持参している地図を忘れたではないか。
でも今回はガツガツ歩くつもりはないし、銀座周辺についてはだいぶわかってきたし、大丈夫。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-26 07:48 | 身辺雑記 | Comments(0)

祝・『歳三梅いちりん~新選組吉原異聞~』コミックス発売

先日、今は離れた所に住んでいる幼馴染から集英社の女性漫画雑誌youのかれんさんの『歳三梅いちりん~新選組吉原異聞~』を読んだとメールが来ました。嬉しかったです。
と言うのは自分もこの作品は大好きで、もちろん記事にもしてきました。こちらとか、こちら

youでの連載は5月15日号で、近藤が「私がトシを侍にしてみせるから」と言って、でもこれからどうしいいかわからないと言っている近藤の所に、山南敬助と永倉新八が浪士組の話しを競い合うように持って来るところでとりあえず終わりました。
もちろんこの先の京都編が読みたいのは言うまでもありません。
新選組を語るには新選組誕生の前の多摩・江戸編抜きでは語れません。でも語っていない作品も多いです。
こんなことがあって、浪士組として京に上がる決意をしたのかとか、近藤や土方、沖田と山南の江戸での関係はこうだったのかとかは大事だと思うのです。それによって京での彼らの見方も変わってくる。
この作品では浪士組として京に行くまでの近藤と土方という人物や二人関係がとても丁寧に描かれているなと思います。
またこの近藤ならば、山南や永倉はじめ、後の試衛館派の新選組の大幹部たちが近藤に惚れて試衛館に集まり、一緒に京に行こうと思うわ。土方が近藤さんのためにと思うわ。
そして山南敬助についても新たな視点から描いており、だからこそ、京に行ってからの山南についても知りたいのです。

さてその『歳三梅いちりん~新選組吉原異聞~』のコミックスが7月17日に上下巻で発売されます。
とてもとても嬉しいです。もちろん買いますとも。予約しますよ。
自分用と、漫画が好きで最近、戦国と幕末に興味を持ち始めた姪への誕生日プレゼント用に。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-23 10:01 |  コミック/アニメ/ゲーム | Comments(0)

女殺油地獄 其の壱

1週間後の今は歌舞伎座での六月大歌舞伎の昼の部の千秋楽、そして最期となるだろう片岡仁左衛門さんが演じる『女殺油地獄』の河内屋与兵衛を観るために江戸に居る予定です。
と言うことで、約2週間前に観劇したことも含めてちょっと触れておこう。

『女殺油地獄』は2年前の7月に大阪の松竹座で初めて観て、その時に3回観ました。最初は1回の予定だったんですよ。だからチケットもこれが夜の部だったのですが、昼の部と夜の部のチケットを1回ずつ取っていました。しかし両方とも観終わって、もう一度観たいと思い、両方とももう1回ずつチケットをゲット。ゲットして2回目を観る前に仁左衛門さんが代役を勤めることになり、与兵衛@仁左衛門を観られることに。そして2回目を観た後にパソコンの前で悩みに悩んだ末に夜の部のチケットを再びゲット。3回目を観ました。
これが歌舞伎鑑賞の暴走の始まりとも言えます。
その時のレポは何回かに分けて書いていますが、2回目を観劇して書いた感想はこちらより
今回は4回ね。6月5日、7日、そして26日、27日(汗)。

さて2年前に自分が3回も観たのはお吉@孝太郎がいいなと思ったから。背格好、顔、喋り方、声、しぐさなど、江戸の大坂にこんな女性、絶対にいたよなと思わせてくれるから。こんな女性、好きなんです。
お吉は決して美人ではない。でもだれからも慕われ、しっかりもの、そんでもって旦那さんを思い、子どもたちへ深い愛情を持っていて。
そしてこの演目は現代に通じるものがあり、わかりやすいからだろうとも思います。
その時からいつかまた観たい、そしてそれは近いうちに有り得る、しかしお吉@孝太郎は観られても、与兵衛@仁左衛門はもう観られないだろうと思っていました。
と言うのは、この公演が始まった最初の頃、仁左衛門さんが関西のトーク番組に出演して、当たり役である与兵衛を演じるつもりはないと言っていたからです。
理由は先日のスタジオパークからこんにちはでも言っていますし、7月号の演劇界にも書かれていますし、歌舞伎美人のサイトにもありますが、与兵衛は実年齢が近い方が良い、実年齢が若い方が良いと仁左衛門さんが思っているから。そのことは2年前の大阪のトーク番組でも仰っていました。
しかしトーク番組にご出演の数日後に代役で勤めざる終えなくなり、演じることになったわけです。

今回、歌舞伎座さよなら公演ということで、お客さんのアンケートを取ったところ、与兵衛@仁左衛門を観たいという要望が多く、仁左衛門さんもそれならばということで、一世一代とあるように、これが本当に最後ですと言う覚悟で演じられることになったそうです。
もちろんお吉役は、今はこの人のお役と言われている息子の孝太郎さん。お吉の娘役のお光には仁左衛門さんの孫、孝太郎さんの息子である千之助君が勤めることになり、親子三代でこの舞台に立つことになりました。
千之助君のお光については仁左衛門さんの希望だったようです。仁左衛門さんの方から孝太郎さんの方にそういう話があったということを映画『Beauty』の大阪での舞台挨拶で孝太郎さんが仰っていました。
自分の与兵衛を見せておきたい、同じ舞台に立って伝えたいと言う思いが強いのだろうと思います。

さて6月5日は3階席からの鑑賞でした。
しかしあれだけ楽しみにしていた舞台なのに、いざ舞台が始まるとなんか違う。思っていた以上に楽しめないというものがありました。
ひとつは三階席で素敵なお吉@孝太郎が感じられない。
すみません。私、孝太郎さん出演、それも好きなお役であれば一等席で観ることにしています。お陰で老後について心配なここ2年ほどなのですが。
細かいしぐさ、表情、息づかいなど一等席でないとわからない、感じられない。だって孝太郎姉さん魅力のひとつはそこなんだもん。
しかし今回は4回も観るので、4回とも一等席というわけには無理なので、1回目は三等席にしたわけです。2回目鑑賞の6月7日は一等席にしていたので、この問題は解決しました。
やっぱり素敵だわ。しぐさがとても女らしく上品だわ。
そしてもうひとつ思っていた以上に楽しめなかったのが観ていて、自分の仕事と重なるところがあり、仕事のことは忘れたいのに色々と考えてしまったのです。2年前はそんなことなかったのにな。この舞台を観る余裕ができたせいか、仕事がそれだけ厳しいと言うことか。厳しいと言うことだろうな。
しかしこれも2回目の観劇で一等席で観たので素敵なお吉@孝太郎に見惚れて、仕事のことを思い出す事も殆んど無く楽しめました。

3回目、4回目を観劇するのは前回に観劇してから3週間後になります。変わった部分もあるだろう。自分の感じ方も違うだろう。楽しみにしています。
そして最期となる与兵衛@仁左衛門、またこのお役での親子三代の舞台、しっかりと見届けたいと思います。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-20 09:47 | 歌舞伎 | Comments(0)

ユニバーサル・スタジオ

ガツガツ洋画を観て、日本人の役者さんよりもアメリカやイギリスの役者さんの方が名前と顔が一致するという時期がありました。
そして初めて一人で海外旅行をしたのが、アメリカのロサンゼルスとサンフランシスコでした。
それがちょうど10年前だったんだ。
a0044916_10572562.jpg

これは10年前に行った時にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで撮影した時のもの。
残念ながら、Thanks giving day のためにお休みで中には入れませんでした。
こちらは10年後にユニバーサル・スタジオ・ジャパンで撮影したもの。
a0044916_10581798.jpg

昨日はめちゃくちゃ楽しかったです。
オープン10時からクローズ20時半まで居ました。
特にジュラシック・パーク・ザ・ライドとスパイダーマン・ザ・ライドが楽しかったです。そして何と言ってもマジカル・スターライト・パレード。
a0044916_10583430.jpg

このパレードにいくら費用がかかっているんだろうと余計なことも最初は考えてしまったのですが、もうそんなことはどうでもよくなりました。
自分が忘れていたものを思い起こしてくれて、夢や希望を感じられ、だからリフレッシュできました。楽しかったです。

そして自分へのお土産は映画『アンタッチャブル』のパンフレット。
a0044916_10592420.jpg

この映画を観てアンディ・ガルシアのファンになり、そしてロサンゼルスに行って、アンディのHollywood Walk of Fameを見つけた時にはとてもとても感動したのを今でも覚えています。
久しぶりにアンタッチャブルを観たくなってきちゃった。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-19 11:04 | エンターテインメント | Comments(0)

夜のUSJ

a0044916_19424275.jpg

ただ今、マジカル・スターライト・パレード待ちです。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-18 19:42 | 身辺雑記 | Comments(0)

USJより

a0044916_134718.jpg

念願だったUSJにて楽しんでいます。
これからバックドラフトへ。
[PR]
by eri-seiran | 2009-06-18 13:04 | 身辺雑記 | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧