<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大徳寺の紅葉

11月の28日の土曜日、京にてふみさんたちと合流する前にまず京の紅葉を楽しもうとその日の朝に決めました。と言うのは、ふみさんたちと別れた後に楽しもうかと思っていたのですが、朝早くに目が覚めて早くから行動できるということで、人の少ないうちに。
そしてどこにしようかということで、インターネットで紅葉の情報を調べ、あまり人の多くないところ、壬生からかけ離れていないところということを考え、大徳寺にしました。
大徳寺は私が大学生時代、住んでいた所から一番近いお寺でした。

久しぶりに行けば、私が住んでいたワンルームの集合住宅もいまだに健在でした。友達と一緒によく行ったラーメン屋さんも、煮魚が美味しかった和食の食堂も、おじさんおばさんがとても親切だった中華料理屋も健在。その一方で近くにコンビニストアができているではないですか。あの頃にあったら便利だっただろうな。
とにかく懐かしかったです。

さて大徳寺には9時頃に着きました。北大路のバス停大徳寺前で降り、旧大宮通りを上がっていると、観光バスがやって来たり、思っていたよりは多かったですが、人込みに巻き込まれることはなく、ゆっくりと散策できました。
総門から入り、大徳寺本坊を通り過ぎ、前田利家妻まつが建てた前田家の菩提寺である芳春院へ。秋の特別公開をされていたのですが、参拝時間は10時からということで参道から見える紅葉。
a0044916_8575084.jpg


西へ歩くと竜翔寺。こちらも外から見える紅葉。背が高かった。
a0044916_8594570.jpg


そして高桐院へ。インターネットで調べたらここの紅葉がきれいだということで、また参拝時間が9時からだったので時間的にも大丈夫ということで、それが大徳寺にした最終的な理由でした。
ここは慶長6年(1601)に戦国大名の細川忠興によって建立されました。明智光秀の息女であり、忠興の正室である細川ガラシャのお墓があります。そして行ってから知ったのですが、歌舞伎の創始者と云われる出雲の阿国のお墓もあったんです。

a0044916_903814.jpg
ここは撮影スポットになっていました。

a0044916_91522.jpg
このきれいな赤い紅葉を見た時、『組!』の芹沢鴨とお梅さん、そして護衛で付いて行った斎藤一が見た嵐山の紅葉を思い出しました。

a0044916_912639.jpg
風で葉が舞いながら地に落ちていこうとしています。

久しぶりに京のきれいな紅葉を満喫して、心も洗濯できました。
そしてやっぱり大徳寺にしてよかった。人はそれほど多くなかったし、とても懐かしかったし。
[PR]
by eri-seiran | 2009-11-30 09:11 | | Comments(2)

いざ池田屋へ!

副長こと耕史君のロックミュージカルの大阪公演が昨夜にあり、観に来られたふみさんが一緒に来られたお友だちと本日は京を巡るということで私も途中から合流し、ランチまでの時間をご一緒させて頂きました。
ふみさんのお友だちはmonoさん。もちろん耕史君ファンで、そのきっかけが『組!』であるということで、放映から5年も経つけれど、今でもある『組!』ファンの方との新たな出逢いでした。

今朝、ふみさんたちは大阪から京に入り、まずは四条大宮にある龍馬とおりょうのゆかりの地である武信稲荷神社へ。そして壬生の新選組ゆかりの地を巡るとのことだったので、私は壬生のどこかで合流しようと思っていたのですが、山南敬助が上手く導いてくれたのか、殆んど同じ時間に光縁寺の門前に着きました。
光縁寺は今年の山南忌以来。南天の赤い実が鮮やかで、それを見て、この時季には以前にも来た事があるなと思い出しました。確かなのは3年前、南座での歌舞伎鑑賞をする前に訪れたのです。と言うことは、孝太郎姉さんに恋に落ちてから3年なんだわ。もっと経っているような気がしたんだけれど。それはきっと孝太郎姉さんへの恋は濃いからだと思う。エネルギーもお金も費やし方はすごいもん。もちろん山南に対しても同じです。

光縁寺を後にしていつもの通りを西に向かうと旧前川邸。本日は土曜日だったのでお店ががオープン。色々と品が増えておりチェック。そして『組!』での山南敬助@堺雅人をはじめ訪れた役者さんたちの色紙、副長のポスターなどを見ると今でも胸が熱くなりました。そして壬生寺へ足を運び、壬生寺からは

いざ池田屋へ!

今回、とても楽しみにしていたんです。
三条河原町の池田屋跡にできた海鮮茶屋 池田屋 はなの舞にてランチ。
こんなものが今年の7月にオープンしたと聞いてから、山南ファンですが、行きたいな~と思っていて、でも新選組ファンとか、幕末ファンとかの友だちじゃないと付き合ってくれないよな~と思っていたので、ふみさんからランチはここでするつもりと聞いて私もお願いしますということになりました。
三条河原町のバス停で降り、目指すは池田屋。あそこが池田屋だ!という感じ。中に入って御用改めてござるという感じ。8メートルの大階段に新選組の羽織りを着たお店の人。階段の壁には新選組隊士。色々とチェックしたり、写真を撮ったり、ワイワイ騒いでいるものですから、席が用意できても私たちに声を掛けられなかったみたい。自分達が落ち着いて、自分達から席を聞きました(苦笑)。
a0044916_21412422.jpg

ランチのメニューは本日のランチ、沖田総司、龍馬とお竜、近藤勇、土方歳三、池田屋弁当でした。自分が食べたかったのは龍馬とお竜か、池田屋弁当ということで、せっかくだし池田屋弁当にしました。値段的には池田屋弁当が一番高く、土方歳三が沖田総司と近藤勇より100円安いことに土方ファンのお二人は納得できなかったようです。
新選組ファンとしては何故副長が総司より安いんだとか突っ込みも入れながら、ここでならば話のネタは尽きないかと思います。
そして『組!』ファン同士が出逢った時、『組!』ファン、または『組!』がきっかけで耕史君や堺さんのファンになった場合、必ずと言っていいほどどのようにしてファンになっていったかという経過を聞いたり、話したりしますが、初対面のmonoさんとは食べながらそんな話も。それから平成17年(2005)の会津まつり、また同じ年の京都駅での副長のトークショーの話しなど懐かしかったです。

池田屋跡、以前は池田屋跡をわざわざ訪れた人とか、ここにあるということを分かっている人ならばスルーはしませんが、それ以外の人ならばスルーしてしまいそうな感じだったと思います。しかし池田屋という名の食べ物屋さんになってかなり目立つし、インパクトがあり、やはり立ち止まる人が多く、知らない人に知ってもらうことができるな~と思いました。
[PR]
by eri-seiran | 2009-11-28 21:46 |  ゆかりの地 | Comments(2)

大坂のゆかりの地巡り~距離感~

今日は大阪にての舞台鑑賞の前に、再び山南敬助&新選組が大坂での常宿にしていた京屋跡、山南敬助が不逞浪士と戦った岩木升屋跡、新選組が金銭面で助けてもらい、また山南敬助が不逞浪士と戦ったという説がある鴻池跡、そして山南ゆかりの地ではないけれど、緒方洪庵先生の適塾を巡ってきました。これで何度目だろうか(苦笑)。

先日、小説『竜馬がゆく』で竜馬が岡田以蔵と高麗橋で逢うところを読んで、岩木升屋跡があり、山南敬助も土方歳三も多分に渡った高麗橋に行きたくなって。小説で竜馬と以蔵が逢うのはフィクションでしょうが、でも八軒家船着場に近いから、龍馬を初め多くの志士たちが歩いたんだろうと改めて思ったのです。

それぞれのゆかりの地についてはこれまでも何回も書いているので省きます。八軒家船着場、京屋、岩木升屋、鴻池、適塾についてはこちらとか、こちらより

家を8時に出たら余裕を持って巡れるかな?と思ったのですが、家を出たのが8時40分。JRに乗り、地下鉄に乗り、京阪電車に乗って、八軒家船場跡がある京阪天満橋駅に着いたのが10時半。舞台が始まる時間、梅田まで戻る時間などを考えると1時間ほどで巡らないと間に合わないという状況でした。
まずは八軒家船場跡です。
a0044916_21582350.jpg

そしてここから50m弱、西に歩き、左に曲がると石段があります。ここには何回も来ていますが、初めて蔦がいいな~と気付きました。
a0044916_21585437.jpg

季節もあるのでしょうが、今までは山南も石段を歩いたんだとか、石段を見ながらそんなことばかり考えて歩いていたから。その石段を登れば、北大江公園があり、その辺りが京屋跡です。
a0044916_2159829.jpg

奥のイチョウの木は黄色に色づいてきていますが、手前のイチョウはまだでした。同じ敷地にあってもそれぞれが受けた影響によって違うんだな。
さて北大江公園を通り抜けた所にある一本道を西に向かって10分弱(歩きの早い人であれば5分で行けそうな距離)で高麗橋です。
a0044916_21594573.jpg

a0044916_2202760.jpg

山南敬助も土方歳三も確かに歩いたはず、また坂本龍馬も歩いたかもしれない橋です。江戸時代、この橋は幕府管理の十二公儀橋の中でも格式が高かったそうです。それから明治3年(1870)、大阪最初の鉄橋にかけかえられています。明治になってすぐに山南も土方も渡った橋は取り去られ、新しく変えられたのね。
この川が東横堀川で、10月に大阪城・道頓堀コースの川巡りをした時に通った川です。

そして橋を渡って西へ数十メートル歩いた所が岩木升屋跡辺りです。
a0044916_221118.jpg

ここからさらに西に歩き、堺筋に出て、北へ数十メートル行き、今橋一の筋を再び西へ数十メートル歩いて最初に出合う筋の所に鴻池跡があります。岩木升屋跡から5分くらい。
しかしです。私は鴻池跡に辿り着くまでに洒落たお店を発見。GOKAN北浜本館。お昼御飯はどこかでパンでも買ってお腹に入れなければ舞台に間に合わないと思っていたのに、美味しそうなキッシュの誘惑に負けて入ってしまいました。
ランチセットAを注文し、ゆっくりしちゃいました。キッシュもサラダもケーキも珈琲も美味しかった。満足。また食べ終わった後はお菓子を見て回っていくつか買い、と言うわけでここで30分ほどロス。舞台の開演まで後40分ほどになっていました。慌ててここから1分ほど歩いて鴻池跡へ。
a0044916_2213264.jpg

そしてそこから2~3分で適塾です。
a0044916_2215424.jpg

どちらももう写真だけ。緒方先生、江戸にて仁に逢いましたか?なんって言っている場合じゃない(苦笑)。それから車が停まっていたり、急いでいたために良い角度から写真が撮れず。適塾には以前に来た時よりも人の出入りが多かったような。仁の影響だろうか。
急いで地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅に行き、梅田駅で降り、いつもと違う出口から出てしまい、こんな時に限って遠回りに。梅田芸術劇場に無事に辿り着き。ギリギリセーフでした。

今回は山南敬助の大坂におけるゆかりの地の距離感を改めて感じたかったのですが、自分が急ぎ足だったこともあるのですが、前回歩いた時よりもとても近いな~と感じました。そしてこの辺りにおいては山南敬助や新選組だけでなく、私が知る多くの志士たちも歩いたんだろうな~と思った次第です。
[PR]
by eri-seiran | 2009-11-22 22:04 |  ゆかりの地 | Comments(4)

歩くこと

お久しぶりです。
1週間以上も記事をアップしていなかったんだわ。
最後に記事をアップしてからは仕事がバタバタ状態でした。そのために『竜馬がゆく』もまだ黒船です(苦笑)。
一昨日に大事な仕事や溜まっていた仕事が片付き、この週末はプライベートのことでしなければならないこと、したいことをしています。

さてこの1週間、仕事以外に食べて寝てお風呂に入ってなど人間が生きていくうえで最低限必要なこと以外に自分がやりたいこともたくさんあり、しかし24時間と決まった時間の中では限界があり、どれを優先させるかということになるわけですが、最近の私が優先していることは歩くこと。

万歩計をつけており、1週間にこれだけは歩くという目標を決めており、それを達成するのか楽しみの一つになっています。
仕事が忙しすぎてあまり歩けなかったりすることもあり、達成できない時もあり。先々週とその前の週は体調も悪かったこともあり、達成できず。しかし先週は達成。今週も今日が最終日なのですが、達成しました。

例えば、山南敬助もここを歩いたんだとか山南ゆかりの地巡りといった目的があれば歩ける人間だったのですが、これといった特別の目的がないのに歩くことはとても嫌いな自分でした。多分にこれまでの自分の人生において歩くということは自分にとっては遠いものだったからなんだろうと思う。何故ならば歩くことに制限があった子供時代だったから。だから長距離歩くということには慣れていない。またしんどいことは避けて通る。今もどこかで制限があるのですが。
でも今、自分のペースで歩け、そして歩くことが楽しいんですよね。歩くことなんって嫌いだったのに。
そして歩くことによってストレスを発散しています。

自分の住んでいる所は山南敬助が京に向かう時に歩いた道が近くにあり、その道も時々歩いているんです。東から西へ向かって。山南も歩いたんだよな~と思いながら。
[PR]
by eri-seiran | 2009-11-21 22:11 | 身辺雑記 | Comments(0)

小説『竜馬がゆく』

生きている以上、色々と悩み事があるわけですが、ここ数ヶ月間、ゆる~りと悩んでいたことが昨夜、解決しました。
司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読み始めることにしました。大河ドラマ『龍馬伝』が来年より始まる前に龍馬についてもう少し勉強しておきたいな~それならば昔に読んだ『竜馬がゆく』を再び読もうかな~それならば買わなくても本棚にあるしな~でも文庫本8巻は長いよな~せっかく読むならば違う小説家の方が書いたものがいいかな~とか悩んでいたのですが、昨夜の歴史秘話ヒストリアのフリーをなめたらいかんぜよ!~坂本龍馬と海援隊 夢と挑戦の日々~を観て、やっぱり勉強しようと思い、そして『竜馬がゆく』にしました。
『竜馬がゆく』にしたのは、勉強しよう、龍馬が描かれた小説を読もうと決めたのが23時前でもちろん本屋さんは閉まっているし、家に龍馬が描かれた小説は『竜馬がゆく』しかないし、翌日に本屋さんに行って龍馬について書かれた新たな本を探すのも大変だから。

天満の八軒家の船宿にゆくために高麗橋を渡ろうとしていた。
                 司馬遼太郎『竜馬がゆく(一)』(文藝春秋)より


これは19歳の竜馬が土佐から初めて江戸に向かう途中、大坂で岡田以蔵と出会うシーンです。
八軒家の船宿と言えば、新選組も大坂に滞在中はここでした。そして高麗橋は山南敬助が不逞浪士と戦った岩木升屋があった所です。

竜馬と岡田以蔵がここで出会うのは史実ではないでしょうが、実際、坂本龍馬もこの辺りは歩いていたんだろうなと改めて思いました。
そして龍馬が土佐から江戸に向かい、千葉定吉の桶町千葉道場に入門したのが嘉永6年(1853)だそうで、山南敬助が小野派一刀流の大久保九郎平衛門人であることを書いた山南の自筆は嘉永6年(1853)に書かれたものだと云われていまして。
だから龍馬が北辰一刀流に入門した時、山南はすでに江戸にいて、そして少なくともその時は北辰一刀流ではなかったということなのよ。

『竜馬がゆく』を読むことは坂本龍馬や幕末について学ぶことができると共に山南敬助についても何か見えてきそうです。
[PR]
by eri-seiran | 2009-11-12 22:23 |  本 | Comments(0)

大阪公演『蛮幽鬼』

朝から大河ドラマ『新選組!』の第4回の『天地ひっくり返る』を久しぶりに観ました。改めて観てこの回はやっぱり凄い。後に大きな影響を与える山南敬助@堺雅人に芹沢鴨@佐藤浩市に近藤勇@香取慎吾が出会い、近藤以上に山南からは大きな影響を受ける土方歳三@山本耕史は近藤より先に山南に出会い、また近藤と土方を最後まで支え続ける斎藤一(山口一)@オダギリにも近藤は出会い、そして何よりも近藤勇・芹沢鴨・山南敬助を動かせ、後の新選組に繋がったのは水戸脱藩浪士で試衛館道場に入門していた広岡子之次郎@橋本じゅんが参加した桜田門外の変であるというこの回の描かれ方は本当にすばらしい。そしてこの前の回で、近藤は橋本佐内@山内圭哉と坂本龍馬@江口洋介の話についていけない自分に焦りを感じ、このままではいけないと思っていたのである。

と言うことで久しぶりに第4回を観たのは、昨夜、大阪公演『蛮幽鬼』を観た影響からである。

『蛮幽鬼』は見に行くまではモチベーションが低かった。
翌日から続くハードな仕事を終えて、ギリギリ間に合うという状態だった。
昨日の分は保険で掛けて置いた分が取れて、いかがしようかと思っていたのだが、色々と考えたりするのも大変だったので、自分が行くことにした。
情報を殆ど得ず、真っ白の状態だった。
この日、仕事でいやーなことがあり、仕事と生活エリアから離れ、現実の世界から逃避したかった。

観に行って良かったです。
わ~長いと思ったけれど、大丈夫でした。
全3回観に行くことになるけれど、2回で良かったと思うことにならないかと思ったけれど3回は観に行けます。
次に観に行くのは1日においてという短さで大丈夫かと思ったけれど、明日、観に行くモチベーションはとても高いです。

橋本じゅんという役者は舞台『噂の男』でいい役者さんだな~と思ったけれど、昨日の舞台で改めていい役者さんだな~と思った。役としては嫌な奴だけれど、どこか憎めない。そして役者橋本じゅんからパワーをもらった。
そんなこんなで広岡子之次郎@橋本じゅんが登場の回を観たくなったのである。

もちろん堺さんもとても良かった。劇そのものはドロドロとしているので後味が悪いかと思っていたが、そんなことはなかった。
全体的によかった。
[PR]
by eri-seiran | 2009-11-11 12:19 | 『組!』の愛しき役者たち | Comments(4)

『龍馬伝』のキャスト 其の四

2日前の3日(火)の夜に当ブログのアクセス状況をチェックしてみたら、記事をアップしてから数日経っているのに、話題性のある記事をアップしたわけでもないのに、その日と前日、いつもの倍以上のアクセスがある。このような時は大河ドラマ『龍馬伝』の新たなキャスト発表など『龍馬伝』において何か新たな動きがあった時であり、私は皆様方のアクセスによって『龍馬伝』の情報を知ることができている状況であり、お礼申し上げます。そしてせっかく来てくださっているのに自分は新しい情報に触れておりませんで、すみません。情報はこちらより

これはスルーするわけにはいかないので遅れ馳せながら触れておきます。
新たなキャストの発表が2日にあったそうです。
『ちりとてちん』から若狭こと貫地谷しほりちゃんに続いて草々こと青木崇高君が土佐の後藤象二郎ですって。自分、後藤象二郎について勉強不足で、だからイメージもなく、だからあの人がいいな~とかいうものもなかったんです。
後藤象二郎は天保9年(1838)生まれだということで山南敬助より5歳年下ね。そんなこと、このドラマでは関係ないけれど(苦笑)。土佐藩の人ね。土佐勤皇党の弾圧した人ね。龍馬を語る上ではキーパーソンよね。楽しみだわ。

そして我らが『組!』からお二人登場。殿内義雄こと生瀬勝久さんが長州の吉田松陰、伊東甲子太郎こと谷原章介さんが桂小五郎ですって。二人とも長州ですよ、長州(苦笑)。
吉田松陰、殿内同様にまた早くにさよならか。谷原さんの桂小五郎はいいかも。
こうなったら長州組は『組!』のメンバーでどうか。そしたら演じる前から長州組の結束力は強くなりますよ。

その長州の高杉晋作とか、好きな中岡慎太郎とか、重要人物の発表がまだでして、まだまだ期待しております。
四草こと加藤虎ノ介さんの登場はないのだろうか。

また『龍馬伝』のサイトもオープンしており、特別展『龍馬伝』の場所や日程も決まって発表になっているではないですか。
こんな時から決まっているんだ。『組!』の時もそうだったのかな?
京都展は京都文化博物館ですって。『組!』の時もここでした。6月19日から7月19日まで。『組!』の時もこのくらいの時期でした。2回も行ったけ。
今回は2回も行かないかもしれませんが、1回は必ず行きますよ。
[PR]
by eri-seiran | 2009-11-05 11:58 | エンターテインメント | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧