<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

再び山南と龍馬

大河ドラマ『龍馬伝』に山南敬助は登場していませんが、史実では確かにこの時代に生きており、この時期に新選組の総長として京に居たと云われていまして。
山南の脱走・切腹は描かれませんが、前回を見て時期的には本日の回くらいかと思っていました。しかしまだ元治2年の冬は来ていないなという感じだったので、次回になるのでしょうか。すでに元治2年の2月はスルーされて春になっているかもしれませんが。
龍馬が大変な時、新選組でも総長が切切腹するという大変なことが起きたのです。
本日の岩崎弥太郎の

誰もかも追い詰められちょった

の言葉にそうそうと深く頷いた私です。

山南も坂本も追いつめられていたわけですが、『組!』の山南敬助@堺雅人は寺田屋にいる坂本龍馬@江口洋介を訪ねて行きました。勝先生が軍艦奉行お役御免、海軍操練所も取り潰しとなり、落ち込んで投げやりになっていた龍馬。勝先生に薩摩の西郷の所に行けと言われてまだ悩んでいる龍馬。
そんな龍馬に
この国を動かすのは人と人とのつながりであり、だからこそ藩に属さず、一つの考えに拘らない龍馬のような人が日本には必要だ
と言った山南。
本日の『龍馬伝』を見て、この時の山南の言葉はすごい、説得力があるな~と改めて思いました。『組!』での龍馬はこの山南の言葉、山南の死、そして山南の託すによって前に進んで行けたのです。

そして『龍馬伝』を見て、龍馬の出来事や行動について本で確認したりして分かってきて、本日の龍馬の出来事なども確認して、気付いたことがありました。
『組!』では、山南が龍馬を訪ねて行ったのが元治2年(1865)2月22日、つまり山南が脱走する日の設定になっています。6年前の時はなんにも思わなかったのですが、この時にはすでに龍馬は同志と共に薩摩藩邸に保護されていたようです。元治元年の10月とか。だから西郷の所に行こうか、どうしようか、悩んでいる時期ではなかった。
ドラマですので、2月22日に龍馬が寺田屋にいたとか、西郷の所に行こうか、どうしようかと悩んでいた、いなかったとか、そんなことはどうでもいいんです。黒船を誰と誰が一緒に見に行ったとか、見に行っているはずがないとか、そんなことはどうでも良いんです。
同じ幕末もののドラマを見て、疑問に思い、調べて史実を知ることができるな~と思ったのです。

それ以外に本日の『龍馬伝』ですが、以蔵は見るのが辛くて。辛くて。
それから小松帯刀を演じているのは映画『クライマーズ・ハイ』で山南でなく、堺さん演じた佐山と一緒に御巣鷹山に登った悲劇の記者・神沢を演じた滝藤賢一さん。西郷吉之助は日曜劇場『官僚たちの夏』で堺さん演じた庭野の先輩であった鮎川を演じた高橋克実さんというのも堺ファンとしては嬉しい。あの時は鴨も一緒だったもんね。芹沢に山南に西郷?
[PR]
by eri-seiran | 2010-06-27 20:44 |  ドラマ/映画/舞台 | Comments(2)

イケメンですって。

働けど働けど仕事が片付かない、発熱のない風邪でしんどいものの休めない、もう何もかもイヤ!という地獄の状況でしたが、風邪の方も落ち着き、この週末、仕事もちょっと落ち着きました。
そこで金曜日には、夏休みに香港に行こうと決め、旅行会社に行って来ました。そしてその帰りに本屋さんに寄っておもしろそうな本がないかと見ていたら、『イケメン幕末史』というタイトルの本を見つけました。
著者は歴ドルの小日向えりさんで、PHP新書からです。

私の大好きなあの方はこの本には絶対に載っていない、絶対に自分が買う本ではないと思いながらも、ちょっとチェック。
土方歳三や中岡慎太郎などがイケメンだというのはわかるのですが、他はよくわからない。この人はそうでもないよな~坂本龍馬は知名度から載っているよな~とか、そして最後の方になっていき、ほ~らね、やっぱり載っていないよね~なんって思っていたら、載っているではないですか。びっくりです。あいうえお順だったので、山南(やまなみ)でラストから2番目。ラストは吉田松陰でした。
『新選組!』にて堺雅人が演じたことによって女性人気が上がっているようです。これがなかったら、載っていないだろうな。

でも載っていたからという理由だけでは買わない。
山南敬助についての説明が自分の考えと似ていました。例えば新選組研究家という方でも小野派一刀流をスルーする方もいますが、小野派一刀流を修めたことには触れてあったし、脱走説は疑問視しているし、そして色々な逸話を全て信じるのではなく、色々と読んで、自分の考えを書かれているようであり、それが良かった。

と言うことは他のイケメンたちについてもそうだろうと思い、私が他のイケメンたちを知るのにいいのでは?と思って買いました。

イケメンとは美男子のことだと思っていたのですが、ウィキペディアによると、広義では、
もしくは様々な要素によって「カッコイイ」と認定された男性に対して使用される
と書かれています。だから山南のことをイケメンとしても良いのね。
土方や左之助はイケメングループに入っても、山南は絶対に入れないと思っていましたから(苦笑)。
[PR]
by eri-seiran | 2010-06-20 20:33 |  本 | Comments(6)

『龍馬伝』における池田屋事件

坂本龍馬が主人公ですから。
龍馬は直接その事件には関わっていないわけですから。
確かに池田屋には走っていましたから。
池田屋での戦いのシーンがなくても新選組の冷徹さと怖さは十分に伝わってきましたから。

でも幕末における大きな事件であり、また今後の倒幕に影響を与える事件なのでもう少しね。望月亀弥太にポイントを置いて龍馬に出会うところまで描いてほしかったかな。

結局、あの隊列でも近藤と土方と総司しかわからなかった。
その後ろに永倉や原田、斎藤たちがいたんでしょうけれど。
あの方だけがいなかったのは確か。それは山南敬助。
史実では山南は参加していませんので。
『組!』では屯所で留守番をしていましたが、史実ではどこにいたかも不明なんです。

あの総司は良い。ちょっとしか映っていないけれど良い。何か歌いながら歩いて。池田屋で喀血はあったのか?総司の喀血説も池田屋であった、いやなかったという説があるけれど、『龍馬伝』の総司はあったそうには見えないな。あったけれど元気なふりをしているのか?
この総司、映画『壬生義士伝』での沖田総司@堺雅人ぽい感じがする。来週も登場するようなので楽しみにしたいと思います。

それから、池田屋事件まで龍馬は新選組の存在を知らなかったのかということに驚いたんですけれど。
もちろん『組!』の時みたいに江戸に居る時から近藤や土方たちと知り合いだったとは思いませんが。山南だけは知っていたかもしれませんが。
実際はどうだったんだろう。
大坂・京に、龍馬も新選組も行ったり来たりしているので、名前とか、どんな集団か、もっと早い時期に知っていてもおかしくないんじゃないかな。
[PR]
by eri-seiran | 2010-06-06 21:41 |  ドラマ/映画/舞台 | Comments(4)

『龍馬伝』における新選組

今夜の大河ドラマ『龍馬伝』の「池田屋に走れ」をリアルタイムで見る為に、まだ見れていなかった新選組が登場した第21回と22回を昨日と今日に見てやっと追い付きました。

『龍馬伝』に関しては私的には色々と言いたい事がありますが、書くことは避けております。しかし新選組については自分の身内のようなものなのだと勝手に決めているので書いても良いでしょう。
何故に近藤局長、土方副長、総司のメイン3人だけで以蔵を追っているんだ?メイン3人を画面に登場させたいからでしょうが、それならば平隊士を連れて行こうよ。そして聞いてはいましたが、近藤が土方ぽっい。キャスティングを知らずに見たら、原田さんが土方かな?と勘違いしそうだな。
新選組ファンではありますが、以蔵がかわいそう過ぎる。ただでさえ、恐怖のどん底にいるのにあの3人に追われたら恐すぎるでしょう。龍馬が現れても龍馬と気付かないほどパニックになっているではないか。
『龍馬伝』の中で一番に良いと思うのが以蔵なんです。
純粋で可愛らしくて、演技も良い。

『龍馬伝』には新選組の山南敬助も登場するかもという話もだいぶ前に・・・でもなくなってしまいました。
龍馬と同じ北辰一刀流絡みで。ここで出たら知名度が再び上がったのだが。
龍馬が以蔵と会ったところに近藤・土方・総司の3人が現われ、龍馬が以蔵を逃して3人と戦うわけですが、ここで山南が登場して「坂本さん」「山南さん」とお互いに呼び、「この坂本さんとは北辰一刀流の同門なんです」と山南が3人に紹介して、「この場は私に免じて許してください」という設定でもいいじゃんと思いました。そしてそのことが山南と近藤や土方との関係をさらに悪くしていくということで。
翌年の元治2年2月23日、山南が切腹したと聞いて友だちをまたもや亡くしたと嘆く龍馬があり。

さて今夜の「池田屋に走れ」では、池田屋に山南は登場しないのは分かっているのですが、永倉や平助などは登場して永倉とか平助とかわかる設定になっているのかしら?
[PR]
by eri-seiran | 2010-06-06 10:44 |  ドラマ/映画/舞台 | Comments(2)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧