<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

丹後半島と彼岸花

9月19日の日曜日、自分がこの仕事に就いた原点の地に行って来ました。
学生時代、そこで共に過ごした同志らと。

京都の丹後半島です。
大学を卒業した後は度々訪れていましたが、今回は約10年ぶり。それも同学年の女7人という大人数で来たのは初めてのことでした。これまでは多くても4人だったような。
この地と、ここに集まって来て共に過ごした人たちと出会っていなかったら、今の仕事に就いていないのは確かです。
そしてもがき苦しみながらも仕事を続けられているのも、この地でもがきながらも同志と共に頑張った自分が居たからだと改めて思いました。

秋の日本海の波は穏やかでした。

a0044916_22265312.jpg

久僧の浜と高嶋

a0044916_22282082.jpg

経ヶ岬の灯台

a0044916_22291433.jpg

経ヶ岬からの日本海

a0044916_2230682.jpg

伊根湾と舟屋

京都駅に6時16分に集合して、レンタカーで日帰りという強行突破でした。信州から来ている友達もいて、19時前の京都発の新幹線で帰る予定にしていましたが、私たちの計画性の無さと渋滞に巻き込まれて京都駅に着いたのは20時前。それで23時の夜行バスで帰ることに。
今度は丹後で一泊しようと約束をして別れたのでした。


こちらは26日の日曜日に撮影した彼岸花。
a0044916_22383651.jpg

a0044916_22385022.jpg

誰も手入れをしていないのに、必ず彼岸の季節になると咲く彼岸花。
偉いな~強いな~って思うんです。だからこの花が好きなんです。
しかしさすがに今年はいつまでも暑かったから、咲き始めるのが遅かったですね。それでも彼岸に間に合わせようと必死に咲こうとしているのを感じました。

学生時代、先ほどの原点の地で教えてもらった歌に『川のほとり』というのがあって、春・夏・秋・冬と4番まであり、それぞれの季節の花が登場するのです。
秋が彼岸花であり、こんな歌詞です。

めぐる秋の 風が吹く
川のほとりの 彼岸花
まっ赤にもえる 花なのに
心をゆるす 人はなし
     (作詞:笠木透 作曲:田口正和) 


好きな歌なんです。だから彼岸花が咲き始めると、この歌を口ずさむのです。
そして2004年以後は『組!』のお梅さんを何故か思い出したりもします。
[PR]
by eri-seiran | 2010-09-30 22:49 | | Comments(6)

龍馬とおりょうのゆかりの地~霧島~

新選組の場合、主なゆかりの地と言えば、大阪から函館。
坂本龍馬の場合は、南は鹿児島でありますが、東は東京ですか?

1ヶ月ほど前の話ですが、西郷から薩摩においでと招かれ、龍馬がおりょうと新婚旅行として訪れた霧島に職場の後輩と一緒に訪れました。

まずはパワースポットである霧島神宮です。
a0044916_16575137.jpg

二人もこの神宮を参拝したそうです。
だからこんなものもある。
a0044916_16581826.jpg

歴史上の人物に対してはミーハーだから、私も一緒に記念写真を撮る(笑)。

その後はランチを取ってから、龍馬とおりょうが逗留した塩浸温泉を目指しました。
その途中でコーヒーハウス空のふもとに寄りました。目的は龍馬が愛した珈琲を飲むために。
幕末の長崎では珈琲が飲まれていました(その260年前から飲まれていたとか)。新しいものが好きな龍馬はきっと珈琲を飲んだだろうということで、当時の珈琲を忠実に再現したものに、このような名前が付いたようです。
この珈琲豆は長崎の会社で作られ、販売されているそうです。こちらより
珈琲にはうるさい私ですが、おいしかったです。そこでこのコーヒーハウスで豆を買ったのですが、霧島のお水という美味しさもあるからな~
開封してある他の珈琲豆があるので、まだは家では飲んでいません。飲む時には美味しいミネラルウォーターで作りたいと思います。

霧島にはこれまでも何度か訪れたことがあり、車の中からあそこが龍馬とおりょうが訪れた温泉地だと教えてもらっていたのですが、わかりにくいところだったような。
しかし大河ドラマの影響は恐るべし。今年の5月に塩浸温泉龍馬公園としてオープン。
a0044916_172927.jpg

『組!』の時も『篤姫』の時もそうだったか、ゆかりの地として新しく作る、整備するとなると、約1年半前に発表があってからでは、検討、計画、実施と時間がかかり、大河が始まるギリギリだったり、間に合わなかったり。『組!』の場合は実際に始ってから、気付いて急遽、作られたのではないか?というものもありましたが(苦笑)。

塩浸温泉龍馬公園に着くと山道を登って行く人、降りてくる人がいて、後輩が上に石碑とかあっても登りたくないと言って、公園の売店の人に来たら、上に広い駐車場があり、みなさんそこから降りてここまで来るんですよと教えてくれました。そうなんです。私たちは運よく一番近い駐車場に停められたので、そこは上り下りしなくて済んだのです。

そしてこれが龍馬とおりょうの銅像です。
a0044916_1724462.jpg

ちなみにこれは平成元年に作られたものです。
良いな~同じ時代に富士山に行こうと約束しながら、行けなかった人もいるのに。
『組!』の山南と明里のことですが、史実ではありませんから(苦笑)。

資料館の方は大河の撮影で使用された小道具などが展示されていました。

先ほど、後輩が登りたくないと行った山道。しかし龍馬とおりょうも歩いた山道と知って、私は少しだけでも歩きたくなりました。私が歩いて帰って来る間、後輩は足湯に浸かって待っていることに。
少しだけと言いながら、歴史を感じる道に、もう止まらない。急で歩きにくいけれど、止まらない。
遂に上まで辿り着いてしまいました(苦笑)。距離的にはそれほどなく、片道10分は掛かりません。そしてたどり着いた所は、だだっ広い駐車場で、何にもありません。龍馬とおりょうが歩いた道を歩きたい方はぜひにこちらの駐車場へ。

龍馬とおりょう、そして約130年後に私が歩いた山道です。
a0044916_1744487.jpg

a0044916_1745866.jpg

a0044916_1752339.jpg

歴史を感じるでしょう。

今回の鹿児島の旅は、1日目が鹿児島市内・桜島、2日目が指宿周辺、3日目が霧島でしたが、私にとって霧島は新鮮であり、龍馬ゆかりの地として、一番楽しめました。
[PR]
by eri-seiran | 2010-09-18 17:11 | 歴史 | Comments(2)

休憩中

a0044916_1413094.jpg

ストレスや夏のお楽しみが終わったりして、夏の疲れが出たのか、香港から帰って来て2日目から体調を崩していましたが、仕事は休まず頑張り、そして先週の土曜日に完全復活しました。

今日はゆっくりとした休日を過ごしています。午前中は家でゴロゴロ。予約録画した『ちりとてちん』を見ました。師匠が末期癌であることが弟子たちにわかるシーンに涙。まだその週かい(苦笑)。

午後から散歩。山南敬助も歩いた東海道から脇道に少し入ったところにある神社の木陰で休憩中です。
[PR]
by eri-seiran | 2010-09-18 14:13 | | Comments(0)

帰国後

8月25日~29日の4泊5日で香港に行っていました。
蒸し暑かったけれど、日本の暑さよりはずっとマシ。

薩摩から帰って来て3日間働いて、朝5時に起きて関西空港に向かい、帰りは23時過ぎ。翌日から仕事でこれがめちゃくちゃハードで、香港から帰って来て2日目より胃腸の調子が悪く、休みの今日、病院に行って来ました。原因は胃腸炎。色々な疲れなどによるものだろうとのこと。
こんなに暑く、自分でもハードスケジュールの8月だな~体がもつかな~と思っていたのですが、楽しみがなくなってどっと疲れが出たようです。
でも香港はとても楽しかったです。
だからまた異国に行こう。そのためには頑張って働かなければと思えるのです。

香港から帰って来て初めての休みの今日は荷物の後片付けや洗濯、病院行き、そしてたまっている予約録画したものを少し見ました。

『ゲゲゲの女房』 香港に行って見られなかった先週分を片付けました。
『龍馬伝』 第32回
『ちりとてちん』第17週目の「子はタフガイ」の3回分

どれも追い付くにはまだまだです。
旅のレポをアップするのにももう少し時間がかかりそうです。多分、アップすると思う。
[PR]
by eri-seiran | 2010-09-04 21:44 | 身辺雑記 | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧