<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

理由の一つは『アンフェア』

1ヶ月前の今頃はスウェーデンのストックホルムに居ました。そしてストックホルムから帰ってきてもうすぐ1ヶ月になろうとしているのに、なかなか旅の記事がアップできません。
その大きな理由としては仕事が忙しい。それから海外旅行をした後は一時的に英会話を上達させようと頑張るパターンに。今回も同様で、2ヶ月以上行けていなかった英会話教室へコンスタントに通っているんです。しかしその一方で死ぬまでに絶対に行くと決めていた国に行けてモチベーションが下がっていることも事実であり、記事をアップできない理由の一つにもなっている。
そして『アンフェア』にはまったから(笑)。

1ヶ月前までは、『アンフェア』という映画か、テレビドラマかよくわからないけれど、そんな作品があるということくらいしか知りませんでした。
今回の公開に合わせて連続ドラマの再放送が昼間にされていて、平日の休みとかにモチベーションの低い状態で何気なく見ていたら、なんか面白そうと思い、そして寺島進が出ていることがわかったんです。好きな役者さんの一人です。しかし出演作品をチェックして必ず見るというところまでではない。しかしこの山路という渋いキャラクターには惚れちゃいました。

そんなこんなで『アンフェア』について色々とわかってきて、そしたら連続ドラマと言い、前回の映画と言い、今回の映画と言い、SPドラマやスピンオフSPドラマと言い、結構好きな役者さんが出演していることもわかりました。その中でも『組!』の面々が結構出ていて、坂本龍馬に芹沢鴨に土方歳三。そして大鳥圭介に加納君とか河合耆三郎とか。後、『組!』以外では、椎名桔平とか大森南朋とか好きなんですが、この二人には幕末の土佐藩の武市半平太を演じているという共通点があるのよね。大森南朋の武市半平太は記憶に新しいですが、もう15年近く前の話ですが、民放での『竜馬がゆく』にて武市半平太を椎名桔平が演じているんです。
そして今、書きながら気付いたのですが、武市と椎名桔平が『アンフェア the movie』で演じた後藤国明って重なるところがあるな~って。
後藤は自分が所属していた警察に裏切られ、新しい組織を作ろうとしたが、殺されて志は叶わず。武市も土佐のため国のためにと思っての行動だったのに、土佐藩に裏切られ、切腹を命じられ志は叶わず。

さてそういうわけで、『アンフェア』にはまった私は、本日、映画館に足を運び、『アンフェア the answer』を見てきました。

ちょっとだけ感想を書いておきますが、だからちょっとだけネタバレもあり。
[PR]
by eri-seiran | 2011-09-27 22:14 | エンターテインメント | Comments(0)

ストックホルムへの旅

ここ十年以上、海外へ行く時は一人旅です。
海外旅行に同じように行く友人は何人かいますが、まず休みが合わない。また行きたい国や目的が違ったりするので。
そしてスケジュールや食べるものまで決められた団体行動は嫌なので、旅行会社のフリーのパックに基本的にはします。
今回は5泊6日で全くフリー。オプションで観光もつけませんでした。またこのパターンだと普通、空港とホテルの送迎が付いているのですが、今回は迎えの時だけで、帰りは自分で空港まで向かい、自分で飛行機もチェックインをしなければならないものでした。

8月26日金曜日 関西空港10時55分発のフィンランド航空の飛行機でまずはフィンランドのヘルシンキに向かいました。
a0044916_2356962.jpg


スウェーデン行きの日本からの直行便はありません。
北欧と言うのは遠いというイメージがあると思うのですが、私はそう思っていたのですが、ヘルシンキは日本に一番近いヨーロッパだそうです。行きは10時間程。帰りは9時間ちょっとでした。
行きは中国地方から日本海に出て、日本海を北に上がって行き、ロシアの上空を飛んで行きました。いつまでも海で行きは遠いな~という感じでした。
飛行機で席を選べる場合、窓側にするか、通路側にするか迷うのですが、行きは昼間だし、せっかくだし、窓側にしました。果てしなく続く大陸や空、海を見ていると、地球の神秘さや美しさを感じ、そしてそんな地球に同じように住んでいる者同士なのに何故戦争をするのかとか、そんなことを思いました。

また遠い国に行くと言うと、飛行機に長く乗っているのが大変だよねとよく言われますが、私は結構楽しめるタイプです。映画を見たり、本を読んだり。飲み物を何にしようか、食事はmeetにしようか、fishにしようか考えたり。
今回、飲み物は白ワイン、食事はmeetのパスタにしました。
後、現地でどのように回ろうとか、どうしても行きたいレストランにどこで行くかなど観光の計画を立てるのも飛行機の中です。
ヘルシンキ空港到着2時間前には軽食が出てきました。ヘルシンキと日本の時差は6時間なので、15時前後に着く予定でその2時間前は日本では19時くらいで夕食の時間なのです。
飛行機がヘルシンキの空港に近づいて来ると、殺風景な景色から木々の緑や海の青、そして家のきれいな色など北欧の景色になってきたという感じ。

ヘルシンキのバンダー空港はとても大きく、そこからからヨーロッパ各地に乗り換える人も多いようでした。
まずバンダ―空港で入国です。乗り換えて他のヨーロッパに行く殆どの人がここで入国しなければならないので、日本人で込んでいました。外国に来たら外国にどっぷり漬かりたいと思っているのに、なんでこんな目に合わなければいけないのかという感じです。後、手荷物検査があったのですが、私は歯ブラシセットが引っかかり、日本より厳しい感じがしました。
フィンランド航空のストックホルム行きの飛行機のチケットに16:15で書かれてあり、私はこの時間が飛行機の出発時間だと思い込んでいたのですが、これは案内の時間であることにゲートに着いてから気付きました。
初めての空港なのでゲートまでどのくらい時間が掛かるかがわからなかったので、ムーミングッズが売られているお店を横目で見ながら、帰りの乗換えでは買えるかな~と思いながら通り過ぎました。
なんとかゲートに無事に着きましたが、近くにはお店がない。ここでチケットに書いてある時間は案内の時間でまだ余裕があるとわかったのですが、先ほどのお店のところまでは戻る元気がない。16時15分が案内の時間であるとわかっていれば、お店にも寄れたんだけれど。

ヘルシンキからストックホルムのアーランダ空港までは1時間。しかしヘルシンキとストックホルムの時差が1時間なので出発時間と到着時間は同じなのです。

ストックホルムでも簡単な入国審査があると聞いていたのですが、何もありませんでした。
ターンテーブルから荷物を取って出ると、旅行会社と契約している日本人の方が迎えに来てくれていました。こういう迎えは普通は車なのですが、今回は公共の交通機関を使うというもの。バスにするか、電車にするか、タクシーにするか、私が選ぶことができ、ここは一番安いバスにしました。
ストックホルムの中央駅に隣接するシティ・ターミナルまでバスで40分ほど。確か片道110SEK 往復で買っておくと少し安くなって3ヵ月間有効で得なのですが、もしかしたら帰りは疲れ切って荷物が重すぎて時間が無くてタクシーの可能性もあるかもしれないと思い、片道にしたのですが、帰りもやはり空港バスにしました。ちなみに1SEK(スウェーデン・クローネ)は、14円ちょっと。私は計算しやすい15円で計算していました。そう考えると片道が日本円で1650円弱です。シティーバス・ターミナルから地下鉄のテー・セントラレン(T-Centralen)駅まで歩き、この駅から二つ目の駅ロードマンスガータン駅で降り、その駅から10分弱歩いた所にホテルはありました。ホテルはピリエル・ヤールです。
チェックインをしてお部屋に入ったのは18時45分くらい。日本とは時差7時間なので日本時間すると日は替わり夜中の1時45分です。朝、5時前に起きて飛行機に長時間乗って、初めての国にやって来て、疲れ切っていましたが、最後の力を振り絞り、ホテルの近辺の散策と夕食の買出しに。地下鉄の駅の近くにセブンイレブンがあったのでそちらまでサンドイッチを購入。お部屋で夕食を取り、シャワーを浴びて、明日の行き先のチェックなどをして寝たのが確か22時くらいだったと思う。日本は朝の5時です。飛行機の中では殆ど寝ていないので、24時間フル活動してクタクタの状態だったというわけです。
[PR]
by eri-seiran | 2011-09-04 23:56 | | Comments(0)

スウェーデンから帰国

自分が家族以外と初めて旅行(もちろん修学旅行以外で)をしたのは友達4人での高校の卒業旅行。1泊2日で計画はすべて自分が立てました。
そして大学受験で初めて一人旅を経験し、九州の実家と京を行き来するようになって、一人でも出来るんだという自信がついたり、一人の気楽さもわかってきて、この頃から旅好きを実感して行動に移していたと思う。しかし学生時代はお金がなかったこともあり、一人の場合は日帰りばかりだった。そして歴史的な地ばかり。
社会人になってから海外旅行をする友達も周りにいたけれど、日本でも行っていないところがあるんだからまずは日本という考えでした。しかし20代後半に友達に誘われて一度くらい行っとこうかという考えでオーストラリアへ。しかし

スケールが違う

と帰国するとこれまでの考え方が変わり、それからは金と時間をなんとか手にすると海外へ。
最初の海外旅行がオーストラリアという場所(グレードバリアリーフの青い海で泳いだことやエアーズロックに登れたことなどが大きい)、行った時期(シドニーで新年を迎えた)が良かったんだろうな~と思う。

海外旅行を何回かする中で一番行きたい国として北欧がありました。しかし遠いし、一番行きたい国だからこそ、ゆっくりと回りたい。だから退職した時に行こうと心に密かに決めていました。
しかし自分もいつどうなるかわからない。そんなことを3月11日以後思うようになり、行きたい所に行ける時に行こうということで北欧に行くことを決めたのです。そう退職した時にゆっくり回るために今回は下見だということに。
そして短い夏休みなので滞在はひとつの都市にしました。

ということで、昨日、スウェーデンのストックホルムから帰国。
昨日は全く疲れてなく、元気で明日(9月1日)から仕事ができるわという感じだったのですが、今日になってどっと疲れが出た感じです。身体を休ませるために今日は休みにしておいて良かった。そして明日から仕事です。溜まっているんだよな~仕事。
なのでストックホルムへの旅についてはゆっくりとアップしていきます。
[PR]
by eri-seiran | 2011-09-01 22:18 | | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧