来年の目標は大河ドラマを楽しむ!

山南敬助@堺雅人が亡くなって10年が経った平成26年(2014年)8月22日に記事をアップして以来です。このブログも閉めようかな~と思ったりもしていたのですが・・・
もう少しこのままにしておこうと。

理由は、来年の大河ドラマ『真田丸』です。
そして今日、来年のプライベートにおける目標を決めました。
大河ドラマを楽しむ!です(笑)。

12月に入って本屋さんに行く機会があると、まだかな~とチェックしていましたが、今日、ついにゲットしました。

真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

NHK出版



それからこちらも買っちゃった。

NHK大河ドラマ真田丸プレミアムBOOK (カドカワムック)

KADOKAWA/角川マガジンズ




本屋さんで見つけて、ザテレビジョンの方のガイドブックをめくっていたら石田三成@山本耕史のインタービュー
最初に「12年前のワクワク感を思い出した」と語っていますが、まさしく私もその通りで、平成16年のワクワク感ってこんな感じだったな~と思い出しています。インタービューの内容は『組!』ファンとしては頷けることが多く、また主演の堺さんを立てているな~と思いました。もううれしくてもう本屋さんで一人ニヤニヤ笑ってしまいました。
正直、堺雅人さんと山本耕史さんの大河ドラマでの共演は山南と土方への思いが強いので、ちょっとな~と思っていたのですが、今では楽しみになってきました。

それから『組!』の時、大河ドラマを見て新選組のファンになった人たちを見ていると、新選組について色々と知っていくのって楽しいだろうな~と思っていました。自分は元々新選組ファンだったからある程度知っていたので。でも今回は真田については殆ど知らないのです。だから史跡巡りをしたりして、その面でも楽しめそうです。

また12年前の時、最初の頃、番宣とかは全然チェックしていなくて。だから今回はその辺も怠りのないようにチェックしていかないと・・・12年前の反省を活かさないと。
[PR]
# by eri-seiran | 2015-12-19 22:29 | 真田丸 | Comments(0)

10年前の8月22日

あの日から今日でちょうど10年です。
平成16年(2004)8月22日は、『新選組!』の山南敬助@堺雅人の亡くなった日です。
もちろんドラマでの設定は元治2年(1965年)2月23日に亡くなったことになっていますが、私は8月22日が山南敬助@堺雅人の命日だと思ってきました。

ドラマなのに本当に亡くなるかのような感覚、数日前から気持ちが沈み、8月22日が永遠に来なければ良いのにと思ったこと、亡くなった後は放心状態でしばらくはなにも手につかず・・・翌日は仕事が休みで、一日、ボッーとしながら、山南敬助@堺雅人の死についてのみなさんのサイトへの書き込みを読んで共感したことを覚えています。
『組!』ファンの会ったことのない多くの人たちと一緒に山南を見送るんだ、一緒に悲しみを共感しているんだと思えたのも不思議な感覚でした。

たかがドラマ、されどドラマです。

10年経った今でも、8月22日になるとあの日のことを思い出します。
10年経った今でも『組!』について語れる友人たちがいます。
10年経った今でも副長初め、『組!』に出演した役者さんたちの絆を感じられます。そうそう、1年前のトーク番組で副長が今でもある飲み会のことや局長のことを中心に熱く語っていましたよね。最近では総司が『組!』以来、仲良くなった平助のことを語っていましたね。それぞれの役者さんたちの関係が局長と副長、総司と平助の関係と重なるんですよね。
自分の記事をチェックしていたら、トーク番組で山南が副長について熱く語っていることを記事に挙げていました。これらはどれも同じトーク番組で、A-Studioです。良い番組だ。その時の記事はこちらです。

10年前、自分にこんな影響を与えたドラマは今までに出会ったことがないけれど、これからもないだろうな~と思っていましたが、10年経った今、あれ以上のドラマにはやっぱり出会っていません。
評価は分かれる『新選組!』ですが、ドラマの内容の好き嫌い、視聴率だけでは評価できないものが『新選組!』にはありました。あのドラマの役者たちの結束力、ファンの結束力はすごかったと思います。

今日の夜は山南が脱走を決めて脱走する第32話と屯所に戻ってきて切腹する第33話を見て、私なりの供養をしたいと思います。
[PR]
# by eri-seiran | 2014-08-22 11:07 |  ドラマ/映画/舞台 | Comments(2)

7ヶ月までのこと、そしてこれから

残暑お見舞い申し上げます

会津への旅から7ヶ月。今年は新年早々、会津を訪れることができて、良いスタートを切ったと思っていたのですが、それ以後、色々ありまして、今年は大殺界ではないかと思っています。
皆勤賞を狙っていた山南忌にも、母親が緊急入院して、山南忌の当日に急遽、実家に帰らなければならなくなり、参加できませんでした。この時は山南忌を慕う人たちの温かさに助けられました。今では母も退院して、以前と同じような生活は難しいものの、元気になりました。その節、お世話になった方々、この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
色々と大変な日々ですが、6月位から良いこともあって。
まず6月は新歌舞伎座に初めて行ってきました。歌舞伎だけでなく、久しぶりの江戸を楽しみました。7月は女友だち3人で湯布院と別府に行って来ました。

a0044916_19362927.jpg


湯布院の町です。

a0044916_19365756.jpg


宿から写した別府の町です

a0044916_19371140.jpg


血の池地獄です。


*写真が大きすぎてごめんなさい。新しいパソコン、久しぶりのパソコンからの記事アップでうまくいきませんでした。

8月は特にないものの、今日から新しいパソコンを使っています。ずっとパソコンの調子が悪く、ブログを更新できなかった一つの理由でもあったのです。新しいパソコンでは「やまなみ」と打っても「山南」と変換されるんですね。これまでの私のパソコンではできないことでした。

そして9月には友だちと二人でタイのチェンマイに行く予定です。
また10月になったら、山川大蔵に毎朝、会えることも楽しみです(笑)。
そうだ!それから2016年の大河ドラマの脚本が三谷さんで、主演が堺雅人さんという情報が入って来たのも6月でした。
正直、複雑な気持ちもありますが、『組!』から10年、今は素直に喜びたいと思います。

このように楽しみを支えにして頑張れるかな?
パソコンも新しくなり、こちらの方もコンスタントに更新していけたらと思ってはいますが・・・
[PR]
# by eri-seiran | 2014-08-11 19:43 | 身辺雑記 | Comments(0)

雪の日新館

a0044916_13243674.jpg

雪の日新館です。
会津は3回目ですが、ここは初めてでした。
[PR]
# by eri-seiran | 2014-01-12 13:24 | 山南敬助のすべて | Comments(0)

山川兄弟

昨日の史跡巡りの最後の締めくくりは、山川兄弟の生誕の地でした。

今朝、ホテルの朝食バイキングを終えて部屋に戻って、テレビをつけたら、山川兄弟が出ているではありませんか。
『ボクらの時代』に。始まって1〜2分が経っていて、山川兄、そして弟を紹介しているところで、3人目がすぐにだれかわからなかったのです。義兄の梶原平馬?梶原平馬であってほしいと・・・

NHK じゃないんだから、そんなことないか。
しかし会津にて山川兄弟を見れた偶然ってすごくない?
テンション上がっています。
[PR]
# by eri-seiran | 2014-01-12 08:35 | 山南敬助のすべて | Comments(0)

来て良かった。

ホテルの近くにあった温泉に入り、今日の疲れを取ってきました。
今日の制覇は、まずはドラマ館、鶴ヶ城、会津武家屋敷、山川兄弟生誕の地、西郷頼母屋敷跡、佐川官兵衛顕彰碑、秋月悌次郎の詩碑、戊辰戦争終結の地を回りました。

会津は今回で3回目ですが。これまでの2回目は新選組ファンとして訪れていましたが、今回は幕末の会津の人たちに思いを馳せて巡っています。

仕事の状況から旅に出ている場合じゃなく、帰ったら地獄ですが、現実の世界から離れられて、好きな会津で、幕末の会津に浸り、現代の会津の人たちに暖かさに触れ、来て良かったです。
[PR]
# by eri-seiran | 2014-01-11 22:42 | | Comments(0)

雪の鶴ヶ城

a0044916_13491870.jpg

雪の鶴ヶ城、とてもきれいな青い空。
寒い中、凛とした鶴ヶ城を見て、気持ちが引き締まります。
[PR]
# by eri-seiran | 2014-01-11 13:49 | 山南敬助のすべて | Comments(0)

雪の会津

a0044916_872453.jpg

雪の会津です。
これからまちなか周遊バスのハイカラさんに乗って、まずはドラマ館へ。
[PR]
# by eri-seiran | 2014-01-11 08:07 | | Comments(0)

雪の会津より

ただ今、雪の会津にいます。
約8年4ヶ月ぶりに会津です。郡山から在来線の会津ライナーに乗り換えて、電車は暗闇の中を走り続けました。会津若松の町の灯りが見えて来ると、戻って来たよという気持ちにずうずうしくもなりました。

12月に行けなかったリベンジです。

積雪がすごいよ。
[PR]
# by eri-seiran | 2014-01-10 22:43 | 身辺雑記 | Comments(0)

会津

本当ならば、『八重の桜』の第48回は会津で見ているはずでした。
そして9年前の2004年の11月末も私は会津に居て、大河ドラマ『新選組!』の第47回を会津で酒を飲みながら見て、斎藤一@オダギリの「この旗がある限り新選組は終わらない・・・」に涙しました・・・なんっていう記事を会津からアップするつもりでした。

しかし『八重の桜』の第48回は家で見ました・・・
振り替えの休みが入って11月30日から3連休になるということが2ヶ月ほど前からわかっていて、これは会津に行くしかない。今年は『八重の桜』に新選組誕生150周年なんだから。
着実に会津に行く準備をしていました。宿を予約して、ガイドブックを購入して、どこをどのように回るか考え、JRのチケットを購入し、仕事もなんとか片付け・・・
なのにです。
金曜日の朝から頭痛がして薬があまり効かず。会津に行けるかな~と心配したのですが、仕事から帰って1時間ほど寝たらスッキリして、パッキングをして再び寝ました。しかし今度は違う所が痛くなり、痛みがひどく、薬を飲んでも効かず、嘔吐もあり。そう私は頭痛持ちで、これがやっかいなんです。
明け方、これでは無理と諦め、最寄の駅(歩いて10分も掛からない所)のみどりの窓口が5時半に開くと同時に行き、切符の払い戻し。手数料に4000円近く掛かりました。宿はインターネットから取り消し。
もう散々です。
頭痛は段々と良くなり、今日はすっかりと元気に。
運が悪いと言うのか・・・自分の体調管理が悪いのか・・・

そんなことで、9年前の旅を懐かしんでいる今日でした。
あの旅は楽しかった。めちゃくちゃ楽しかった。当時、まだブログを持っていなかったので、ブログを始めた2005年の11月にこの時の旅について書いています。
この旅では、会津だけではなく、まず1日目は『組!』の同志の人たちの案内で江戸の新選組・山南ゆかりの地を訪れ、2日目と3日目に一人で会津を回って、3日目の夜は江戸で会津の報告会、4日目にNHKスタジオパークに行き、そして舞台鑑賞。3泊4日の旅だったのでした。
今回、会津に行こうと決め、9年前の江戸や会津への旅を懐かしく思い出していたのですが、この旅の最初の目的を思い出すのに時間がかかりました。最初の目的は舞台だったのですよ。
堺雅人さんの「喪服の似合うエレクトラ」でした。すっかり忘れていましたよ(苦笑)。

昨日の時点では今年の会津行きは無理だな~と思っていたのですが、今日、たまたまテレビをつけると「おもしろツアーズ5」という番組で、会津若松が取り上げられており、またそれを見て私は今頃、ここに居たのにと思いながら、やっぱり今年中になんとかして行きたいな~という気持ちに今はなっていますが・・・
[PR]
# by eri-seiran | 2013-12-01 22:04 | 身辺雑記 | Comments(0)

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧