映画版『壬生義士伝』、そして堺・沖田総司との出会い

昨日の記事で、大河ドラマ『新選組!』を観るまでに、紆余曲折があったことを書きましたが、実は放映が始まる約2週間ぐらい前に、『新選組!』を観ることに対してのモチベーションが少し上がったのです。それは映画版『壬生義士伝』との出会いでした。

それは、2003年12月30日の出来事でした。
私は年末年始を友人と一緒に自宅で迎えることになり、30日から友人がやって来ました。
その友人はあまり映画を観る人ではないのですが、突然、「映画の壬生義士伝を観に行きたい」と、言い出したのです。すみません、新選組ファンと言いながら、この映画についても全く知りませんでした。映像などは避けてきたところがありましたので(汗)
さっそくインターネットで調べたところ、とっくの昔に上映が終わっていることが判明して、まあ~諦めるしかないという状況になったわけです。
その後、買い物ついでにレンタル屋さんに寄った所、『壬生義士伝』のDVDがあり、キャストが中井貴一や佐藤浩市というところに私も引かれ、借りてきて友人と観たわけです。

そして新人隊士の剣術の腕試しのシーンから出てきた沖田総司が強烈でした。
「この沖田はいい!!」「こんな沖田に出会ったのは初めてだ!!」ともう興奮状態でした。なんという役者さんなんだろうと気になって名前を調べたところ、堺雅人と書かれているではありませんか?
もしかして『新選組!』で山南敬助を演じる人???
そうなんです!この時まで、山南敬助を演じる役者さんについて分かっていなかったのです。堺雅人という名前だけを知っているのみでした。
今から思うと、自分でもそんな状態が信じられないのですが、正直言って、山南敬助の描き方などについても期待していなかったのです。すみません!!これまでの経験上、期待してショックを受けるのは体に悪いということを身にしみて感じていたので・・・

しかしです!!この堺・沖田総司を観て、今度の山南敬助は期待してもいいかもしれない。もしかしたら『新選組!』も期待していいかもしれないと思った次第です。
とても単純な私です。
そして実際は、私の期待をはるかにはるかに超えるものとなりました。

あの時、『壬生義士伝』に出会ってなくても、『新選組!』にとことんはまっていったことに変わりはないわけですが、あのタイミングに『壬生義士伝』、また堺・沖田総司、そして堺雅人という役者に出会えたの幸運でした。この『壬生義士伝』を観てから、『新選組!』が始まるまでに堺雅人さんについて、色々と調べたというわけです。
そんなわけで映画版『壬生義士伝』に出会って、『新選組!』へのモチベーションも少し上がった状態で、私の2004年は始まったというわけです。
[PR]
by eri-seiran | 2005-12-13 21:54 | エンターテインメント

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧