新選組のクリアファイル

先日、仕事においてモチベーションが下がった状態でお昼の休憩時間に突入。
その時、私が『新選組』、そして山南敬助ラヴであることを十分に知っている後輩から、京都の東映太秦映画村へ行ったお土産に、新選組の隊士の役職と名前と剣の流派が書かれたクリアファイルを頂きました。
a0044916_2265712.jpg
これまで持っていた土方のクリアファイルと一緒に撮影。
そしてこの新しいクリアファイルのみで記念撮影(両方とも写りが今ひとつであり、サイズの設定も大きい)

土方の次に山南敬助の名前があるのが、ちょっと気になりますが、そのくらいいいです。
とにかく、一気にモチベーションが上がりましたよ(笑)
a0044916_228470.jpg
このように新選組隊士の名前が書かれたグッズの場合、伊東甲子太郎の名前があっても山南敬助の名前がない物が多いのです。
それは仕方ないことで・・・
伊東甲子太郎が参謀であったと思われる時の組織編成は西村兼文の『新撰組始末記』によって書かれて残っていますが、山南が副長、或いは総長(総長説さえ謎ですから)であった時のきちんとした組織編成は記録に残っていませんから。
このクリアファイルの組織編成は山南敬助以外は、慶応元年(1865年)5月下旬頃に組まれたと言われる新組織編成の通りであり、と言うことは山南はすでに亡くなっており、ここに山南敬助が総長として加わっているのは、このクリアファイルを作ってくださった方の思いやりと受け止めています。感謝!感謝!!

という訳で、このように山南の名前が入ったものは本当に以前は少なかった。最近は時々目にしますが、それでも伊東の名前はあっても、山南の名前がないものも多いです。
色々なグッズがあったようです。そしてその後輩と一緒に行かれた友人の方が、「これは?」と隊士らの名前が書かれた新選組グッズを見つけてくれたらしいのですが、山南の名前がなかったので、後輩が「山南敬助が好きな人だから、山南敬助の名前が載っているものでなければいけないの」と言って、やっとこれを見つけたらしい。

休憩時間、このファイルによってわたしの山南敬助、新選組話しが始まったわけで・・・
この組織の話し、山南敬助の総長説、斎藤が一刀流になっているが、最近になって無外流説が有力になったこと、平助、谷、松原、など他の隊士まで話は広がる、広がる・・・止まらない、止まらない(苦笑)

職場でクリアファイルはよく使うのですが、もちろんこれは使いません。この土方のファイルと同様に新選組に関する資料など大事なものを入れて、家に置いておきます。

こうして新選組グッズ一つで、下がっていたモチベーションが一気に上がる人間ですが、以前は新選組グッズを買ったことが殆どありませんでした。ちょっと苦手でした。歴史上の人物や名前などを使ってグッズにするということが・・・
しかし2004年の大河ドラマ『新選組!』を観るようになってからは、いいじゃないか、とことん新選組を楽しもうと思い、それからは色々と買っております。
[PR]
by eri-seiran | 2006-03-10 22:17 |  グッズ

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧