映画館デビュー

今日という日を逃したら、『ハチミツとクローバー』を映画館で観ることはできないかもしれない。観られたとしても、それはかなりの強行突破になるよな~せっかく観るのなら、時間的にも余裕があって、万全な体調で観たい。

と言うことで、本日、観て参りました。
そして私にとって、堺雅人さん出演の作品を映画館で観るのは初めてであることに、今日になって気付いたという次第です。堺さん自身が映画に出演されるのも『壬生義士伝』以来。この上映が2003年の初めですよね?まだ堺雅人という役者を知らない頃ですから。
私が堺さんの作品において映画館デビューしてきたというわけです。

映画館に行ったら、中学生・高校生年齢の女の子たちがロビーに大勢いるのにびっくり。やはりこの映画は若い人たちに人気があるんだな~ちょっと気恥ずかしいな~とか思いながら、チケットを購入して座席希望を聞かれ、「どの辺が空いていますか?」と尋ねたら、「まだ十分に席は空いていますよ」と言われました。先ほどの集団は、『ラブ★コン』鑑賞だったようです。そこでどんな映画なのか調べてみたら、伊東先生ではなく谷原章介さんが出演されているではありませんか。谷原さんをちょっと観てみたいな(笑)

さて『ハチミツとクローバー』の方は、公開されて2週間以上が経ったこともあってか、空いておりました。また観ている方々の年代層もそれなりにという感じで、気恥ずかしくなく観られました(苦笑)
こちらに出演されている方々、主人公の5人については殆ど無知の状態。名前は聞いたことがあるな~という方も何人かいらっしゃいましたけれど~竹本君を演じていた櫻井翔君って嵐の一人だったんですね~それすら知らなかった(汗)
出演されていると知っていて、観る前から名前と顔が一致したのは、堺雅人さん、西田尚美さん、中村獅童さん、田辺誠一さんあたりだったでしょうか?
エンディングで堀部圭亮(『新選組!』で秋月悌次郎役)の名前を発見!何の役でどこに登場していたのかと考えてみて、「あの人だ!」とわかった次第です。
滝本捨助@中村との絡みはありませんでしたが、山南敬助@堺と秋月悌次郎@堀部の絡みはありましたよ(爆)
『新選組!』ではあったかな?無かったような気がしないでもないです。すみません、あまり関係ないことでした。

とにかく堺雅人さんがどのようなキャラクターをどのように演じるのかということが、第一の目的で観に行った映画でしたが、映画全体としても楽しめ、ちょっと元気をもらいました。



まず堺さん演じる花本先生、いいな~
あのキャラクター大好き。クシャクシャの髪、無精髭、ヨレヨレの服、ヘビースモーカー、何を考えているかわからない。しかし学生たちを見守り、自分が学生時代に大事にしてきたものを教師になった今でも大切にしようとし、また物を申す時には申す。そして大人としてのほのかな想い。今だったら、胸キュン5人に花本修司@堺雅人を入れてしまいそうですよ。

主人公の5人も良かった。私的には特に竹本君と山田あゆみちゃん。あ~切ないね~
事前に読んだこの映画への評論で、全体的には良い評価をしている一方で、幼すぎる恋愛というようなことが書かれていました。確かに大人の恋愛ではないけれど、その世代により、またそれぞれによって色々な恋愛があり、いいんじゃないかな~と、私的には思いました。
堺さんご出演の『ココニイルコト』も好きで、ラブストーリーの作品でもこんな描き方があるんだな~と、思った次第です。

この映画、自分の学生時代とちょっと重ねて観ていました。彼らは美術という共通点。私の場合、共通点は福祉でした。酒を飲みながら議論したこと、そして恋もあり・・・彼らが5人で海を見に行ったけれど、私たちは鳥取砂丘で夕焼けを見ようという目的で、鈍行の夜行列車で京都から鳥取まで行き、一日鳥取で過ごし、砂丘で夕焼けを見て、またその夜の夜行列車で早朝に京都に帰ってきて、そのまま大学に行ったことがあり、そのことを思い出していました。貧乏学生でしたから。
携帯電話もパソコンもない時代でしたが、楽しかった。

この5人、そして花本先生を見て、自分の大学生時代を懐かしく思い出し、また大学時代に大切にしていたものを忘れかけているよな~と気付いた次第です。それが今更どうにもならないこともありますが、大切にしていた時代もあったんだと思えることだけでもいいのかな~

とにかく『胸キュン』バトンに回答した後に、この映画を観て良かったかもしれない。きっと今、『胸キュン』バトンに回答したら、爆走しそうです。
[PR]
by eri-seiran | 2006-08-07 19:36 | エンターテインメント

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧