『功名が辻』

今朝、関西の地元新聞に、下坂浜千軒遺跡で、人為的に打ち込まれた杭、石材、枯れた株などが発見されたという記事が載っていました。
まず下坂浜千軒遺跡とは、滋賀県長浜市下坂浜町沖の琵琶湖の底にあります。見つかったのは、沖合約100メートル、水深2メートル前後の湖底。
湖に沈んでいる杭を調べた結果、1470年から1660年の間に伐採されたものということが判明。そして空気中の杭は10年程度で朽ちるらしいですが、この杭は良好の状態で残っていたので、打ち込まれて間もなく水没したと考えられるようです。
琵琶湖の水位は昔と現在とは大きく変わらないので、何故水没したのか?ということになってくるのですが、それが天正13年(1585年)に起きた天正の大地震によるものではないかと言うわけです。この地震を契機に陥没したが、天正の大地震だけでなく、その後の何回かの地震により、2メートルも沈下したのではないかと専門家の方々はみているようです。
天正の大地震と言えば、山内一豊が城主であった長浜城が倒壊し、一豊と千代の愛娘の与禰が亡くなったと云われています。そのことも記事に書かれてありました。
大河ドラマ『功名が辻』でもこの地震の出来事は描かれ、泣けました。

今日の『功名が辻』も30年も一緒に戦ってきた男たちの友情とそれぞれの道にちょっと目頭が熱くなりましたよ。堀尾吉晴@生瀬勝久も良かったな~家を守るため徳川へつく。しかし豊臣家に恩があるから自分は隠居する。苦渋の選択だったんでしょうね。
中村一氏@田村淳が山内一豊に自分の思いなどを伝えるシーンでは、短くまとめると、『お前に託した』だな~と、要約したり。
また一緒に30年も戦ってこれたということに羨ましく思ったり。

今回、何が一番驚いたかと言いますと、上杉家家老直江山城守(直江兼続)を演じていたのが、『新選組!』で会津藩公用方の広沢安任(富次郎)を演じていた矢島健一さん。この時代、会津を治めていたのは上杉家ですもの。偶然でしょうが、嬉しいな~
さあ~いよいよ関ヶ原の戦いです。この戦いの結果が幕末に繋がるんだから。
だから歴史は面白い。

そして次回のタイトルが、『ガラシャの魂』ですよ。この時、史実での細川玉(ガラシャ)について、どうしたかは知っていますので、山内康豊@玉木宏が玉@長谷川京子がどうなったかということを知るというシーンがあるのか?そしてその時、康豊はどのように受け止めるのか、その辺りが気になるのですけれど。

大分前の回の話しですが、山内康豊が幽閉されていた玉に助けられ、そして許しが出て、玉が城に戻れるようになり、康豊との別れの時の玉の言葉

流れに逆らわずに素直に生きてみたらどうでしょう。

康豊はこの言葉によって、素直に兄の一豊にすがろうと思ったとのこと。
私はこの玉の言葉に、またその後の康豊の行動を見て、『新選組!』の山南敬助と土方歳三のことを考えていました。この二人は、流れに逆らわず生きていくことはできなかった。
しかしあの時、山南は自分の気持ちに素直になろうとした。だから脱走し、明里を連れて江戸に向かおうとした。土方も素直な自分の気持ちに従い、逃がそう、逃げてほしいと思った。でも結局、二人のそれぞれの気持ちは神様には届かなかった。やはり流れに逆らうことができなかった二人。
山南にしても土方にしても生きる道はあった。しかし義を通した二人。

そしてそれよりも大分前の回ですが、千代からねねへの言葉

琵琶湖の果ての無さは人を淋しくするのでございます・・・・・琵琶湖を見ておりますと大きな力に翻弄されているようで、空しくなるのでございます。

私は史実の山南敬助は大津で静養していたかもしれないと思っています。新選組の大幹部として思うように働けない。剣を使えない体だったかもしれない。そんな山南が、もし琵琶湖を見ていたら、どのように感じたのだろうと、この千代の台詞を聞いた後、考えていました。

最後は、『功名が辻』における語録という感じになりましたが、『功名が辻』におけるあれこれでした。
[PR]
by eri-seiran | 2006-10-15 23:23 | エンターテインメント

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る