上空から見る日本の風景

昨日、大阪空港から実家がある南国に帰ってきました。天気が良く、2006年の最後の日本を上空から拝むことができました。飛行機は度々利用するものの、こんなにきれいに見れるのは稀なこと。

山南敬助や新選組が何度も訪れた大阪。
頂上が雪に覆われていた四国の山々。
山々から平野へ、そして海につながる川。
山内一豊が築き、幕末に坂本龍馬や中岡慎太郎など多くの志士たちを輩出した土佐藩。
青い太平洋に白波、小さな船。そして九州の日南海岸。
そんなきれいな日本の景色を見ていたら、まさしくこれが日本の歴史の集大成だ!そう思えました。
戦国、幕末、そして悲惨な戦争、様々な時代を乗り越えて、今の日本がある。

2007年はどんな年になるのだろう?
ワクワク感を持ちながら、前向きに過ごしていきたいと思っています。
今年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by eri-seiran | 2007-01-01 17:34 | 身辺雑記

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧