昔で言えば元服の日に大阪にて観たフィギュアスケートショー

『噂の男』の舞台観賞が終わった後の10月から11月前半にかけて、ガツガツと舞台などのチケットをゲットしていました。自分でも恐いくらい(苦笑)。
そして以前から、フィギュアスケートを生で観たいな~と思っていました。
そういう訳で、昔で言えば元服の日とも言える1月8日に大阪へ行った所用とは、STARS on ICE IN JAPANの観賞です。
いくら生のフィギュアスケートを観たいからと言って、やはり好きなスケーターが出演しなければ、高いチケット代を払ってまで観に行こうとは思わない。
そう、好きなスケーターとは、日本人ではなく、フランス人のPHILIPPE CANDELORO(フィリップ・キャンデロロ)です。リレハンメル五輪と長野五輪の男子シングルで銅メダルだった方です。この方についてはこちらより
長野五輪でフリーでの『ダルタニアン』にて、フェンシングで戦う様をイメージしたストレートラインステップは本当に素晴らしかったです。8年以上も前の話しですが、ショートプログラムで5位だったので、なんとかフリーで逆転して3位内に入ってほしいと願い、ドキドキしながら観ていました。そう、ジャンプでちょっとミスもあったのですが、素晴らしい表現力で逆転。3位に。あ~もう一度観たい。
生で観て、やはりこの人は良いと思いました。熱いんですよ。本当に熱い!観客を乗せるのも上手い!型にはまっていないところも好き。またこの方は歴史などのヒーローをテーマにしたものが多く、その表現力が見事なんですよ。
フランスが生んだ氷上の最大のエンターティナーです。この方を観たいがために、チケットを購入して、大阪まで行った甲斐がありました。これに同じフランスで、ソルトレーク五輪アイスダンスにて金メダルだったMarina Anissina &Gwendal Peizerat (マリナ・アニシナ&グェンダル・ペーゼラ)が、来日、出演してくれたら、至極の幸福に満ちたりたのですが、まあ~そんなに世の中、上手いことはいかない。しかしキャンデロロの他に、ソルトレーク五輪の男子シングルで金メダルだったALEXEI YAGUDIN(アレクセイ・ヤグディン)や、同じくソルトレーク五輪の男子シングル6位だったTODD ELDREDGE(トッド・エルドリッジ)、そしてまたして同じくソルトレーク五輪のペアにて金メダルだったJAMIE SALE & DAVID PELLETIER(ジェイミー・サレー&デービッド・ペルティエ)なども観られたので、行った甲斐は充分にありました。 

PHILIPPE CANDELORO が出演して、Anissina & Gwendal Peizeratは出演しないという情報しか持たず行ったとんでもない奴で、行ったら、日本人選手も豪華なメンバーが登場しているではありませんか。荒川静香さん、浅田真央ちゃん、織田信成君など。日本のフィギュア界がこんなに盛り上がっているのに、あまりこちらの方は興味がなくてごめんなさい。
ただ生で観て、荒川静香さんはやはり上手いな~と思いました。ジャンプなど一つひとつがきれいに決まるし、また妖艶さがありました。イナバウアーを観た時には、とても得した気分になった次第です。
そしてこの日に成人式を迎えた織田信成君。昔で言えば、元服。私は織田信長の末裔のフィギュアスケートを観ているんだ。すごい!観ながらそんなことを考えておりました(苦笑)。
とにかくこの日、キャンデロロはもちろんのこと、世界や日本のプロ・アマのスケーターたちの魅力的な演技と楽しいショーを堪能させて頂きました。
[PR]
by eri-seiran | 2007-01-11 15:46 | エンターテインメント

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧