山南敬助の出身地である仙台への旅 其のニ

今回、仙台を訪れた目的のひとつに、自分自身で山南敬助が仙台藩出身であるか、ないかの謎について調べてみたいと思ったからです。
1については、NTT東日本宮城支店にて調べました。2以降については、仙台市博物館の中にある情報資料センターの書籍にて調べました。ここには本当に貴重な書籍がおいてありましたよ。
と言うわけで、調べた内容と結論については下記の通りです。

1.山南(やまなみ・さんなん)という姓が宮城県に存在するか、しないか。

これは山南の仙台藩出身を謎として語る時、山南の姓が現代の宮城にないということを書籍などでよく触れています。今回、NTT東日本宮城支店で電話帳を見せてもらい、山南でやまなみというよみ方、さんなんというよみ方、そして仙南(せんなん)についても調べてみました。何故、仙南についても調べたのか、理由はこちらの記事より
はい、山南という姓は、やまなみでもさんなんでも宮城県の電話帳には載っておりませんでした。言われている通りです。隣の県についても調べてみたかったのですが、時間的に難しく、東北方面にはないと云われているし、宮城県の電話帳にないんだからないだろうということで、スルーしました。仙南については個人の姓としてはありませんでしたが、インターネットで検索すると出てくるように、団体名などでは色々とありました。

結論:現代の宮城において、山南、仙南という姓は存在しない。

2.宮城県の南の方を仙南、北の方を仙北という呼び方があるが、仙南という言葉がいつ頃から存在したのか。

仙南という言葉に拘っている理由は同じように、上記のこちらの記事よりに書いております。
仙南という言葉の説明が書かれた書籍はいくつかありました。仙南は、旧刈田・伊具・亘理・柴田・名取諸郡、また仙北は、黒川・加美・玉造、志田、遠田・栗原・登米・牡鹿・桃生・本吉諸郡をさすと、書かれていました。しかし肝心のいつ頃からかということは書かれておりませんでした。地元の歴史に詳しいと言われる方に尋ねてみましたが、わからないとのことでした。ただそれぞれ挙げた地名は、仙台藩の領地名であり、そういう書き方をされているということは、あったのかな?と思ったり。

結論:幕末に仙南という言い方があったのかは、不明。

3.山南の父は仙台藩士だったのか?

これも山南のプロフィールを語る時によく触れていますが、父親は仙台藩にて剣道師範だった、しかし仙台の藩士名簿に山南という姓はないと云われています。今回、この藩士名簿を見ることができました。はい、云われている通り、ありませんでした。
仙台藩にあった姓氏について書かれた本もありましたが、山南という姓はありません。元々、仙台藩の出身であれば、山南という姓が山南の父親に限らず、載っていてもおかしくないと思うのです。

結論:山南の父は仙台藩士であったが、姓が山南ではなかった、または仙台藩の出身ではなかった、或いは他藩から来た浪人であったなど様々な場合が考えられる。

そんなこんなで色々と書籍にて調べているうちにやはり謎だ!謎すぎる!と叫びたい気分だったのですが、家紋と姓について書かれた書籍を見つけ、ちょっと違う角度から調べてみることにしました。
山南の家紋は、光縁寺と同じ丸に右離れ立葵と云われています。しかし正直言って私自身、100%信じているわけではありません。当時の記録がそのまま残っているわけではありませんから。しかし今回、この家紋から調べてみることにしました。そしたら、この家紋の一つが、現代の仙台に多く見られる家紋のひとつであることがわかりました。そしてその家紋の使用家の姓が四つ挙げられていて、そのうちの二つの姓が仙台藩士の中にもいらっしゃったのです。さらにその一つの本姓が藤原であり、伊達政宗の時から仕えていたと言うのです。山南の本姓も藤原と云われています。同じ藤原です。まあ~本姓が藤原というのは多いですけれどね。とにかく山南はその子孫だったということも考えられるのでは・・・
無理やり結びつけたという感もありますが(汗)。

とにかく、山南が仙台藩の出身であったならば、山南敬助が偽名を使ったという説が強くなるわけです。
天明2年(1782)に仙台を訪れ、俳句の指導にあたったり、句集をまとめたり、芭蕉の句碑を建てた駿河国出身の俳人・山南官鼠(やまなみかんそ)と何か関係があるのか、それとも仙南となんか関係かあるのかといったところですが、只今、山南官鼠と何かありそうな気がしてなりません。仙台藩において山南という姓がない、唯一、山南官鼠という方が仙台を訪れており、俳号ではありますが、仙台の地にその名を残しているわけです。
山南が俳句を好む人だったと云われていたら、もうこれだ!と言いたくなるんですけれど、そんなことは云われていませんし、漢詩は残していても俳句は残しておりませんし。本当は俳句を詠む人だったけれど、土方に遠慮して隠していたとか(苦笑)。

仙台において調べた結果はこの程度のものです。
今回、記事にしながら、調べ忘れがあったり、行けばよかったと思う場所も出てきたり、宿題をたくさん残していることに気付きました。名産の中で食べ損なったものもあります(苦笑)。
今度は違う季節に行きたい、そして新選組ゆかりの地がある石巻市にも足を運びたいと思っています。

仙台藩出身ということは、当時の浪士組の名簿や小島鹿之助、永倉新八、西村兼文など様々な方々により記録に残っています。と言うことは、本人が一貫として、自分は仙台藩出身だと言っていたということです。本人が言っていたなら、それを信じようとこれまでも思ってきました。もし違う藩であったとしても、そこには何らかの事情があったからであり、山南が仙台藩出身と言っていたなら、仙台藩出身なんだと。

特に理由はない、当てにならない自分の直感でありますが、自分が仙台の地を歩きながら、ここはやはり山南敬助の出身地だと思え、それだけでもなんか嬉しくなってしまいました。
[PR]
by eri-seiran | 2007-02-11 14:03 |  山南敬助

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧