井上源三郎の誕生日

気が付けば、江戸行きは明後日。
気が付けば、今日から3月。

山本耕史 『土方歳三』カレンダーを3月にすると、会津での土方歳三@山本耕史だった。
その前に『新選組!』についてちょっと考えていたこともあって、目頭が熱くなりました。そして新選組全史のカレンダーを3月にしたところ、
3月1日は井上源三郎の誕生日とのこと。
文政12年(1829)の生まれ。

自分が愛読している新選組関連の書籍において井上源三郎のところを調べてみましたが、どれも誕生については月日までは載っていなかった。しかし霊山歴史館によって作られたカレンダーなので、3月1日生まれの説があるんですね。ごめんなさい。勉強不足で。

井上源三郎は、山南敬助より4歳、或いは7歳年上となります。
史実において、元々天然理心流派であった近藤勇、土方歳三、沖田総司と山南敬助との関係は色々と書き残され、また色々な憶測がありますが、井上原三郎とはないんですよね。

しかし文久元年(1861)1月での多摩の古谷道場での新年の稽古に山南敬助も井上源三郎も出ています。また同じ年の六所宮においての近藤勇四代目襲名披露の野試合に山南は出ており、井上源三郎は鉦役でした。

この二人が、文久元年以前に出会っていた可能性は充分にあり、土方と同じ頃にこの方にも出会ったのではないだろうか。そして少なくとも、悪い関係ではなく、いい関係だっただろうな~と思います。

新選組ファンでありながら、鳥羽・伏見の戦いのゆかりの地には行ったことがないので、暖かくなったら、行ってみたいな~と思っております。
[PR]
by eri-seiran | 2007-03-01 22:56 |  同志たち

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧