人気ブログランキング |

山南敬助と坂本龍馬

ただ今、私の脳内は、11月18日は油小路の変、伊東甲子太郎と藤堂平助の命日、それだけであり、今日の15日が坂本龍馬の命日であることをすっかり忘れていました。

慶応3年(1867)11月15日に暗殺される。享年33歳。

坂本龍馬が亡くなった3日後に伊東甲子太郎に藤堂平助が亡くなったわけですが、前回の記事に書いたように、この3人に山南敬助と清河八郎を加えた5人の共通点が北辰一刀流です。
山南敬助が藤堂平助、清河八郎、伊東甲子太郎と出逢っているのは確実であり、藤堂平助とは濃い付き合いだったのに対し、清河八郎と伊東甲子太郎とはどのくらいだったのだろうかと言うと、難しいところですが・・・

史実では全くわからないのが、山南敬助が坂本龍馬と出逢っていたかどうかです。
伊東甲子太郎の場合、坂本龍馬が暗殺される前に訪ねたと逸話があり、同じ北辰一刀流、新選組から分離した伊東の動きを考えると、伊東が坂本龍馬と何らかのつながりがあったと考えてもおかしくない。
また清河八郎と坂本龍馬は出逢ったことをお互いに当時の記録に残しているとのことでお互いが出逢っていたことがわかります。これも同じ北辰一刀流つながりだったのだろう。

そして山南敬助が坂本龍馬と出逢った記録は当然ながら残っていませんし、そんな逸話もありません。
大河ドラマ『新選組!』では、北辰一刀流のつながりで、坂本龍馬@江口洋介が山南敬助@堺雅人に試衛館を紹介し、そこから山南敬助が新たな道を歩き始めたわけです。史実としての可能性はとてもとてもとても低いけれど、この出逢い方はなんって素晴らしいんだろう、これ以上の筋書はないと思ったのは言うまでもありません。

でもね、もしかしたら山南敬助は坂本龍馬と本当に出逢っていたかもしれないな~って、最近、ちょっと思っているんです。
山南の北辰一刀流つながりを改めて考えるようになり、そうなると坂本龍馬との出逢いも可能性としては出てきます。ただこれについては私の中で考察中であり、もう少し勉強してから、きちんと自分の中でまとめられたら、改めて書きます。但し、深く調べる中で、これは違うわ、有り得ないわとなったら、ごめんなさい。

自分の考察が途中であったものの、今日が坂本龍馬の命日ということで、山南敬助と坂本龍馬の関係について触れたくなった次第です。
by eri-seiran | 2007-11-15 10:21 |  山南敬助

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る