山南と試衛館派のメンバーとの出会い

『新選組始末記』の山南敬助@高橋長英を観ていると、大河ドラマ『新選組!』の山南敬助@堺雅人は幸せ者だったな~とつくづく思うのです。
『新選組!』も山南敬助@堺雅人も人と人とのつながりがキーポイントになっていましたが、『新選組始末記』ではそれが窺われず、孤独の中にいる山南敬助@高橋長英であります。
『新選組!』ではそれぞれの出会いと別れがきちちんと描かれていました。だからそこそ、それぞれの出会いから別れまでの関係も描かれていましたし、見えてきました。
『新選組始末記』の場合はその辺りをキーポイントに置いていないようなので、まあ~それは仕方ない。
山南敬助@堺雅人の最期は、試衛館派の一人ひとりとの別れがきちんと描かれていましたが、永倉新八以外のメンバーとは出会いもきちんと描かれていたな~と改めて気付きました。

山南敬助@堺雅人が試衛館派のメンバーで最初に出会ったのは井上源三郎@小林隆。試衛館に初めて来た時、源さんが出迎え、源さんが道場破りと勘違いしました。ここで源さんが勘違いしなかったら、山南は帰ったでしょう。またその山南は源さんを奉公人だと勘違いしていて、近藤の婚礼の時にそうじゃなく、近藤の兄弟子になる人だと知り、突然、ものの言い方も態度も変わり、すぐに謝るところもかわいく(笑)。この頃の山南は自分では気づいていないのかもしれませんが、自分より上だと思った人と、そうでないと思った人への接し方にちょっと違いがあって、プライドが高い山南がうまく描かれていたなと思うのです。しかしその後の山南は、下とか関係なしに対等にやわらかい接し方をするようになってきて、それも山南が試衛館と出会い、自然に身につけたものなんだろうな。

次に出会ったのが土方歳三@山本耕史。近藤がいないならば帰ろうとした山南を引き留めたのでした。強引に引き留めようとする土方。それでも帰ろうとする山南。しかし結局は土方の強引さに負けました。あの時に土方が引き留めなかったら、浪士組として京に行くこともなかったかもしれないし、新選組も生まれなかったかもしれません。すべての始まりは二人のこの出会いからでした。この辺りも山南のプライドの高さが感じられる話し方で、またこういう人は嫌いなんだよな~土方と感じられるシーンでした。

そしてその次が沖田総司@藤原竜也。試衛館では自分より強い者がおらず、天狗だった総司。山南と立ち合い、勝てると思っていました。しかし負けて。とてもとても落ち込み。でもそれがあったから天狗にならず、その後、京でも天才剣士と呼ばれるように、また一番隊の副長助勤になれたわけであり。山南と立ち合わなければ、天狗のままだったかもしれない。山南の新たな人生の始まりのきっかけと言えると立ち合いの相手が総司であれば、山南の人生の最期に剣を持って関わった、つまり介錯をしたのも総司でした。

総司の次が近藤勇@香取慎吾。この人に会うのが山南の試衛館を訪れた目的でした。立ち合うつもりはなかったのに、それまでの流れから立ち合うことになり、そしてわざと負けました。わざと負けたところ、負けた理由を土方が嫌うのも分かります。ちょっと嫌みがありましたから。
そして意気投合した近藤と山南。山南はこの人について行こうと思ったし、試衛館に自分の忘れかけていたなにかがある、自分の居場所を見つけられると思ったようです。

元々の試衛館のメンバー以外で最初に出会ったのは藤堂平助@中村勘太郎。近藤の婚礼にご祝儀を持って来た伊東道場の門人。総司の友だちでもあり。受付をしていた山南は礼儀正しい平助に感心していましたっけ。礼儀正しいという点では2人の共通点であり、その後の2人のやり取りは常に品がありました。
初めに、山南の最期、試衛館の一人ひとりとの別れがきちんと描かれていたと書きましたが、ごめんなさい。違いました。平助とはできなかったのでした。でも江戸から帰ってきた平助が、山南が何故に千葉道場を辞めて、試衛館に来たかという話を千葉道場の人から聞いてきて、山南の位牌を前に土方らにその話しをするシーンは、平助と山南の別れのシーンとして捉えることができます。そして平助が千葉道場で聞いてきた話しは、5年前に平助が山南と初めて会った日のこと。平助はこの話を聞いて、山南と初めて会った日のことを思い出したことでしょう。

平助と同じ日に会ったのが斎藤一(山口一)@オダギリ。誤って人を斬って、自分も腕を斬られ、役人に追われる中、試衛館に逃げ込んできました。何者がわからない斎藤に刀を抜こうとしましたが、斎藤が刀を抜こうとした手を抑える源さんの方が早かったのです。
後に斎藤とは京で再会するわけですが、元々の試衛館のメンバー以外では山南だけが斎藤を知っていたということが嬉しく。

最後が原田左之助@山本太郎。近藤勇に襲名披露の野試合に許しもなく、勝手に参加し、夜の府中の旅籠での宴会にも勝手に参加し、ちょっとあれ?と思ったのが山南敬助で、近藤周斎に「こちらの方は?」と尋ねて、初めてわかりました。
山南が「こちらの方は?」と言わなかったら、左之助は食べるだけ食べて、遊ぶだけ遊んで去っていたのかしら?山南がきっかけを作ってくれたからこそ、近藤に付いて行くと左之助も言えただろう。

ドラマの中では永倉新八@山口智充との出会いのシーンは描かれていません。
永倉は近藤や土方が多摩に行った時に再会し、試衛館に来ることになって。総司と留守番していた山南は総司と共に近藤らが連れてきた永倉と試衛館で出会ったと思われ。きっとどのようにして自分が近藤と出会い、試衛館に住みつくことになったのか、山南は話したんだろうな。それを永倉は覚えていて、後に語ったんだろうな(笑)。描かれていなくても、山南と永倉の2人の性格、その後の関係などから想像ができます。

千葉道場を辞める時に、自分の居場所を見つけたような気がしたと言った山南。
試衛館と試衛館の人たちと出会い、そこで山南の居場所は作られていったんですね。そして山南も彼らと共に過ごす中で、良い意味で変わっていたんだね。また自分の居場所を見つけた。そう、山南の居場所は確かにあったのです。
山南にとって、近藤や土方初め、試衛館派のメンバーとの出会いはとてもとても大きいものでした。
[PR]
by eri-seiran | 2008-04-20 11:31 |  ドラマ/映画/舞台

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る