まつりに歳三忌に旧暦での命日

昨日の第2土曜日、午後から出張で、堺雅人さんが土曜スタジオパークにご登場の頃、1時間くらい車を走らせました。雨が降り、寒く、車の中は暖房を入れました。数日前までは暑くて冷房を入れたこともあったのに。
辿り着いたのは山南敬助が浪士組として京に向かって歩いた道。
そして運転しながら、2年前の第2土曜日も雨で、寒かったことを思い出していました。
平成18年(2006)5月13日第2土曜日、私は雨が降って寒い多摩の日野に居ました。副長のライヴのチケットをゲットするために、そして第9回ひの新選組まつりに参加するために。
その日の夜は友だちの家に泊めて頂きましたが、暖房を入れてくれて、お風呂に入って体を温めて、ホットして、御馳走を頂いて。
翌日は再び日野を歩きました。
翌日の天気はどうだったかしら?と、ただ今、考えておりました。前日は雨で寒かった。しかしランチには買ったお弁当を小さな公園で食べたから、天気は悪くなかったはず。
そうでした。副長こと山本耕史君が日野にやって来ると言うことで、雨は上がったのでした。

上方では、雨も上がり、澄んでとてもきれいな青空だった5月11日の今日は、

土方歳三の旧暦での命日

です。享年35。
山南敬助の死後から約4年3ヶ月。

そして第11回ひの新選組まつりと歳三忌も行われたようです。
これらと旧暦での命日が重なることもあるんですね。
[PR]
by eri-seiran | 2008-05-11 22:18 |  同志たち

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧