決意した瞬間と表情

大河ドラマ『新選組!』の山南敬助@堺雅人の脱走・切腹の辺りは、TBSチャンネル『新選組始末記』の山南敬助の切腹にて最期を迎えるまで、また自分がそれについての記事が書けるまでは観ることを避けようと決めました。
しかし『土曜スタジオパーク』に堺雅人さんがゲスト出演した時に『新選組!』の映像は登場すると思ったものの、避けて通らなければならないということをすっかり忘れておりました。まあ~あの位だったらOKです。
それで山南敬助@高橋長英の切腹についていまだに書けないでいるのですが、これを書くには時間を要しそうなので、自分がたっぷり書ける時間がある時にと思っているのですが、そんな時がなかなかやってこない。

さて前回の大河ドラマ『篤姫』の第20回『婚礼の夜』にて、何事も上様と共にと鴨を追いかけていた篤姫@宮崎あおいが橋から落ちそうになった時、徳川家定@堺雅人が助けに行こうか、どうしようかと一瞬悩むシーンがありました。助けに行くということは自分の素を出すこと。しかし仕方がないと決意した瞬間の表情、そしてそれまでの無邪気な徳川家定の表情から、素の徳川家定の表情に変わりました。その決意した瞬間の表情とその表情の変化が好きです。
このシーンを観ながら、『新選組!』の第33回『友の死』にて、脱走した山南が明里@鈴木砂羽と串団子の食べ方について話しながらゆっくりと休息して、幸せを感じながらもどこかで不安な表情をしている山南。そんな時に向こうから馬に乗ってやって来た沖田総司@藤原竜也に気付き、恐れていたことが現実となり、腕を組んだまま目をつぶり、一瞬考えた後、すべてを受け入れて決意し、笑みを浮かべ、そして目を開け、立ち上がり、山南に気付いていない総司に自分から、

沖田君、ここだ。

と声を掛けるシーンを思い出していました。
好きなシーンでもあり、いつ観ても涙のシーンです。
第33回を観た時にどこから涙だったと言うことを、観た人たちの間でよく話しをしていましたが、源さんのお弁当のシーンとか、明里との格子窓での別れのシーンとかありましたが、私は山南が沖田に声を掛けたシーンからずっと涙でした。周りからは、「早い!」と言われましたけれど。

と言うことで、山南敬助@高橋長英の最期の記事がまだ書けていないんですけれど、無性に観たくなって、第32回『山南脱走』から第33回『友の死』の「沖田君、ここだ。」と声を掛けるオープニングのシーンまでを観て涙でした。
第32回でも坂本龍馬@江口洋介と話しをした後、悩み、新選組を辞めて一度江戸に帰ろうと決意したのだろうと思われる瞬間。土方にそのことを話したところ、許されず、板の間にて一人で悩み、考え、脱走ということを決意しただろうと思われる瞬間。そして、会津公の所から戻ってきた近藤勇@香取慎吾を見て、自分の苦悩を伝えずに総長として友として近藤に話そうと決意したと思われる瞬間。
屯所を出たところ、剣の練習をしている総司に声を掛けようかと悩み、声を掛けようと決意した瞬間。
そして翌日、馬に乗ってやってきた沖田を見てすべてを受け入れようと決意した瞬間。
それぞれにおいて表情が変わる瞬間が好きだ。そしてこの瞬間の表情の変化がこの人は上手いな~と思う。

その堺雅人さん出演の映画『アフタースクール』の公開が今日です。
テレビでの番宣など予約録画したり、雑誌を買ったりしているますか、まだきちんと観ていなかったり、読んでいなかったり。物によっては映画を観るまでは避けた方がいい物もあったりするようで。
だから早く映画を観に行きたいのですが、映画館まで足を運べる時間がなく、1週間以上、お預けになりそうです(涙)。
[PR]
by eri-seiran | 2008-05-24 07:51 |  ドラマ/映画/舞台

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧