山南の剣術

山南敬助が学んだ剣術に、小野派一刀流と北辰一刀流と天然理心流が挙げられます。
天然理心流は多摩での新年の稽古などに近藤勇らと参加している記録が残っていることから間違いないだろう。
小野派一刀流は中山幾之進と言う方が剣術試合を申し込んだ相手に名前を書いてもらっており、そこに、

飯田町堀留大久保九郎兵衛門人
         一刀流 山南敬輔
 

                  『新選組銘々伝 第四巻』(新人物往来社)より抜粋
                
と書かれている。大久保九郎兵衛が教えた剣術は小野派一刀流と言うことから、これも間違いないだろう。山南敬助という同姓同名の人がいたということも考えにくいと思う。
そして北辰一刀流。これは明治になってから、永倉新八が、

・・・北辰一刀流千葉周作門人免許新撰組副長山南敬輔

                 『新選組銘々伝 第四巻』(新人物往来社)より抜粋
               
と書き遺した。と言うわけで、山南敬助が学んだ剣術として、これらの剣術が挙げられるわけですが、学んだ順序としては天然理心流が後と言うことは明白。しかし北辰一刀流と小野派一刀流のどちらを先に学んだかということを証明できるもの、或いは北辰一刀流を学んだことを証明できる当時の記録は私が把握しているところではない。

北辰一刀流を学んだか、そうでないか、小野派一刀流とどちらが先だったのか、そのことによって山南敬助という人物についての考察も随分と変わってくると思うんですけれどね。
[PR]
by eri-seiran | 2008-11-21 21:33 |  山南敬助

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧