大國魂神社にて奉納演武~時を越えて~

倒幕派である高杉晋作ゆかりの地に行って、楽しんで帰って来て、舞い上がっていたら、新選組ファンの友人から、18日の日曜日に山南敬助&新選組ゆかりの地である大國魂神社で天然理心流の演武が披露され、奉納されるという情報を教えて頂きました。ありがとうね。
東京の府中なので、関西に住む私は観に行くことができず、どのようなものだったのか紹介している記事を探しました。こちらとか、こちらとか。その後に新選組ファンである七織さんの所を訪ねたら、観に行って、記事にしているではありませんか。ありがとうね。
情報を教えてくれたり、観に行ってレポしてくれたり、萌えのポイントも同じなのよね。
持つべきものは新選組の友だわ。

安政7年(1860)9月30日
近藤勇襲名披露のために、大國魂神社において、近藤勇は木刀、土方歳三は刃をつぶした刃引の刀で型試合を奉納しました。

文久元年(1861)8月27日
大國魂神社において、近藤勇四代目襲名披露の野試合が行われ、主役の近藤勇はもちろん、土方歳三、沖田総司、井上源三郎、そして山南敬助が参加しております。


大河ドラマ『新選組!』でも文久2年の近藤と土方の型試合は第6回の『ヒュースケン逃げろ』、野試合は第7回の『祝四代目襲名』にて描かれています。
特に野試合のシーンは好きです。斎藤一以外の後の試衛館のメンバーが近藤のもとに集まってくるところを描いており、また山南と土方の関係とか、山南と総司が立ち合うシーンとか、萌えでした。

今回、天然理心流の奉納演武はその近藤勇四代目襲名の時以来であるそうで、150年近くの時を越えて実現されたことは、観に行けなかったものの、嬉しいです。
そして明治維新の時、賊軍と云われた新選組は目に見える形で残すことは難しかったけれど、新選組の精神は残し、現代にちゃんと引き継がれているんです。
[PR]
by eri-seiran | 2009-01-20 08:08 |  イベント

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧