山南と共に歩く傳通院から板橋

試衛館から傳通院、そして傳通院から板橋まで山南と共に歩くの後編です。
前編はこちらね。後編は傳通院から板橋までです。

私、中山道が傳通院より北にあるのか、南にあるのか、わからず、気にはなっていたのですが、調べることをせずにほったらかし状態でした。しかし自分の中では南にあるような気がしていて、山南敬助ら浪士組は傳通院から南に下って中山道に出たと思い込んでいました。
今回、試衛館から傳通院へ、そして傳通院から板橋へ山南と共に歩くという企画を実行するために調べました。そしたら傳通院より北ではないですか。それにだいぶ上ではないですか。

文久3年(1863)2月8日、山南敬助ら浪士組が傳通院からどの道を通って中山道に出たのかはわからず。中山道に出るまで距離も結構あるし、道もややこしそうだったので、幕末にあった道だとか、この道を歩いた感じかするとかはおいといて、出来るだけ近道で、中山道に出られたらいいやという感じで歩きました。

まずは傳通院から名もなき細道を通って三百年坂(三貊坂)に。
この坂の近くにある松平播磨守の屋敷では新しく召抱えた徒(かち)の者を役に立つかどうか、この坂を利用してためしたそうである。主君が登城する時、玄関で目見えさせ、衣服を改め、それからこの坂で供の列に加わる。坂を過ぎるまでに列に追いつけなかったら、罰金として三百文を出す。そのために三貊坂が三百年坂となったそうで。しかし何故に三貊坂と云われていたのかはわからず。

三百年坂から名もなき道を通って吹上坂に出て、吹上坂を下って千川通りの植物園前の交差点に出ました。



ただ今、地図を見ながら自分の歩いた道程を確認しているのですが、千川通りは江戸切絵図には載っていない。ということは幕末にはなかった可能性が高い。そして改めて地図を見ると、傳通院から春日通りに出たのではないか?という気がして参りました。
まあ~今となっては遅いです。
私は近代になってできたと思われる道を西北に向かって窪町東公園の交差点まで行き、そこを右折して小石川植物園を右手に網干坂を歩きました。
坂を登りきった後は住宅街を通って、不忍通りに出て、下って行くと白山通りの千石一の交差点、都営三田線の千石駅に出ました。



つまりここで中山道に出たわけです。この交差点を左に曲がり、板橋に向かって歩きます。このちょっと前から足も疲れてきたので、珈琲を飲みながら休憩をしたくなったのですが、美味しそうな珈琲が飲めそうなところがなかなかなくて。中山道を板橋に向かって歩き、もうすぐ巣鴨駅というところで、白山通りの向こう側に珈琲屋らしきお店を発見。道路を渡って行くと、珈琲専門店、おいしいコーヒーと書かれてありました。伯爵 巣鴨店です。昔ながらのコーヒー喫茶という雰囲気が漂っており、この時点でほぼ満足。そしてブレンドコーヒーを注文しましたが、美味しかったです。お手洗い行ったり、来た道や、これからの道をチェックしたりして30分ほど休憩。それから再び白山通りへ。山手線の巣鴨駅を越えて巣鴨地蔵通り商店街へ。
a0044916_1155357.jpg

その入り口にあるとげぬき地蔵尊高岩寺にてお参りしました。そして商店街には露店が行けども行けどもたくさんたくさんありました。なんの縁日なんだろうと思ったら、毎月の4日、14日、24日には行なわれるらしいです。
この商店街の始まりからJR板橋駅までが遠かった。地図で確かめた時に距離があることはわかっていたのですが、体力的にも疲れてきてきつかったです。
でも露店を色々と見れたこと、国道と違って昔の道がそのまま残っていることから色々と楽しめ、この道を通って京に向かった山南敬助に浸れたというわけです。これが国道とか、どこでも見れるような景色であれば、楽しめないしんどさだったであろう。
それからこのような商店街や住宅街を歩いて思ったことは、江戸の人たちが京に行く浪士組を見送ったんだろうなって。浪士組のメンバーはそれが嬉しかったりしたんだろうなって。

16時半過ぎ、やっとの思いでJR板橋駅前にある寿徳寺境外墓地に辿り着き。



ここには近藤勇と土方歳三の名前に正面に刻まれ、側面には新選組隊士の名前が刻まれた新選組慰霊碑、永倉新八の墓、近藤勇の墓があります。新選組慰霊碑は松本良順が企画の幹事となり、永倉新八が募金の収集や隊士の確認作業に携わったと云われ、明治9年(1876)に建立されました。様々な人たちの色々な思いがある地なのです。
a0044916_1171481.jpg

文久3年(1863)2月8日、山南敬助は近藤勇や永倉新八らと共にこの板橋を通って京に向かいました。そして慶応4年(1868)4月25日、近藤勇最期の地であります。
傳通院から浪士組として出発した時から新選組は始まっていたと思いがあるのですが、終わりは傳通院の手前の板橋であったというのが新選組らしいな~という思いがしました。

試衛館から傳通院までが約3キロ。傳通院から板橋の寿徳寺境外墓地までが約6キロ。計約9キロとなり。
今度は板橋の寿徳寺境外墓地から板橋宿本陣を通って歩けるところまで京に向かって中山道を歩きたいな~と思っています。
[PR]
by eri-seiran | 2009-04-02 10:56 |  ゆかりの地

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧