京に辿り着いた日

山南敬助たち試衛館のメンバーが浪士組として江戸を出立したのが、文久3年(1863)2月8日。これを現代の暦で考えると3月26日。
私が江戸にて山南と共に試衛館から傳通院、そして傳通院から板橋まで歩くを実行した2日後のこと。

山南敬助たち試衛館のメンバーが京に辿り着いたのが文久3年(1863)2月23日。これを現代の暦で考えると4月10日。つまり今日です。

私が江戸に行ったのはだいぶ前のことのように感じています。
江戸から帰って来て今日まで色々なことがあり過ぎました。
この間、彼らは歩いていたんだ。
歩いている途中で桜の花も見たかもしれない。
京も桜が咲き始めていたのかな。それともだいぶ咲いていたのかな。
こんな時季に彼らは江戸からやってきたんですね。
今日みたいに初夏のような気温だったとは考えにくいけれど。
[PR]
by eri-seiran | 2009-04-10 22:41 |  出来事

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧