中天游邸跡

この記事にて書いています。

暖かくなったら、この界隈を再び歩きたいな。やっぱり桜の季節でしょうか。

と言うことで実行して来ました。
ただ暖かいというよりは歩いていると、暑かったです。
それから鴻池や岩木升屋や京屋などは御堂筋より東側にあるのですが、今回は時間がなくて西側のみとなりました。

そして山南敬助&新選組とは関係ないですが、この記事に書いてある緒方洪庵の師匠であった中天游の住まい跡を確認してきました。
インターネットで調べて場所を確認して、この記事で書いていますが、この時に思っていたより御堂筋よりだいぶ西の方でした。緒方洪庵の適塾から思っていたより離れていました。
歩いてみないとわからないものですね。
初めは靭本町、その後に江戸堀に住んでいて、そしてこの石碑がある地に移ってきたそうです。これは江戸堀中公園のところにあります。
a0044916_6565638.jpg

今回、壬生浪士組であった頃、活動拠点であった、また家里次郎が切腹させられたと云われている町会所があった常安橋を確認し、その後にこの地を探し求め、訪れました。常安橋より南へ、そして西ですが、近いです。


[PR]
by eri-seiran | 2009-04-12 06:51 | 歴史

山南敬助をメインにしたブログです。ホームページ『山南敬助 赤心記』共々よろしくお願い申し上げます。


by eri-seiran
プロフィールを見る
画像一覧